リサイクルショップで仕入れて転売する以外の方法

副業で転売を始めた方はリサイクルショップなどで仕入れて、そしてメルカリなどで売っている人も多いかと思います。ここではもっとプロらしい仕入れ方法などをお教えします。

転売するなら許可が必要

古物商




まず転売の仕事をするということであれば古物商の許可が必要であり、許可を持っているということでお話を進めていきます。リサイクルショップで買って売ってる場合は、1度自分のものにしてそれを不用品として売ってるから許可は必要ない。そう思っている方も多いでしょうが、販売の金額が増えることになった場合には申告しなければいけなくなります。それであればきちんと古物商の許可を持って商売すればいろいろな面で楽になりますし、仕入れの幅も増えることで収益にも変化が出てきます。

リサイクルショップの仕入れ先

リサイクルショップで仕入れをしていて、「リサイクルショップはどこから仕入れているのだろう?」と思ったことはありませんか?お客さんが全部の品物を持ち込んでいる、もしくは出張で買取に行っている。そう思っていませんか?

いいえ、それは全部は当たってはいません。持ち込みや出張もありますが、大半は”古物市場で仕入れ”をしています。ジャンルによって市場のテイストも異なり、お店にあった市場を選択して買い集めています。

古物市場

倉庫

古物市場とは中古品が集まる市場のことです。市場から不要として出てきたものがこの市場に集められ売買されていきます。古物市場といってもジャンルは多く分かれていますから、自分が仕入れる時にはどの市場が向いているのかを見極める必要があります。

リサイクルショップで並ぶような家電や家具が多く集まる市場と古道具や骨董品などが集まる市場はそれぞれ違います。なぜならそこへ出入りしている業者自体が違うからです。ゲームやおもちゃのようなテイストのものであればリサイクル系の市場が向いていますし、アンティークなものを売りたいと思えば、古道具が集まる市場を探さなければいけません。

お店も持たない状態でネットショップ型のお店を運営したいと思うなら、まずは小物類が多く集まる市場を探すことが大切です。

古物市場での仕入れと買い方

古物商の許可さえあればこの古物市場で購入することはできます。ただし市場によっては入会金の支払うところがありますが、更新料は取られないところが多いです。金額は1万円~2万円位。

古物市場での競りの開催は毎日ではありません。たとえば5日、10日、15日、20日、25日、30日であったり、毎週○曜日というように間隔が空いています。

開催される前にどんな品物が入荷しているかをチェックして、出品したらいくらくらいで落札されているかを調べておけば、この市場で自分がいくらまでなら出せるかが見えてきます。

ただし同じようにネット販売を目的にしている業者は多くいますから、そういった中で競り落とさなければいけない難しさはありますが、これは実体験の中で成長するほかありません。記事を読んだだけで出来るものではないということです。

市場とリサイクルショップでの仕入れの違い

リサイクルショップで仕入れて売るにしても利益の出そうなものがごろごろ転がっているわけではありません。ショップもメルカリなどの相場を頭に入れて値付けをしてますから、そんな安く買えるというのはたまたまの話が多いでしょう。そんな数点のためにいろいろなショップを巡っていては日が暮れてしまいます。効率の良い買い方をしたければまとめて購入するということです。市場であればまとまった量の品物を一度に購入出来ますから効率的に安く買えます。

利益が増える理由

リサイクルショップで仕入れて転売することと違って、古物市場で仕入れることの一番のメリットはもっと安く買えるということです。お店では一つずつに値札が貼られ販売していますが、古物市場での競りは一つずつではありません。

特に小物類は”一山”で競られます。一山で買って、それをばら売りする。ショップで買って転売している人はこのばら売りを買っているわけです。小売りを買うよりは一山で買った方が収益が増えるのは当然のことでしょう

今がお小遣い稼ぎのようにしていても、古物市場を利用して仕入れをして販売が出来るようなところまで成長すれば数十万円以上の利益は出せます。

本業として商売を始めるのなら

最初は副業から始めたものの、その楽しさにのめり込んで本業として転売ビジネスを進める人も多いでしょう。いきなりお店を持たなくても今はネットショップで始めれるという手軽さもありますから好都合ですね。

そうであっても最低限のものは必要です。それは車ですね。ワンボックスの車があると仕入れに使えます。そして軽自動車なら経費も安くておすすめです。

仕入れたものの保管はテナントを借りるとなれば保証金で初期費用もたくさんかかりますし、賃料も安くないです。それであればレンタルボックスに入れて保管するというのも方法の一つです。

その商売が軌道に乗ってきたらテナントや倉庫を借りるというのが良いでしょう。

まとめ

今回はリサイクルショップで仕入れて転売をする方法ではなく、もっと収益の出せるように古物市場を利用して儲けが出せる方法というのをご紹介しました。実際にリサイクルショップなどが仕入れしている方法ですので、やり方を習得出来れば確実に利益も出ます。そしてお小遣い程度ではなくなるので、本業として進むことも可能になります。

もし興味があるようなら実践してみてください。

この記事を読んで良かったと思ったらシェアお願いします。




2018年7月16日 | カテゴリー : ビジネス | 投稿者 : comodo