不用品を売却するのは業者とフリマアプリとどちらが良いの?

不用品を売却しようとした時に、どこに売ろうと思いますか?業者に売るのも良いですが、最近では「フリマアプリ」もあるので、ご自身で売却されている方も随分増えてきました。しかしフリマアプリで売れば絶対高く売れるのでしょうか?その辺りについて今回はご紹介していきます。

フリマアプリで売れば高くなる物もある

フリマアプリ

自分で写真を撮ったりして手間暇をかけて出品するわけですから、業者に売るよりも高くなる物は当然あります。しかし商品のクリーニングや丁寧な梱包や発送など、業者が行うようなことをきちんとしなければいけません。最低限のことさえすれば業者に頼らなくても良いわけです。

商品説明をきちんとする

自分で売る場合には商品の説明を的確にしなければいけません。例えばDVDデッキを売ろうとした場合に、「年式」「型番」「容量」「付属品の有無」など、購入する人が知りたいと思う情報は説明したほうが良いです。もし何も分からなければ商品を購入したいと思う人は少ないでしょう。同じような出品があればそちらを選択されることになり、せっかく売りに出しても買い手が付かないということになります。

状態や動作確認も行う

商品の外観に関することは虚偽なく説明するべきです。少しでも高値で売ろうと嘘をついたりごまかしたりすると、後のクレームに繋がる可能性があるからです。傷がある場合はきちんと紹介すべきですし、動作するものの場合は確認を行ったかどうかを紹介するほうが親切です。動作確認していないものであっても販売は出来ます。ただし「動作未確認」というのは販売価格が若干安くなる傾向です。

フリマアプリで売りやすい物

時計

世の中にあるもの全てがフリマアプリで売りやすいわけではありません。上にも書いた通り商品として説明しやすい物が売りやすい物でもあるわけです。そして人が「欲しい」と思うものでなければ売れませんから、100均で買ったようなものを売ったところで買い手は集まりません。

希少性・プレミア感のある物、商品説明しやすい物をフリマアプリで売ると良いでしょう。

専門業者に売った方が良い不用品

古道具

自分でフリマアプリで売るよりも専門業者に売った方が良いものというのも当然あります。それは商品の説明が出来ないようなものであったりします。例えば親の家の整理をしていて随分古い物が出てきた場合、それらについて商品説明が出来ますか?ご自身の物でなければよく分からないものも当然です。判断に困るようなものについては自分で売ったとしても売れ残りが続いて徒労に終わることも多いでしょう。

専門業者は違う販路を持っている

古物の買取の業者というのは、ネットでの販売も実際に行っていますが、それだけでもありません。買い集めた物は「古物市場」と呼ばれる場所で競りで売却されていきます。この古物市場には一般の人は入ることが出来ません。許可を持った業者のみが買ったり売ったりが出来るのです。中には海外のバイヤーも混ざっていたりしますから、ネット販売では売れにくいものも古物市場では売買されていることも多いわけです。

骨董品や美術品・書道具・茶道具などで作者不明、もしくは書いてあるのが読めないなど、フリマアプリで売るには向いていない物は古物市場が適していると言えるでしょう。しかし一般の人は入れないため、こういった物は専門業者に売った方が良い類のアイテムだと言えるでしょう。

一般の人とプロの視点は違うところにある

ガラクタ

家財処分をする際に呼ばれることも多いのですが、お客様が「これは売れないかしら?」とおっしゃるものと業者から見た売れる物というのに差があるんです。時計やブランド品など誰にでも分かるような売れる物以外に、置物や飾りものなどでよくあります。売れるか売れないかは見た目の綺麗さではありません。最終的には誰が作ったもので、どのくらいの希少性があるか無いかが中古品として売れるわけです。どれだけ状態の良い物であっても価値のないものには買い手は付かないということなんです。

プロの業者は見た目だけでなく、どれだけ汚れていても価値を見抜く仕事です。ですので、提示されるものだけを買取するのではなく、どんな物を買取出来るのかを探すのも仕事の一部なわけです。

実際にお客様が提示された物には大した価格が付かず、こちらで探し出したものに価値があり、お客様にも満足されたケースは多くありました。それくらい視点に差があるわけなんです。

まとめ

手間暇をかければフリマアプリの方が高くなる物も多くあります。ご自身で購入された本物のブランド品や時計、ゲーム機やソフト・パソコン・オーディオといった商品説明が分かりやすい物はご自身で販売された方が高くなると思います。

その逆に家具のようなものや、骨董品や美術品などの専門的な知識を必要とするものは業者に売却するのが良いでしょう。家財処分や遺品整理といった大量にある場合も、ご自身で探し出すよりも探し出してもらうことの方が手軽に多く売却出来る可能性が高いです。