リサイクルショップの開業と仕入れ方法

リサイクルショップを始めたい!と思っても商品が無くては始まりません。街のリサイクルショップはどのようにして仕入れしているのだろう?と考えますよね。仕入れの方法にはいくつかあり、ショップは複合的に商品を買い集めています。

開業したいあなたのためにその方法を全部ご紹介いたします。

リサイクルショップ

リサイクルショップの開業

まず仕入れの前にはお店を開業しなくてはいけません。リサイクルショップを始める時には買取をしなくてはいけませんから”古物商許可”が必要になります。これが無ければリサイクルショップは始めれませんのでまずこの許可を取りましょう。古物商許可の取り方

そしてお店を始めるにあたって、どのようなテイストのお店にしたいのかを決めなければいけません。この決定によっても商品の仕入れ方法も大きく変わってきます。最近のショップの形態としてはいくつかあります。

  • 店舗型
  • 倉庫型
  • ネット販売向け

店舗型の場合はお客さんとの対面販売を目的にしたリサイクルショップです。生活必需品を始め小さなものなども取り扱っているところが多いです。

倉庫型の場合には大きな物を取り扱っていたりして、例えば厨房機器のようなものですが、対面販売というよりもネット販売向けの場合のところもあります。

ネット販売向けのリサイクルショップというのが今一番増えているかと思います。スモールビジネスとして、小資本のローコストで始めれます。小さな商品を扱うことが多いので、大型のテナントの賃料のような高額な固定費がかからないのが一番のメリットです。

しかし家具や家電を扱いたいというのであれば、出店に向けた準備金がそれなりに必要になるでしょう。

開業への計画や準備が整ったら次が仕入れの構想です。

中古品の種類

世の中にある中古品というのは種類がとても豊富です。どんなものを仕入れしたいのかのターゲットを絞らなければいけません。例えばですが、骨董品・古道具なのか、家電や家具なのか、パソコンなどデジタル家電系なのか、それとも複合リサイクルをしたいのか。それによっても仕入れ先が違っていきます。

仕入れが出来るところ

仕入れの方法というのにはいくつかあります。

  • 集客会社の利用
  • 古物市場での仕入れ
  • 一般のエンドユーザーからの直接買取

集客会社を利用しての仕入れというのは、IT会社運営のサイトがあり、そこに買取の見積もり依頼が集まります。その会社に集まった情報を分けてもらうことで仕入れするやり方です。しかしそれには当然コストがかかり、一件当たりの情報料は200円~500円程度。1日に何件の情報を得るかの設定が出来ます。

例えば情報料が200円として1日あたり5件であれば、1000円がかかります。月間では3万円のコストになります。件数を増やせば情報の数も多くなりますがコストもかかります。

しかしこれは一括査定ですので、その情報は同じように他の会社にも送られます。ですので、情報はもらっても他社の買取が高くて、そちらに依頼されれば買取は不成立となります。

一括サイト仕組み

主な集客サイトからの仕入れ

  • おいくら
  • ヒカカク
  • ジモティー

集客サイト

おいくらは(株)プロトが運営する会社です。バイクのグーを運営しているというとピンとくるでしょう。ここは入会するためには保証金などを支払うことになるので、無料からのスタートではありません。

ヒカカクは(株)ジラフという会社が運営しています。まだ若い会社ですが急成長しています。入会金などの初期費用はかかりませんが、設定をすると情報を受け取らなくては行けなくなるので、最低限の固定費がかかります。

ジモティーは無料掲示板として始まったサイトなので、無料で譲りますとユーザーが掲示しています。それをこまめにチェックすれば仕入れとしては可能です。そして”おいくら”や”ヒカカク”のように費用はかかりません。

古物市場を利用しての仕入れ

古物市場というのは中古品が集まる市場です。そこでは家電や家具などが出品されていて、開催日に業者が集まり競りが行われます。ここに聞き馴染みのあるようなリサイクルショップも多く仕入れに集まるわけです。市場にもテイストがあり、生活家電や家具などの物や骨董品・美術品などが集まる市場など、それぞれで違いがあるので、自分が売りたい品物が集まる市場を見つけることが大切です。

関東で有名な日用品の家電家具が集まる古物市場

  • ジャパンオークション
  • 足立リサイクルオークション
  • 横濱タイガーデン
  • 湘南オークション
  • SGオークション
  • クルーオークション
  • 大塚百貨市場
  • 関東道具市場
  • エコサイト裾野

こういった市場があります。所在地などはそれぞれ検索してみて下さい。

入会には費用がかかるところが多いです。1万円~2万円程度です。購入するための手数料(歩銭)はそれぞれの市場でも異なります。

エンドユーザーからの買取仕入れ

これは一般のユーザーからの買取なので、店舗を持っているところでは持ち込みによる買取が出来ます。しかし店舗が無いところは出張で買取にいかなくてはいけません。ではどうやって集客するのかですが、これは集客サイトが行っているようなことを、自社でホームページを作成やブログ運営することで集客を行います。長い目で見ると自社でドメインを取得するなどでウェブサイトを管理するのが良いのですが、新規の場合は順位もそこまですぐには上がらないので露出が少ないため思った様には集客が出来ないかと思います。ブログの方が表示されやすいメリットはありますが、管理はブログ会社のものですので、気に入ったカスタマイズが出来ない場合が多いです。

自社でウェブサイトを運営出来て、エンドユーザーから直接買取出来るようになれば、集客サイトに支払う手数料もありませんし、古物市場で買う値段よりもさらに安く買取することが出来ます。そしてエンドユーザーから買った物を古物市場で売って利益を出すというやり方も出来ます。

一番メリットが大きいですが、そのようなサイトを作るまでの労力も大変です。

リサイクルショップ開業仕入れのまとめ

リサイクルショップを始めるには商品集めが大切で、どこで何を仕入れるかの情報が無ければ何もできません。集客会社・古物市場・エンドユーザーからなどの仕入れ方法は実際にプロの業者も利用している仕入れ方法です。最初はどれも難しく感じますが慣れによって感覚は磨かれていきます。これらの方法は開業のためにお役立てください。