古酒のウィスキーやバーボンは飲めるの?売れるの? | 買取マルシェ

古酒のウィスキーやバーボンは飲めるの?売れるの?

バーボン

最近では古酒ブームで”お酒買い取り”という看板なんかも見かけたりすることもあるかと思います。古いお酒でも飲めるのかどうかがま気になるところですが、古酒についてご紹介していきます。

古いお酒を飲む

古いお酒と聞くと「きっと飲めない」と思う人もいると思います。ですが、結論から言えば飲めます。これは私自身も古いお酒飲んでいるからです。特に食当たりを起こすようなこともありません。しかし何でもどんな種類でも飲めるのか?というとそうではありません。

古くても飲めるお酒と飲めないお酒があることを覚えておいてください。

お酒の腐敗

お酒はアルコール度数が10パーセント以上あれば腐敗菌が発生しないといわれます。どんなお酒でも10パーセント以上あるかといえばそうでもありません。ブランデー・ウィスキー・焼酎といったものはアルコール度数が高め。そのため腐敗しないため古いものでも飲むことはできます。しかし飲めることと味の劣化はまた別のことです。

品質の劣化

いくら腐敗しないといってもお酒はデリケートなものであって、保存状態が悪いと味は落ちてしまいます。保存状態というのは温度変化のある部屋で保管していたり、日の当たる場所においていたりということです。暗室のような温度差の少ないところで管理しなければ味は落ちる結果となり、単なる長期保管は”熟成”という錯覚となりがちです。

長期保管して飲まないほうが良いもの

ブランデー・ウィスキー・焼酎というものは腐敗の点では問題ありません。ワイン・日本酒・ビールといったものは熟成させて飲むものではありませんから、長期保存する意味もありません。そして冷暗所でしっかり管理しなければ長期保存すらできません。下手な管理をするより早く飲んでしまったほうが良いものです。

ポイント

古いお酒の境界線で、飲めるのはブランデー・ウィスキー・焼酎。飲まないほうがいいのはビール・日本酒・ワインといったところです。※ワインや日本酒でも長期保存できるようなものもありますが、高価な種類だったりと稀な存在だったりします。

お酒の買取

古いお酒を含めて買取店ではどんなお酒でも買い取りしてもらえるとお思いでしょうか?

実際のところはすべてのお酒ではないのです。長期の年月が過ぎても飲めるお酒とそうでないものがあるので、種類、保存状況によっては買い取りしてもらえないものもあります。

よく買い取りをしているお酒の種類

一般的に買い取りをしている種類のお酒として

●ブランデー

●ウィスキー

●ワイン ※保管の状況や状態によっては買い取りできない場合もある

●シャンパン ※1年以内が目安 

●日本酒 ※1年以内が目安

●焼酎 ※1年以内が目安

といったものが挙げられます。この中で、どこのお店でも特に買取に力を入れているのが、「ブランデー」「ウィスキー」「ブランド焼酎」です。なぜかといえば、それは売れ筋商品だからです。これらが古酒のトレンドと言えるでしょう。在庫としていつでも持っておきたいものは仕入れに力を入れるのは当然です。ただし買い取りができないものというのもあります。

高く評価されるお酒

高い評価になるお酒としては、洋酒で市場に出回っている数が少ないものは特に評価が高いです。

代表的なところでは”レミーマルタン”や”ヘネシー”や”カミュ”といったものがあります。状態や保存状態や「バカラ」のボトルに入っているようなものであればプレミアム的に価値が上がります。

古酒のウイスキー

ウィスキーと言えば海外産が以前は当たり前でしたが、最近は日本産のウィスキーも注目されています。サントリーやニッカの竹鶴・余市などは終売になってしまうほどの人気になってしまいました。原酒が無くなるって驚きです。最近は転売目的で購入しているケースもあり、限定のサントリー山崎が数千万円で海外のお酒のオークションで落札されたという話もあるくらいです。

このようにウィスキーは開封されていなければ高く評価されるものがあり、十分売買可能なわけです。古いから売れないという訳ではありません。

ウィスキーは開封さえしていなければ劣化しないと言われます。しかし保管状態によっては液漏れが起きる場合があるので、注意は必要です。

売却に向いてないお酒

抜栓やコルクの腐敗や破損しているようなものは買い取りできないです。飲みかけのものは衛生的にも当然無理です。コルクの腐敗というのは、温度管理が悪かったり、管理が悪いことで腐敗が起きている可能性があります。そうなれば中身にも影響を及ぼしている可能性があります。破損があればその時点で再販は難しいですから、買い取りは無理でしょう。

買取しない種類

製造から新しいもので未開封でしたら買取してもらえるものでも期間がある程度過ぎることで買い取りしてもらえなくなるものがあります。それは日本酒や焼酎といったものです。鮮度も大切なので、1年以内のもので不要であれば早めに売却されることをお勧めします。賞味期限ぎりぎりで出しても買い取りしてもらえない場合もあるからです。もし買取できないのであればご自身やお知り合いに譲るのも良いでしょう。

どんなところで買い取りしてもらえるのか?

お酒の買い取りは専門の買取店か、出張のお店です。家財品なんかを扱っているリサイクルショップでは取り扱っていない場合が多いです。”総合リサイクル”を謳っているようなところでしたら取扱いしてもらえることもあります。総合リサイクルショップでも最新の相場を照らし合わせて買取をするため、絶対に専門店でなければいけないわけでもありません。そして、お酒以外の物も一緒に買取ということであれば複合的に出した方が交渉の材料に都合が良い場合もあります。

まとめ

洋酒は今人気のアイテムで売ることも出来ますが、人が口にするものであり、もし売却をお考えなら早めの査定をお勧めします。専門店もしくは出張引き取りのお店など。おおよその買取の金額を聞いて選ぶことができれば一番良いかもしれません。

今すぐ電話相談する