空き家の中の不用品を片付けもそろそろ始めましょう

空き家を所有しているが、いまだにその利用方法が見つからず、放置されている所有者の方も多くいることでしょうね。

しかしうかうかしていると大きな損失を被ることになるかもしれません。

それというのも空き家に対する法律も変わりつつあります。早めの対処が必要となるので、その情報のアンテナは伸ばしておく必要があります。

平屋の家

空き家特別対策措置法

難しい言葉が多いと理解しにくいので非常に簡単にご説明しますと、なぜ空き家のままで放置しているのかということです。

それは建物があるのとないのでは税金が違うからです。一応形だけでも建物があれば固定資産税は安い。しかし、更地の場合は税金は高くなる。だから空き家のままで放置しているわけです。

しかしこの状況に行政が待ったをかけたわけです。税金逃れのようなやり方で空き家を放置してはいられない。だから新たに法律を作って空き家を減らそうと取り組み始めたわけです。

この空き家特別対策措置法に認定されてしまった家は今までのような安い税金では済みません。更地と同じような高い税金を払わなければいけなくなります。

この認定をされる前に動き出す必要がありますね

空き家を放置していることがダメな理由

綺麗な空き家であればまだ良いのですが、いいことばかりではありません。その所有者が困るわけではなく、その近隣の人たちが迷惑するわけです。例えばこういったことです。

  • 空き家とバレて不法侵入。犯罪者の隠れ家になる恐れ
  • ゴミ溜めのようになり近隣への悪臭を放つ原因となる
  • いくら周りの家が綺麗にしていても、この一軒のために景観が損なわれる。
  • 景観の悪い家があることで資産価値も低下していく。
  • 倒壊の恐れがある場合は通行人にも危険が及ぶ
  • 風や嵐の時には空き家から飛ばされるものによる被害の恐れ

おおよそはこういったことがありますが、細かいことを言ったらきりが無くなります。

空き家の処分へ進む一歩

空き家を処分するのに売却なのかリフォームなのか用途は様々です。しかしその時にしなければいけないのが、中に残されたままの不用品の撤去処分です。

ずっと放置したままの空き家の場合は中古での売却の確率はかなり低くなります。人が住まない家というのは傷みも激しいです。リフォームするよりも解体にして立て直した方が安く済む場合もあります。そうなると不用品を撤去することは必然です。解体の時には邪魔になってしまうからです。

※35年以上前の建物なら、リフォームではなく解体が良いかもしれません。以前の古い住宅は「かもい」が低く、身長180センチくらいの人ですと頭を打つところが結構あります。昔の日本人の平均に合わせて建てられていたからです。今の時代には合わないので、こういった物件であれば更地にして売るのが良いでしょう。

解体業者による不用品処分

解体現場

解体と同時に解体業者に不用品の依頼を処分される人もいますが、あれはちょっともったいないですね。

いくら放置されていたとしても中には売れるものもあります。それをごみ処分で廃棄するわけでよね。

もともと解体業者というのは家の中の残置物の片付けって好きではないんですよ。

建物を解体して、木と金属とコンクリガラとがれきで仕分けて中間処理施設に運んでた方がやり易いわけです。それが衣類だの本だの家電など複雑な仕分けの物は好まないです。

ではどうなるかというと、仕分け無しで全部混廃で中間処理場行きです。そうなると費用は高くなるのは至極当然です。

この費用は依頼人の方に回っていきます。

家の解体の単価が坪単価で2.5万~3.5万位に対して、ゴミ処理の方が逆に割高になることもざらでしょうね。

安く済ませる裏技

解体さんに任せていいのはタンスなどの家具類です。家の柱などと一緒に持っていくので木は嫌がられません。(交渉してみてください)

タンスなどの家具以外を処理して、木材だけを残すやり方で得をします。

家財道具付きで家を売ってしまうことのロス

家財道具も残したまま空き家を売ってしまうという方法もあります。解体も無しで売るわけです。しかし買い取った不動産業者も結局は不用品を処分して解体するわけです。

何故このようなことをするのかというと、売主は解体費用や不用品の処分にかかる費用の持ち出しが無くて済むからです。自分で処理して解体してからとなれば100万以上の費用が先にいるわけです。工面できる人は良いですが、その費用を捻出できなければ不用品付きで売ってしまうということです。

ですが、当然安く買いたたかれる可能性はありますから、ここは出来れば全てを整理して売りに出したほうがお得です。

ご自身で片付けが出来ればそれが一番良いですし、もしそれが難しければ業者依頼も考慮すべきです。安価に引き取りをしてくれる業者を見つけて家の中を全て片付けて売った方が、家財道具付きで売るよりも結果としては高く売れると思います。

空き家の中の不用品を自分で片づける

キッチン

空き家の中に残った不用品を自分で片付けようと思ったら出来ないことはないですよ。それなりの覚悟があればですが、出来たとしたらかなりのお得になります。

衣類や本などは古紙業者に持ち込みすれば良いことですし。売れそうなものがあるなら出張買取業者を呼んで買取をしてもらい荷物を減らす。

それでも残った家電リサイクル品などは、リサイクル料金を郵便局で納入して指定場所に持って行けばいいわけです。

乗用車では積めませんから、トラックをレンタルしたほうが良いですね。

家具なども粗大ゴミの持ち込みが出来る区がありますからそこへ自分で持ち込みすれば収集を待つ必要はありません。しかし事前の申し込みは必要です。

自分でやれないことはないですが、家一軒分ですから相当の労力は必要だと思ってください。

プロの業者に依頼をする

キッチン

自分で空き家の不用品処分をしようと思うと数日では済まないと思います。ご自身で片付けされている方は数か月~1年位かけてやられています。

もっと時短で進めたいということであればやはりプロの業者に依頼が一番早いです。一軒家でも数日で片付きますから。

ですが一軒分の片付けともなれば、家財道具の量は20立米以上がありトラック数台分の分量が詰まっています。そして費用で換算すると20万円位からは掛かります。

お家のサイズにもよりますが、50坪以上お家であれば40万位~70万位が目安になるでしょう。1日では終わる作業ではないですから、数日の

工期も必要でしょう。

 

まとめ

空き家特別対策措置法が出来たことや、近隣の方々にも良い影響は与えませんし、固定資産税の見直しなども始まり空き家の整理は急務になりつつあります。

まず家の中の不要品処分から始まるわけですが、自分でするのか回収業者に依頼するのかの選択には迷いますね。お金のかかる話ですから。

しかしこの一歩を踏み出して、空き家の解決に進むヒントが見つかるお役に立てたら幸いです。

 

2018年7月15日 | カテゴリー : 記事 | 投稿者 : comodo