高く売れる着物と売れない着物

数多くある着物の種類

着物と一言でいってもその種類は実に多いです。簡単なところで言えば振り袖、留袖、訪問着など。出かける場所によっても着る着物を選ばなければいけません。何を着ても良いというわけではありません。ルールやマナーが多く複雑でもあります。

着付けの難しさということや現代の若者のスタイルにそぐわなくなり、着物を着る人も随分減ってしまいました。その証拠にご自宅に和ダンスってありますか?和ダンスというのは着物を入れるためのタンスです。中古ショップでも見かける機会がめっきり少なくなりました。

そんなことで着物離れというのは進んではいますが、もちろん今でもニーズはあります。

古着の着物を探す

新品で着物を買おうとするとそれなりの値段はします。そして反物から購入して自分の身体のサイズに仕立ててもらおうとすると、総額費用は結構な高額になってきます。

もっと普段着のような感覚で着たいと思えば古着で探すのも良いです。基本的に柄は古典的な物が多いですが、それでも現代的なアレンジが加わるものも最近はありますから、中古の場合は昭和レトロの柄が見つかったりもします。絶対数が少ないので、気に入った柄の物が見つかった時にはすぐに買うべきです。古着はいわば出会いのようなものなので、逃してしまうと次に巡り合うのも難しくなります。サイズが合わないものでも、ある程度は直しが効くのが着物の良いところでもあります。

着物を売りに出したい

古着で着物を探している人もいれば、その逆に処分したいと思っている人もいます。ではどんな着物が人気があって売れるのでしょうか?着物はいつに買ったということよりも、どこの着物なのか?どんな種類なのかによって売れ行きが異なります。例えば大島紬や結城紬や正絹で作られた着物は評価が高いです。着物には証紙が付きますから、そういった物を保管しておくと古着として売りに出す時には評価されやすいです。後は柄ですね。図柄も評価の大きなチェック項目になります。不人気な柄の場合は評価も下がってしまいます。

保管状態

良い着物ほど管理は重要です。管理が悪いと着物へのダメージは大きいです。色が変わってしまったり、虫に喰われて穴が開いてしまったりと。和ダンスに入れて防虫剤を入れたり、時折タンスから出してあげることも必要です。こういった管理がされていないといくら高級品の着物でも台無しになってしまいます。そしてそれを売りに出した時に大きく差が出てしまうことにもなりかねません。

買取の目安

着物を古着として買取に出した場合にどのくらいの価格が付くのかが気になるところですね。結城紬などの新品の反物で数十万円はして、それを仕立てた総額は百万単位もざらです。買った金額に見合った買取になるのでは?と思われる方も多いと思いますが、需要と供給のバランスから考えるとそこまで高い金額での取引はされないのが現実です。オークションサイトを除いてみると分かりますが、古着の着物であれば数千円から購入できます。

後は振り袖は買取は難しいと思った方が良いです。やはり古着で振り袖を購入したいと思う人が少ないという理由が反映しているようです。買ってもらえたとしても、他の着物と併せての売却であったり、少額での買取になるケースが大半です。後は家の家紋が入ったような着物も売却は難しいです。

一般的な訪問着や留袖、色袖などで数千円~数万円が買取の目安となってきます。

着物以外のもの

着物以外に帯や帯留め髪留め、かんざしといった装身具がある場合、こういったものも売却は可能です。ものによっては着物よりも高くなる物もありますのでご注意です。物が小さいので、ゴミとして捨てられるケースも多いです。かんざしでは鼈甲で作られている物や蒔絵で仕上げられているものは高級品です。ただ古いというだけで処分してはいけません。

まとめ

着物を売却する時は証紙などで、どこの着物なのかを確認しましょう。振り袖や家紋が入った物はいくら高いお金を出して買った物でも、売却は難しいと考えてください。着物以外の小物アクセサリーもゴミ処分する前に着物売却と併せて査定することをお勧めします。