古美術品・中国美術品の買取

処分をご検討中の古美術品・中国美術品お売りください

 

日本国内や中国の美術品の買取いたします。美術品と一言でいってもそのジャンルはかなり広いかと思います。油絵や水墨画など絵画やリトグラフ。彫刻や銅像や仏像など

絵画・水墨画

日本人画家や西洋画家の物。中国の水墨画など

陶器

壺やお皿・香炉・花瓶・ぐい飲み・茶碗。作家・種類によって査定額が変わります

掛け軸

軸先が希少な物であったり、桐の共箱に入っているようなものが高値になりやすいです

青銅器

作家もの、窯印が入っているようなものが高値になりやすいです。

仏教美術・彫刻

仏像・仏画の仏教を題材にした美術品。

中国美術品

中国美術品は現在は海外への持ち出しが出来ないため、近年の中国美術品は取引は難しいのが現状です。
しかし日本国内にある今から20年くらい前までの物であれば買取は可能です。
そしてものによっては想像以上に高額になる場合もあります。
絵画・水墨画・書などが対象となります。

贋作も多い中国美術品

中国美術品の中には贋作といわれるものも多くあります。コピー品とは少し違いますが、同じような技術のある作者が本物と寸分違わぬような出来で作られたものです。そういった物は全く価値が無いかといえばそうでもありませんが、本物には到底及びません。
そういった贋作の物が多いのも中国美術品の特徴です。

三杉、白磁、青磁、青花、五彩といったものが中国の陶磁器であるのですが、お持ちの物がはっきりと分からない場合はご相談ください。

どういった物が高価買取になるのか?

買取の高額査定になるものとはどういった物ですか?とよくお客様から聞かれることがあります。
それはズバリ”稀少性”や”作者”といったところが大半です。
状態が良いということもそうですが、やはり誰が作ったものなのかが分かる物。それが人間国宝といった優れた作者であったり、量産品ではなく数の少ないものであれば評価は上がります。
それに加えて保存状態が良いものはさらに高い評価となります。
まずはその作者が誰で、いつの時代の物なのかを知ることで物の価値が見えてきます。

よく分からない世界でもある

ご自身の持ち物であれば、どこで購入して誰の作品なのかというのは知っていて当たり前です。
しかし買取のご相談をされる方の大半は譲りうけたものであったり、遺品として残されていたものであるケースが大半です。
そういった場合では、「何て書いてあるのか読めない」など作者が分からなかったり、「作者が有名な人かどうかも知らない」とか、どこで購入したものなのかが分からない。こういった理由でその物の価が見えてきません。

買取にお伺いするエリア

東京23区内・その他の市町村・神奈川県・千葉県・埼玉県を買取のエリアとしています。

その他の地域もお譲りいただけるお取引の量によってはお伺いいたしております。

鑑定士

査定に関しては美術品に関して熟知した鑑定士が行います。しっかりとした査定を行いますので、もしご興味がございましたら。画像査定をご利用ください。

画像査定の結果によって出張買取という流れで結構です。

お見積り

お見積りの方法は2種類

画像によるお見積り、もしくは出張査定となります。

はっきり作者などが分かっているものは画像をお送りいただければ、画像による査定をいたします。

メール査定

メール

家財処分などで大量な荷物に埋もれている場合など、どれが売れるのかも分からないという時は出張査定がおすすめです。

出張査定のご依頼

申し込みフォーム

訪問しての査定のお見積りから買取までの流れ

メール相談後に実際に現地で査定をご希望されるお客様の元に訪問いたします。
実際に目で見させていただくことで正確に査定金額を算出いたします。
そしてその金額にご納得いただいた後に買取りという流れになります。

フリーコール0120803820
 

買取事例

埼玉県川口市で書道具の買取

筆

川口市にお住いの方から書道具の買取のご相談をいただきました。お父様が使われていた物だったそうですが、この度整理をされるということでご相談をいただきました。

お電話で少し内容をお聞きしたところによるとかなりの数の筆があるということでしたので、楽しみにして伺いました。

中国製の書道具

硯

書道具は中国製の物が評価がやはり高いです。そして今回のお宅の筆は中国製の物が多くありました。筆掛けにかかって保管されていたようです。まだ未使用のものなど、全部で100本以上の筆がありました。その中で多かったのが「上海工芸」製の筆でした。状態も良く中古品としてもまだまだ使えそうなものが多かったのも評価が高いです。

筆以外には硯もいくつかありました。こちらも中国産の「端渓硯」。ずっしりと重い重厚な硯。そして彫りも施された見た目も美しいものでした。しっかりとした仕事をされているものは造りも丁寧です。こういった物は硯としての評価も上がること間違いないです。

書道具以外の買取品

模造刀

今回は「書道具」ということでご相談をいただいたのですが、伺ってみると書道具以外も整理されるということで、当店ではその他も物も買い取りを扱っていますから拝見させていただきました。

風炉釜や模造刀や飾り棚といったものや置物などがありましたが、風炉釜は作家によってはとても希少な物の場合は非常に高く評価されるものもありますが、今回の物は一般的なものでした。刀というのは真剣の場合は「美術品」として取り扱われていて、登録書が無ければ保持することは出来ません。しかし今回の物は模造刀ということで問題はありません。価値はというとやはり真剣に比べるとおもちゃ扱いになってしまうのは否めませんが、買取は可能です。飾り棚は唐木の物でして、骨董品扱いの古いものであれば価値は跳ね上がります。今回の物は恐らく20年~30年前のものと推測しまして、骨董と呼ぶには少し若い感じがしました。

御依頼の変更

 

 

唐木の飾り棚

当初は小さなものの買取とお聞きしていたので、小さな車で伺ってしまいました。飾り棚はちょっと車には入りきらないので、引き取りを2回に分けてお引取りさせていただくことになりました。次回はトラックで伺いますので、大きな物でも十分対応可能です。

川口市内での対応

埼玉県川口市での買取の対応についてはお取引の量によって訪問させていただきます。少額・少量のお取引の場合は宅配買取で対応させていただきます。

買取のご相談はお気軽にどうぞ。

メール相談

フリーコール0120803820

 

 

 

横浜市港北区で弓・矢の買取

横浜市の港北区のお客様から「弓・矢」の買取のご相談をいただきました。ご相談のものは「カーボン」「ジュラルミン」で出来たもので、「和弓」に比べますと安価に手に入るものです。入門用などで購入されることが多いものと言えるでしょう。学生さんだった頃に購入された物が不用ということで売却されることとなりました。

そしてカーボン・ジュラルミンンといっても銘柄などはあります。

弓の種類

弓には長さや弓を引く力によっての種類があります。今回の物は「並伸」の約221センチの長さで「弓力」が16.2Kgの物でした。弓の選び方は身長によっても異なりますし。弓力はご自身の体重の三分の一×70~80%と言われますので、個人差によっても変わります。購入する時は身体測定をしてから購入することが良いわけです。

中古での相場

カーボンの弓は竹で作る和弓よりは中古の相場も安い傾向です。見た目は芯材としてカーボンを使い、外側が竹であったりするので、一見すると竹の物に見えますが、実はハイブリッドになっているわけです。一方の矢もジュラルミンと尾羽は天然でなかったり希少な素材でなかったりすることも多いのであまり高値にはなりません。練習用にはちょうど良いといったところですね。

中古として買取出来るポイント

弓や矢を中古品として売却する場合に、査定するポイントと言うのがあります。

  • 銘柄
  • 長さ
  • 弓力
  • 使用頻度、劣化など、品物の状態

この3点は必ず確認いたします。銘柄不明となる場合は、査定額にも大きく影響します。長さや弓力というのは大きく影響は出ませんが、使用しにくいようなものはマイナス査定になることはあります。

あとは一番重要なのが、使用による品物の劣化の状態です。美品の物と傷や破損などが多くある物では査定金額が大きく変わってしまうのは当然です。

出張での買取

横浜市港北区内でしたら出張で弓・矢の買取に伺います。弓を宅配で送るにしても梱包も面倒な話です。出張ならそんな手間もかかりませんから安心です。弓と矢の買取の相談はお電話、もしくはメールからでも受け付けしております。

まずはお気軽にご相談ください。

メール相談

フリーコール0120803820

 

 

› 続きを読む