古道具・骨董品・古美術品買取

古道具・骨董品・古美術品お売りください。

古道具や美術品や骨董品を処分される機会がありましたら是非拝見させてください。

希少価値のあるものはさらに高価買取いたします。

骨董品ってどんなもの?

骨董品とは希少性のあるものの古道具や美術品や工芸品などの総称です。

価値がある無しに関わらず古い全て骨董品と呼ばれたりもしています。

フランス語だとアンティークとも呼ばれていますね。

幅広い買取の取扱

骨董品であれば全般で買取いたします。これがダメというものは無く幅広く取り扱っていますので、「売れるのかな?」と興味を持たれたらまずはご相談から始めてみてください。

買取品一覧

古美術品・中国美術

壺や絵画や掛け軸といった美術品の買取。日本国内だけでなく中国の美術品も取扱いたします。

 

国宝品・工芸品

いわゆる作家ものとなります。伝統的な国宝作家の物は高価買取いたします。

古道具・骨董品・雑貨

骨董品や時代家具や弓道に使う道具や雑貨など昭和のテイストのもの。鉄瓶、特に南部鉄瓶は評価高いです。

伝統こけし・お土産品

お土産で集めたような伝統こけし。昭和40年くらいの古いもの。作家物の場合は評価が高いです。

軍隊関連・勲章や軍装品

戦時中の勲章や日本軍で使われていた軍装品。制服や制帽なども取扱いたします。

書道具

硯や古墨・筆や書道具入れの買取。使いかけの墨でも構いません。中国のものだけでなく日本のもの取扱いたします。

着物

絹・大島紬といった着物を中心に買取り。訪問着や色留袖など取扱いたします。

西洋アンティーク

西洋ビンテージ家具・雑貨・陶磁器など。マイセンやリチャードジノリといったブランド物やイタリアの地域産物としてベネチアンガラスなど。

茶道具

茶碗・茶筅・風呂釜・建水・水差しなど全般

ソフビ・ブリキなど昭和のおもちゃ

昭和のウルトラマンや怪獣、”ブルマク”ソフビ。ロボットアニメの超合金やブリキのおもちゃなど、昭和テイストの物を探しています。

切手・はがき・色紙

切手は未使用・使用品問わず。日本切手や中国切手。はがきや色紙も有名人のものなど。

古本

昭和の漫画。絶版物や初版本は高価買取。昭和40年ころまでの映画パンフレット。

骨董品の出張買取でこんなお役に立てます

  • 家財処分
  • 遺品整理
  • 残置物の撤去

住宅を売買する時や遺品整理や残置物の撤去の時の家財道具というのは、家一軒分であれば数万円から数十万円の買取になる事例もあります。

小さなものから大きなものまで全てを拝見いたします。出張ということで、私たちが何が買えるのかをお探しいたします。

 

買取出来るかどうかは処分される前にまずはご相談ください。

意外なものが買取出来ます。

 古いもの価値がありそうなものといえば、大体が”絵画”や”掛け軸”や”壺”や”茶道具”といういわゆる骨董品的なもの想像されるでしょう。

しかしそういったものばかりとは限りません。鉄瓶や火鉢といった少しマイナーなアイテムでも骨董としての価値のあるものもあります。南部鉄器は新しいものでも人気はあります。


意外なところで言えば、絵葉書や色紙なんてものも買えたりします。それ以外にもお土産もので多いような”伝統こけし”といったものも買います。
皆さんが知られていないようなアイテムでもコレクションをしていて、そういった方々に人気のものもあったりするんです。

片付けで整理している時に出てきたらうっかり捨ててしまいませんか?片付けの途中で結構ですので、気になったら処分の前に一度ご相談ください。

古くて汚くてもいいんです

そもそも古道具や骨董というのはそれなりの年代が経っているわけで、綺麗なままであるわけがないんです。見た目の汚れだけで価値のあるものが処分されそうになったところを数々見てきています。綺麗なもの、新しいものだけが全てではありません。

片付いていない状態で構いません

家財処分をされていて、ある程度整理をしてから呼んでいただくお客様が中にはおられますが、片付いていない状態からで大丈夫なんです。私たちが古道具の捜索に行く現場で、より多くの買取品が見つかるのは、片付いていないような所からが大半です。

価値のあるものを私たちが見つけ出します

何が出るのか宝探し

そのもの価値が明確であるものの買取店というのは、世の中にはごまんとあります。しかし古道具や骨董はお客様では判断が難しいものも多く、私たちの仕事とはその価値のある物を発見することなんです。

遺品整理で出てきた骨董品

遺品の整理をしていると、生前にご両親のどなたかが趣味で集めていた骨董品や古いものが出てきたりします。

しかしその価値というのは簡単には分かりません。

陶器の下には名前(銘)や窯印といった物がある場合もありますが、一般の方では読めなかったり誰なのか分からないのが大半です。

分からないからといって処分というわけでもありません。

銘や窯汁があるようなものは、作者によってその価値は大きく変わってきます。

骨董で価値の出る物

骨董品として価値の出やすいものというのは、分かりやすいところで言うと作者であったり希少性であったりします。

人気の作家のものであり、希少性のあるものとなれば思わぬ高値になります。

しかしこれも一般的なマーケットでは値段が付きにくいものなので、街のリサイクルショップで買取してもらおうと査定を依頼をしても価格が付かなかった経験はないでしょうか?

高価買取には理由があります

弊社で買い集められたものは、各地にある種類の違う古物市場を利用して取引していきます。
プロの商人が集まるより良い市場に出すことにより高値で取引されます。
高値で売れるノウハウがあることが、お客様から高価買取出来る理由です。

古道具・骨董品の買取のサービスエリアは広範囲

お取引の量によっては遠方も可能

古道具や骨董品というのはそんな狭い地域の範囲であちらこちらから出る物ではございません。
関東一円の広範囲で買取に伺っております。
遠方のお客様であっても送料着払い(当社負担)にての宅配買取も行っています。(日本全国対応)

 

お見積り

お見積りの方法は2種類

画像によるお見積り、もしくは出張査定となります。

はっきり作者などが分かっているものは画像をお送りいただければ、画像による査定をいたします。

メール査定

メール

家財処分などで大量な荷物に埋もれている場合など、どれが売れるのかも分からないという時は出張査定がおすすめです。

出張査定のご依頼

申し込みフォーム

 

 

買取事例

埼玉県川口市で書道具の買取

筆

川口市にお住いの方から書道具の買取のご相談をいただきました。お父様が使われていた物だったそうですが、この度整理をされるということでご相談をいただきました。

お電話で少し内容をお聞きしたところによるとかなりの数の筆があるということでしたので、楽しみにして伺いました。

中国製の書道具

硯

書道具は中国製の物が評価がやはり高いです。そして今回のお宅の筆は中国製の物が多くありました。筆掛けにかかって保管されていたようです。まだ未使用のものなど、全部で100本以上の筆がありました。その中で多かったのが「上海工芸」製の筆でした。状態も良く中古品としてもまだまだ使えそうなものが多かったのも評価が高いです。

筆以外には硯もいくつかありました。こちらも中国産の「端渓硯」。ずっしりと重い重厚な硯。そして彫りも施された見た目も美しいものでした。しっかりとした仕事をされているものは造りも丁寧です。こういった物は硯としての評価も上がること間違いないです。

書道具以外の買取品

模造刀

今回は「書道具」ということでご相談をいただいたのですが、伺ってみると書道具以外も整理されるということで、当店ではその他も物も買い取りを扱っていますから拝見させていただきました。

風炉釜や模造刀や飾り棚といったものや置物などがありましたが、風炉釜は作家によってはとても希少な物の場合は非常に高く評価されるものもありますが、今回の物は一般的なものでした。刀というのは真剣の場合は「美術品」として取り扱われていて、登録書が無ければ保持することは出来ません。しかし今回の物は模造刀ということで問題はありません。価値はというとやはり真剣に比べるとおもちゃ扱いになってしまうのは否めませんが、買取は可能です。飾り棚は唐木の物でして、骨董品扱いの古いものであれば価値は跳ね上がります。今回の物は恐らく20年~30年前のものと推測しまして、骨董と呼ぶには少し若い感じがしました。

御依頼の変更

 

 

唐木の飾り棚

当初は小さなものの買取とお聞きしていたので、小さな車で伺ってしまいました。飾り棚はちょっと車には入りきらないので、引き取りを2回に分けてお引取りさせていただくことになりました。次回はトラックで伺いますので、大きな物でも十分対応可能です。

川口市内での対応

埼玉県川口市での買取の対応についてはお取引の量によって訪問させていただきます。少額・少量のお取引の場合は宅配買取で対応させていただきます。

買取のご相談はお気軽にどうぞ。

メール相談

フリーコール0120803820

 

 

 

横浜市港北区で弓・矢の買取

横浜市の港北区のお客様から「弓・矢」の買取のご相談をいただきました。ご相談のものは「カーボン」「ジュラルミン」で出来たもので、「和弓」に比べますと安価に手に入るものです。入門用などで購入されることが多いものと言えるでしょう。学生さんだった頃に購入された物が不用ということで売却されることとなりました。

そしてカーボン・ジュラルミンンといっても銘柄などはあります。

弓の種類

弓には長さや弓を引く力によっての種類があります。今回の物は「並伸」の約221センチの長さで「弓力」が16.2Kgの物でした。弓の選び方は身長によっても異なりますし。弓力はご自身の体重の三分の一×70~80%と言われますので、個人差によっても変わります。購入する時は身体測定をしてから購入することが良いわけです。

中古での相場

カーボンの弓は竹で作る和弓よりは中古の相場も安い傾向です。見た目は芯材としてカーボンを使い、外側が竹であったりするので、一見すると竹の物に見えますが、実はハイブリッドになっているわけです。一方の矢もジュラルミンと尾羽は天然でなかったり希少な素材でなかったりすることも多いのであまり高値にはなりません。練習用にはちょうど良いといったところですね。

中古として買取出来るポイント

弓や矢を中古品として売却する場合に、査定するポイントと言うのがあります。

  • 銘柄
  • 長さ
  • 弓力
  • 使用頻度、劣化など、品物の状態

この3点は必ず確認いたします。銘柄不明となる場合は、査定額にも大きく影響します。長さや弓力というのは大きく影響は出ませんが、使用しにくいようなものはマイナス査定になることはあります。

あとは一番重要なのが、使用による品物の劣化の状態です。美品の物と傷や破損などが多くある物では査定金額が大きく変わってしまうのは当然です。

出張での買取

横浜市港北区内でしたら出張で弓・矢の買取に伺います。弓を宅配で送るにしても梱包も面倒な話です。出張ならそんな手間もかかりませんから安心です。弓と矢の買取の相談はお電話、もしくはメールからでも受け付けしております。

まずはお気軽にご相談ください。

メール相談

フリーコール0120803820

 

 

› 続きを読む