ウェブ集客を使って不用品を効果的に買取をする3つの方法

マーケティング

不用品を買い集めるための方法の中の一つとして「ウェブ集客」というのがあります。ホームページやブログを作ることで、多くの人に見てもらい、そしてそこから集客に繋げていく手法です。

スポンサーリンク

ユーザーは自分が何か売りたい時には「〇〇買取」や「〇〇売却」という感じで検索をします。(例えば今ご覧になっているこのコンテンツの場合なら「買取 集客」といったキーワードかもしれません。) 検索にヒットするようなコンテンツを書くことで、検索の順位が上がりユーザーに見てもらうことが可能になるというわけです。

自然検索による集客

何か調べるときに誰でも利用するのがインターネットですが、「検索エンジン」というものが使われています。Google、Yahoo、 Bingというものがあります。日本でのGoogleのシェアは70パーセント以上になるので、ほぼ寡占状態といいでしょう。ですので、表示をしたいのであればgoogleに合わせた最適化を行うのが自然検索でヒットする近道といえます。

上手く上位表示することが出来るようになれば、どこかに毎月費用を払う必要もありません。それでいて集客が出来るようなれば願っても無い話ですね。しかし自然検索による上位表示は簡単なことではありません。ガイドランに沿った構成で、良質なコンテンツを追加していくやり方なのですが、サイトのデザインであったり、内部の最適化など技術的に熟知していなければいけない部分もあるので、素人で完全にゼロから作り上げるというのは少し無理があります。制作会社の助けなどを借りながら作り上げるのが一般的でです。

ひな型を作成してもらい、中のコンテンツ(内容)を自社で書いていく。それがコストを少なく、かつ効果的なやり方となります。

不用品のウェブサイトの順位を上げて集客ためにすること

まだホームページを持っていない場合

ホームページを制作するためには「ドメインを取得」「サーバーレンタル」をしなければいけません。ドメインはネット上の住所のようなものになり、〇〇.comのようなURLを利用できるようになrます。サーバーはコンテンツのデータなどを保管する場所です。表示の速度によっても順位に変動ありますから、スペックにも気を使ってレンタルしなければいけません。

ホームページの製作会社選びは困りますね。何を基準にして依頼をすれば良いのか分からない。「これが相場です」と言われるとそう思ってしまいますし。あまり低価格にこだわりすぎるとダサいデザインになっても困りますからね。人づてによる紹介があると心強いです。もしくはクリエーターの方々がフリーランスとして登録されているサイトもあります。「ココナラ」の中にはホームページを制作してくれる人や画像を制作してくれる人などが数多くいるので、サイト作りに知識が無くてもしっかりとしたサイト作りが可能になります。

名刺代わりに利用したいとき

あまりコンテンツを書いたりするのは得意ではないし、数多くページは必要なく会社の紹介をホームページを通してみてもらいたいという場合もあります。確かにきれいなサイトを見れば「しっかりしてる会社なのかな」とブランド作りにも最適です。

さらにほとんどお任せで、かつ短期間で作成をして欲しい場合におすすめの会社があります。

初めてのホームページ作成なら、ホームページ.com!初期費オール0円キャンペーン実施中

知識が無くて分からないと困る必要がありません。サポートもあるので手軽にホームページが開設出来るのが特徴です。

広告を使った集客

自然検索の場合は表示に費用はかかりません。しかし上位表示されるまでには長い時間がかかります。そういった時に即効性があり効果的なのが「広告」です。リスティング広告と呼ばれるもので、入札によって自然検索の上に【広告】の枠に表示されるものです。広告費を支払えばすぐにでも上位表示が可能になります。ただし表示させるホームページ、もしくはランディングページがが必要になるので、それらをまずは揃えましょう。

キーワードの単価は入札制です。キーワードによって競合が多い場合には高単価となります。不用品の業界で言えば「遺品整理」などが非常に高い部類です。しかし隙間なキーワードも中にはありますから、キーワードプランナーなどを上手く活用して単価とボリュームがマッチするものを見つけてみましょう。

リスティング広告と連動

Googleの場合ならグーグル広告 Yahooの場合ならYahoo広告 へそれぞれ申し込みをします。

アカウントの作成が出来たら、表示させる広告を作ることが出来ます。単価やテキストなどを入力。そして表示させたいサイトのURLを紐づけします。審査が通ればすぐに表示は始まります。

しかしキーワードによっては競合が多くいますから、入札の単価が低かったり、広告の品質が悪ければ表示回数は少なくなります。改善するためには単価を上げたり、品質スコアの改善が必要になります。難しいと感じることがありますが、最近はグーグルやヤフーでもサポートがあるので、スコア改善の手伝いをしてくれます。ただしこまめにキーワードをチェックしたり、不要なクリックを避けて予算を削減するための管理は怠ってはいけません。無駄な検索語句を削除していくことでも不要なクリックを避けることが出来ます。こういった一連の流れはサポートを受けるときに学ぶことが出来ます。しかし苦手と感じる場合もありますし、そこに時間を使いたくないと思うこともあるでしょう。そのような時には広告を運営してくれる代理店に依頼をされると業務に支障もなく広告を出稿することが出来ます。

広告代理店の利用

リスティング広告を出したいけれど、運用は苦手。出来ることなら全てお願いしたいという場合には広告代理店を利用すると良いでしょう。運用のプロがキーワードに合わせた広告テキストを作成。成果の出る広告を作ってくれます。効果測定や様々な検証を行い、一番コンバージョンが取れる内容にカスタマイズしていきます。依頼をしてからデータが取れるようになるまで一カ月くらいはかかるので、依頼が増え始めるのはその後になることが多いです。

広告代理店に依頼をする一番のメリットは日常の業務が滞ることなく広告の管理を任せれるということです。「設定が分からない….」と苦労しながら一生懸命覚える時間を使うよりも丸投げしてお願いした方が楽になる場合もあります。ただし運用コストがかかるので、依頼をする場合はそのコストを支払えるかが分岐点になりそうです。広告出稿や手数料を含め、月におおよそ30万円くらいはかかるところが一般的です。中には会社によっては10万円くらいから行うところもあります。

ランディングページ

広告用に使う「ランディング」ページというのがあります(例えばこのようなページ。https://www.comodo-01.com/kaitori_marche/)ホームページのコンテンツはだいたいキーワードに対しての内容で作られることが多いです。あれもこれもと色々な内容を詰め込みすぎない。それに対してランディングページは1枚にすべてのことを詰め込んだページです。それを見ればおおよそ全てのことが分かるようなページです。それを読んだユーザーに申し込みをさせたくなるような内容で作りこんでいきます。

本サイトは自然検索で使い、ランディングページを広告に使うところが多いです。

ランディングページを使い、広告による集客の方法

送客会社を使った集客

自社のホームページやランディングページを使って集客をすることも大切なのですが、もしそれだけでも足りないと感じた場合には他社の力を借りてみるのはどうでしょうか。簡単に説明するとIT会社が運営するサイトへ訪れたユーザーを送客してくれる仕組みです。一括査定の方式を取っているところが多いですが、査定の案件が来たら各社へ情報を届けてくれる仕組みです。

ヒカカク

株式会社ジラフが運営するサイトがヒカカクです。売りたいものの価格を比較できるサイト。

不用品を処分したいと思った時に、買取店やリサイクルショップ、メルカリやヤフオクなどのフリマアプリを使って、中古品として売るという選択をする人が増えています。

中古品を売ろうと思った時に、「できるだけ高く売りたい」と思うのは当然のこと。そんな時には、全国の買取店の買取価格を調べられる「買取価格比較サービス」を活用するのがおすすめです。https://uridoki.net/others/kiji_143051/

登録をすると希望のアイテム・対応の地域のユーザーから査定依頼がヒカカクに届いたら情報が届きます。その情報を元に査定額を算出。一番高い買取となれば成約となる仕組みです。一括査定なので、1つの情報が他社にも分散されるため買取価格によっては必ずしも成約にならない場合もあります。手数料は成果ではなく、1情報につき支払う形式です。300万人のユーザーを謳うサイトですからアクセス数も多いので、登録をすればかなりの数の情報はもらえると思います。

おいくら

株式会社マーケットエンタープライズが運営するのが「おいくら」です。ヒカカクと同様に一括査定の会社ですが、リサイクルショップを運営しているのであればこちらのサイトの方が取り扱いに慣れているアイテムが多いかもしれない。骨董品や・高級時計などニッチなアイテムはあまり強くない傾向。

  • 総合リサイクル店
  • PC、電化製品、OA買取店
  • 金券、チケット買取店
  • ファッション買取店
  • CD、ゲーム、古本買取店
  • 質屋
  • その他業種

主にこのようなショップが登録しているケースが多い。

地域から検索したユーザーが査定依頼をしてくるので、情報をもらって遠方で買取に行けないというケースも少ないでしょう。

【↓登録は簡単にすることが可能↓】

【おいくら】を通して、数多くのリサイクルショップが成功しています!

まとめ

不用品の買取の集客はホームページを利用して検索エンジンを使った自然検索によるものと、ランディングページによる広告を使ったもの。そして送客会社を利用した3本の柱で集客が理想です。足りないところを補い合いシナジー効果で最大限の結果を生み出す可能性があります。

スポンサーリンク