不用品のチラシ業者に安心して依頼できるでしょうか?

ポスティングなどチラシによる不用品回収業者

以前は毎日のように、不用品回収業者のポスティングチラシなどが入っていたかと思いますが、最近は少し減少気味といったところでしょうか。チラシ業者による回収についてご説明していきます。

チラシの文面による誤解

チラシ業者の文面は少ない文字数でのセールストークで、実際の話を聞くと期待を少し裏切られることもあるかと思います。

よくある例が”無料回収”といった謳い文句です。それを見た人は無料で不用品を回収してくれるの?と期待してしまいます。しかし実際のところは限られたアイテムだけが無料で、その他は有料での引き取りになるケースが大半です。無料で引き取りできるアイテムであっても、それを引き取りに来る交通費はかかるケースもあり、実質は有料であり”完全無料”で引き取りをしてくれるケースは稀であるといってもいいでしょう。もちろんこういった無料回収を売りにしているチラシばかりでもないですし、きちんと交通費がかかりますと記載してある場合もあります。

所在地の確認

そのチラシ業者の信頼性のひとつとして、所在地がきちんと記載してあるかどうかということです。所在地がはっきりと記載してある業者。もしくはその業者名でインターネット検索した時にホームページが出てくるようなところは所在地が確かです。この所在地が分かることで、信頼性が高まります。

事前に電話で見積もり相談をしてみる

チラシ業者にすぐ依頼をするのではなく、自分が処理したいものを電話で見積もり相談をするのも一つの方法です。一部屋単位や一軒分の見積もりの場合は、どこの業者も正確な金額は出せませんから、現地見積もりが必要です。しかし少量であれば概算見積もり位はできます。もし「行って見てみないと分からない」と訪問を強調する場合は注意が必要な場合もあります。訪問してもなかなか帰ってくれないというケースもあるからです。

「値段が合わなければキャンセルできますか?」と事前に聞くのも良いでしょう。

いくつかの業者と料金を比較する

費用については不用品回業者1社だけでなく、いくつか見積もりを取るのも有効です。相場の分かりにくいところがあるので、言われた金額が適正かどうかというのもわかりません。いくつかの業者を比較することで、大きなずれが無ければそれが相場といったところでしょう。チラシ業者だけでなくインターネットで検索して出てくる不用品回収業者と比較するのも良いでしょう。

もしチラシ業者によるトラブルにあってしまったらどうするのか

たとえば、引き取りが終わった後の請求金額が「軽トラック1台分の荷物で10万以上かかった」など異常に高い金額で、もし業者と金銭的などトラブルになってしまった場合はどうするのかですが、独立行政法人の国民生活センターというものがあります。http://www.kokusen.go.jp/ ここへ一度相談をしてみるのもいいでしょう。