不用品の処分業者と買取違いと、メリット・デメリットについて

不用品の処分と買取が出来る業者

以前は不用品の回収業者と不用品の買取業者というのは別々のものでした。しかし最近は処分も買い取りも行う業者が増えてきています。

というより不用品処分業者が買取もするようになり、買取のリサイクルショップも処分も併せて行うところが増えてきたというのが正確なところかもしれません。

どちらも一緒のように思えますが若干違うところもあるので、その違いなどをご紹介いたします。ご自身の片付け処分の時にはどういった業者を選ぶべきかお役立てください。

買取に強い回収業者

主にリサイクルショップが運営するところが多いのですが、基本的には買取品が多いような内容の時には有利です。

テレビや洗濯機なども買い取りはしますし、中には古い物も買い取りすることはあります。引越しの時のようなまとまった片付けをする時にはちょうどいいかもしれません。

しかし買取品が少ない場合で処分品ばかりだと費用は少し割高になることもあり、そして場合によっては引き取りしてくれないケースもあるようです。まぁ基本的にはリサイクル屋さんですからね。

処分に強い業者

逆に処分に強い業者といえばなんでも引き取りはしてくれます。家財道具全て年式も関係なく引き取りしてくれます。

それでは買取の方の価格はどうなのか?といいますと、大半がショップを経営しているわけではないので、買取したものを業販で売るような形になります。

そうなるとエンドユーザーに直接売るわけではないので、そこまで高く売ることは出来ません。であれば引き取りの時の買値というのも安めになってしまうということです。

依頼する時はどちらに頼む?

天秤の男性

まずはその業者がどちらに強いのかを見極めることが大切です。

ウェブのページに書かれていることの大半が買取に関して書いてあるようなところであれば、買取が中心なんだなと察しがつきます。その逆に処分中心の内容なら片付けが得意ということです。

そしてご自身が依頼したい内容の物が買取に出来そうなものが多いのか片付けるだけの物が多いのかを判断することが大切です。

なぜこのような判断をしなければいけないのか?それに間違うと引取りのコストに反映してしまうからです。やはり強みのある業者に依頼をした方がメリットは大きいです。

一軒家の家財処分の時にはどちらの業者がメリットが大きいでしょうか。これはズバリ片付けに強い業者です。

家財道具の中で買取出来るものは確かにありますが、それ以上に処分になるものが多いからです。片付け処分の作業に慣れている業者でなければ一軒家の作業は中々終わりません。

まとめ

不用品の処分業者と買取業者も今は両方を行っているケースがあります。しかしその特性には少し違いもあります。

ご自身が片付けしたい内容を考えて売り物が多いと思えばリサイクル系の業者。片付けが中心だと思えば片付け処分に強そうな業者を選らぶと上手に売って処分して出来るかと思います。