転売ビジネス(せどり)の始め方

 

転売ビジネスをするための方法

せどりの方法
転売ビジネスと言うと何か悪い気もしますが、インターネットを使って行うビジネスが一般の人に知られ始めていると思います。ヤフオクやメルカリやebayといったオークションサイト。それぞれで仕入れたものを同サイトもしくは別のオークションサイトで売るやり方を”せどり”といいます。
そんなので儲け出るの?と思われる人もいると思いますが、例えば海外のオークションサイトのebayで落札したものを日本のオークションに出品します。海外の輸入品でレアで人気になりそうなアイテムなら思わる価格で落札されることもあります。その逆に日本では安く落札できたものが海外のオークションに出品したら高く落札されたというケースも多いです。
もしくは落札した品物を自分のショップで売るという仕入れとしてのやり方もあります。
特に地方のおもちゃの中古ショップではレアな商品を持ち込みで来る人は少ないと思います。しかしネットオークションであれば日本全国の人から仕入れが可能になります。
転売ビジネスはこのように利益を出していきます。商売で行っている人もいますが、最近広がりを見せているのは副業的に始める人が増えているというのが一番の理由かと思います。右から左の商売で気軽に始めれますが、相場を間違えると思ったほど儲けが出ないというのがデメリットともいえます。

 
古物市場でのせどり

許可が必要な古物市場
古物市場というものがありますが、ここは許可を持った者同士がやり取りする市場です。
その許可というのが”古物商許可”といわれるものです。この市場では主に業者の仕入れで使われるためその価格は非常に安いです。その安さが一番の魅力ともいえます。しかしその許可を取るには警察へ提出する申請書があり、手数料もありますから気軽に取得とはいきませんが、本格的に始めるなら敷居の高くない許可です。
この古物市場で行われる競りの価格はどこも同じというわけではありません。
Aという市場では古道具の相場が高く、Bという市場での相場が低いことがあります。

これは市場としてのジャンル違いで、競りに買い付けに来るバイヤーの種類が違うためです。リサイクルの家財品が集まる市場で古道具が売られていても、それを競るバイヤーがいなければ高値にはなりません。
安値で買えた古道具を、古道具のバイヤーが集まる市場で再び売ることによって儲けを出すやり方です。
これは相場感を持っていなければ出来ないことなので、上級者向けともいえます。
古物市場で仕入れたものをオークションサイトに出品するというのが一番やりやすい転売方法です。
     

 

 
古物市場の手数料

古物市場では安く仕入れも出来ますが、歩銭といって手数料を払う必要があります。売れた品物の5~8%といったところです。これはヤフオクでもそうですが出品手数料と同じようなものです。
それ以外にも出入りする人数分のお金がかかったり、品物を積むトラックを敷地に置くための駐車料金がかかる場合もあります。
それは市場によって異なるので、それぞれ問い合わせする必要があります。

 
フリーマーケットで仕入れる

商品集めにはフリマで仕入れるという方法もあります。
フリマは各地域で主に個人の人が出品することが多いので、ガレージセール的に安く仕入れが出来ます。プロではないので、自分の私物を楽しみながら売って儲けが出ればいいという人が多いので、安めで買えることがバイヤーとして魅力といえるでしょう。
フリマには個人だけでなくプロも存在します。不用品として集められたものをフリマで出品に来る業者もいます。
個人の人たちよりも価格は少し高いかもしれませんが、荷量が多いのが一番の魅力といえます。転売時に売れる物も多く持って来ている可能性が高いです。
      

ネットショップを始める

ネットオークションサイトや古物市場やフリーマーケットといったところから仕入れが可能な環境があります。
ではどうやって売るのかですが、上記したようにヤフオクで売るのも方法の一つですが、ネットショッピングとしてECサイトを構築するという方法もあります。
ネットショッピングの最大のメリットは店舗を持たないことによる固定費の削減です。
ショップといっても自宅で始めることが出来る。一部屋倉庫代わりの部屋に品物を入れて、注文が来ればそれを発送する。マンションでもアパートだって構わないわけです。
自分でECサイトを作ったとしてもなかなか検索してもらえないというのが最大の悩みになると思いますが、”楽天”や”Amazon”といったところで中古商品を売ることも可能です。出店には費用はかかりますが、規模によってそのコストも変わります。小さく始めるなら少ない費用となります。
今のネットの検索環境からすると自分でサイトを作っても上位表示させるのは難しいところがあります。長いものに巻かれろではないですが、大手のサイトに登録するというのも否めないかもしれませんね。結果、最終的に利益が出せれるビジネスになればよいわけですから。
  

転売ビジネスで失敗をしないために

転売ビジネスをする時には注意することもあります。
売ってはいけない物を買わないということです。よくあるのがブランド物の転売です。
本物と思って売ったら、実は偽物だった。これは知らなかったでは済まないことになります。本物かどうかを鑑定する力が備わっていなければ、決してこのジャンルには踏み込まないことです。
あとは危険な商品には手を出さない。例えばモデルガンや模造刀といった物です。モデルガンも以前は売っていた古いもので、今では販売禁止となっているものもあります。
改造することによって危険なものになる物が存在します。
お爺さんの遺品などで軍刀などがあったりすることもあります。刀などの取り扱いは法律で
厳しく罰せられることもありますので注意が必要です。これを知らずに販売すると自らが責任を負うことになります。
その他には写真のプリント(プラチナプリント)に使う薬剤などで取り扱えない物があります。薬剤の一部は許可が無ければ譲渡も販売も出来ません。
このように古物商の許可だけでは出来ないものや、取り扱ってはいけない物がありますから仕入れをする時には十分に注意する必要があります。

まとめ

複合で利益を出す

副業ではなくビジネスとして転売行うのであれば、一つのやり方だけでなく複合してやることが最大の利益を出す一番の近道ともいえます。
●オークションサイトを使っての転売
●古物市場で仕入れたものをオークションサイトに出品する
●フリマで仕入れてオークション出品。もしくは市場へ出品
●オークションサイトや古物市場やフリマで仕入れた物を商品としてネットショップを始める
●仕入れ品には注意をする