パソコン廃棄の方法お教えいたします

パソコン廃棄

パソコン

パソコンを廃棄にするにしても今は粗大ゴミでは処分することも出来ません。ではどのように処分するのかということなのですが、方法はいくつかあります。数ある方法をここでお教えしていきます。

パソコンのリサイクルを推進している協会

パソコンのリサイクルを進めているのは”一般社団法人 パソコン3R推進協会”です。どのような取り組みかといいますと、PCリサイクルマークがついているパソコンについてはメーカーに申し込みをすると郵便局の”エコゆうパック”の送り状が届きます。送りたいパソコンを梱包して送り状を入り、郵便局へ集荷依頼もしくは持ち込みをします。後は郵便局が配送をしてくれるのでこれで終了です。PCリサイクルマークが付いているパソコンは無償です。

リサイクル

PCリサイクルマークが付いていないパソコンや、メーカーが分からないパソコンについては有償の引き取りとなります。引き取りを受付しているのは「パソコン3R推進協会」となります。

申し込みまでの流れ

以上が一般家庭から出るパソコンの廃棄方法となります。では会社から出るパソコンはといいますと有償での引き取りとなります。申し込み方法についてはリンクをご参照ください。

会社から出るパソコンの処分方法

パソコンのメーカーが見つからない場合

パソコンメーカーが見つからない場合の引き取りは3R推進協会が行っています。

費用は各種異なります

    • デスクトップ本体4000円
    • ノートパソコン4000円
    • 液晶モニター4000円
    • 液晶モニター一体型パソコン
    • CRTモニター 5000円
    • CRTモニター一体型パソコン 5000円

3R推進協会による回収メーカーが無い場合の引き取り方法

パソコンは粗大ごみなど普通ゴミでも処分出来ません

パソコンはリサイクルを推進している対象のアイテムとなるため、普通ゴミでは捨てることも出来ません。とはいえ、実際にパソコンを購入する時に処分の方法のやりかたなどの指導があるわけでもなく処理に対しては不透明なところもあります。上にも記載しましたが家庭から出るパソコンで”PCリサイクル”のマークがあるものは無償で、会社を含めそれ以外の物は有償というのも何故なのかは理由がよく分かりません。再資源として金を取り出すのであれば全て無償でも良いと思うのですが。

パソコンの廃棄方法

パソコンの廃棄方法としては上に記載したメーカーへの申し込み方法が一つあります。それ以外にはパソコンを修理して再販しているようなところへ買取の依頼、もしくは無料回収の依頼をする方法です。パソコンを廃棄しようとしている方も、故障して要らなくなるばかりでなく、新しい物を購入して不要になるケースも多いかと思います。その場合には廃棄として処理されるのも少しもったいないですね。であれば手直しして再販の方がよっぽどエコです。

 

パソコンを買い替えしたときに廃棄

パソコンを買い替えする時に廃棄するというのも方法の一つです。最近では大手量販店も無償での回収を進めています。ヤマダ電機などでも宅配による無償回収を行っているようです。

宅配による回収

荷物運び

現在は3R推進協会でなくとも無料回収を行っている業者の他にも買取を行っている業者が宅配を使って回収を進めているケースが多いです。ご自分で用意した段ボールに詰めて発送。着払いで引取りしてくれたりするので宅配費用もかかりません。「パソコン 処分 無料」と検索すると全国対応の引き取り会社がずらりと出てきます。後からの請求が不安なようでしたら、まずはメールフォームで確認してみましょう。

持ち込みできるところ

パソコンを持ち込みで引き取りしてくれるところも中にはあります。無償・有償がありますので事前確認が必要です。あと車で走行していると「パソコン無料回収」といったのぼりが出ている場所もありますが、費用については事前に確認して持ち込みしましょう。

回収業者によるトラブル

回収業者とのトラブルがよく問題になっています。拡声器を使った業者の場合「無料回収いたします。何でも結構です~」と全部無料で引取りしてもらえると勘違いされる人もいますが、実際は全て無料ではない場合が多く、「パソコンの処分費は無料。でも運搬費用はかかる」と言われるケースが多いです。一番危険なのが先積みによる請求です。「もう積んでるから」と後から請求されるパターンです。そして金額がいくらかも分かりません。 そういう業者がいてもあまり関わらないことをお勧めいたします。

まとめ

パソコンの廃棄の方法は3R推進協会による廃棄方法とそれ以外には宅配引き取り、もしくは古いパソコンでも買取をしてくれるところがあります。費用は無償~で家庭用なのか会社用なのかによっても分かれています。(会社用でも無料や買取するところもあります。)宅配の場合には全国対応しているところが多いので手軽に廃棄できます。