ランディングページを使い、広告による集客の方法

ウェブサイト

広告を使った集客を目指す場合に「ランディングページ」と呼ばれるものを使うことが多いのだが、どういったものなのかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

まずランディングページというのは、クリックして開いた時に縦にずらっと長い1枚のページのことを言います。なぜこのように長いのかというと、セールスしたいことやアピールしたいポイントなどがぎっしりと凝縮されているから。最終的には申し込みを狙ったコンバージョン獲得のためのページである。

ランディングページについて理解をして、作成の方法とさらに広告を出して集客するまでの流れをお教えしていきます。

ホームページとの違い

ランディングページは1ページの中に色々な要素を詰め込んでいるのに対して、ホームページはキーワード単位で細かな説明をしたコンテンツになる。あれもこれも詰め込み過ぎてしまうとユーザがーが求めている答えがぼけてしまい、逆に伝わらなくなりやすい。ランディングページはそのサービスや商品に対しての魅力を最大限に伝えるためのページと言ってもいいでしょう。

広告を出す場合、実はホームページを使用することは少ない。大半がランディングページを使用しています。試しに何か検索をして【広告】と出ている箇所をクリックしてみてください。ホームページとは明らかに構成が違うものだと感じるはずです。メニューもほぼ無し。メール・電話番号など申し込みに関してばかりが目立つと思います。まさにこれが狙いなわけです。

ランディングページが大きな効果を生む秘密

サービスや商品について明確にユーザーに響くようなキャッチフレーズなどを盛り込んでいくことが非常に大切。衝動を突き動かすようなページであることが重要です。人は何か思いつきの時の方が購入しやすい物です。昔から「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、ユーザーがその気になった時に後押しする。つまりランディングページの方がその気にさせる内容で作りやすいと言えます。より広告的なフレーズで構成出来るメリットがあります。

例えばホームページとランディングページを広告として掲載をした場合に、どちらが成果が出やすいかといえば明らかに後者です。それは実際に試してみて実感したことでもあります。

ランディングページの構成というのはユーザーの目線などを考慮しつつ、全て申し込み・依頼を獲得するための作りになっているということ。これがまさに効果を生む秘密です。

成果が出やすいランディングページのポイント

魅力あふれるキャッチコピーで、セールス満載。ただそれだけでは中々成果は出ないでしょう。あまりにも良いところばかりをアピールされても、逆にうざいと感じられてしまうかもしれません。申し込みに至るまでを論理的に考える必要もあります。

「QUESTの法則」というコピーライティングの技術

QUESTの法則では、

  • Qualify(悩みを解決することを宣言する)
  • Understand(読者に理解・共感する)
  • Education(商品の素晴らしさを教育する)
  • Stimulate(興奮させ、想像させ、欲求を煽る)
  • Transiton(行動を言葉で促す)

以上のポイントを押さえて構成してライティングしていきます。これらの項目の中にさらに掘り下げた内容を盛り込んでいきます。

Quialify:ファーストビューではこの商品やサービスを手に入れることでどのようなことが解決であったり、満たされるのかについて書きます。ターゲットになる人をイメージして、未来にどんな良いことが起きるのかについてなど。

understando:Quialifyで悩みを解決できることを宣言し、次はユーザーがどんなことで悩んでいるのかについて想像しながら書き出していきます。読んでいる人が共感できるものがあればそのまま読み進めてくれます。

Education:商品やサービスの良さや素晴らしさを伝えます。悩みなどはすることは出来てもまだ信頼は出来上がっていません。第三者の声や競合との比較などを盛り込んで説得力を持たせていきます。■最初に宣言したことを、あなたの商品・サービスはどのようにして解決するのか?■商品・サービスを手に入れての”before”→”after”。

Stimuale:「利用してみたい」という気持ちを更に高めてもらわなければいけません。具体的には、■ご使用の流れ、サービスの流れを書き、商品・サービスの疑似体験をしてもらう。■特典、キャンペーン等でお得感を感じてもらう。■メインサービスやメインのセールスポイント以外のサービス、ポイント等を書き、+αのインパクトを与える。といったものがあります。

Transtion:気持ちを高めた状態で、最後はユーザーの方に行動を起こしてもらいます。背中を押すような言葉と、どのような行動をとってもらいたいかを記載します。

主にこのようなもの

  • 商品・サービスの購入
  • ネットからの予約
  • 電話相談、電話での受付
  • 資料請求
  • 無料体験
  • 無料相談、お問い合わせ
  • メールアドレス登録
  • LINE登録、LINEからの相談・受付
  • セミナー・イベント等の申込み

こういった内容を盛り込んで構成したテンプレートで作成していくのがポイントになります。

これらを元にして出来上がったランディングページがこちら。https://www.comodo-01.com/kaitori_marche/ご参考にしてみてください。

作り方・テンプレートを利用

全くのゼロからランディングページを作るというのはコーディングの知識などが無ければはっきり言って不可能に近いです。覚えるまでにも相当な時間がかかってしまいます。それであればテンプレートを使っていけば比較的簡単に作成することが可能になります。デザインや機能によって費用がかかるものや、フリーのものなど様々あります。

テンプレートを提供しているところをいくつかご紹介しておきます。

テンプレート No.808[ランディングページGREEN]

ランディングページ テンプレート 【フリー版】LPOならLPクリエイト

数ページほどの小規模なWEBサイト制作。自由にダウンロード|テンプレどん

テンプレートがあって、その中に内容を書き込んでいくのですが、各所に挿入したい「素材画像」が欲しいですね。装飾もランディングページを引き立てるためにはとても重要です。フォトショップなど駆使して画像を作成できれば問題ありませんが、そういったスキルが無いと困ってしまいます。写真の素材を買ったりフリーでダウンロードできるサイトがあるので、これもいくつかご紹介します。

高品質な写真が無料でダウンロードできます 加工や商用利用もOK!|ACフォト

高品質なイラストが無料でダウンロードできます 加工や商用利用もOK!|ACイラスト

PIXTA: 写真素材・ストックフォト | 日本最大級の画像素材サイト

画像と合わせてもう少し欲しいのがバナーです。組み合わせて加工することでよりよく見えます。有料ではありますが、そんなバナーを簡単に作れるソフトがあります。

超簡単 自分で”凄いバナー”が作れる|バナープラスV2

以上のものを駆使すれば自分でランディングページを綺麗に作ることも可能になります。

ただ、どうしても自分では無理。出来ないから誰かに頼みたいという人は制作出来る人を見つけていかなければいけません。

費用 

ランディングページの作成は上を挙げたらきりがありません。数十万単位のところもあります。たった1枚のページであってもです。初めて頼むのに、そのくらいの金額だとすこしためらってしまいますよね。しかしもっと安価に作成してくれる人も中にはいます。約5万円~10万円くらいから可能です(私がお願いしたところも実際にこれくらいの価格で作成していただけました)。制作にかかる日数を考えるとこれくらい最低必要でしょう。それ以下を求めるのであればクオリティを妥協したり、何か足りないと感じてしまう点が見つかるかもしれません。もしくはやはり自分で作るしかなさそうです。

気になるクオリティですが、作業実績のサンプルを紹介していることが多いので、言葉だけではなくそれらを自分の目で見て決めると良いでしょう。

制作会社の見つけ方

どういったところにランディングページの製作の依頼をすれば良いのか?グーグル検索などで「ランディングページ制作」と検索すればずらりと制作会社がヒットするでしょう。そういった中から気に入ったサンプルを見て相談をしてみるのも方法の一つです。1社だけでなく3社くらい見積もりを出してもらうのも良いかもしれません。

もう一つ別の探し方として、「ココナラ」というサイトには多くのクリエーターが登録しています。その中にはランディングページを制作してくれるフリーランスの人も多くいます。こういった方々の中から気に入った人を見つけて依頼をするという方法です。費用も明確に出ていますし、どういったものを作成してくれるのかという作業事例・サンプルがほとんどあります。個人でお仕事をされている人が多いので、安価な価格帯で制作も可能です。それでいて低品質ということではありません。もし気になるようなら実際にご覧になってください。https://coconala.com/ サイト内の検索で「ランディングページ」と入力するとかなりヒットします。

集客までの運用のコツ

ランディングページが出来上がったらいよいよついに広告運用です。自然検索のためのページでは無いので、広告のために使います。もし自然検索でもアクセスを増やしたい場合はホームページを別で用意する必要があります。ウェブ集客を使って不用品を効果的に買取をする3つの方法

広告を始める場合に、Googleの場合ならグーグル広告 Yahooの場合ならYahoo広告 へそれぞれ申し込みをします。アカウントをそれぞれ作り、それぞれで運用することも可能です。グーグルの場合は最低予算という規定が無いので、10000円からでも始めることが出来ます。しかしキーワードの単価にもよりますが、仮にワンクリック100円だとすれば10クリックで1000円。月間では30000円となります。10000円というのはちょっと現実的ではないかもしれませんね。あまりにも少ない投資ではリターンも少なくなります。だからといって、大金をつぎ込んだからといってすぐに効果が出るかというと絶対ではありません。というのも、新規で広告を出した場合は何もデータが無い状況です。より良い広告スコアを出すための学習をさせなければいけません。無駄なクリックを防ぐためにも、キーワード選びも重要です。そうでなければあっという間に結果が出ないまま予算は消化されていってしまいます。設定に関してはグーグルもヤフーもサポートを行っています。そのサポートを受けて改善することをお勧めします。

もし運用に困った時には広告代理店に依頼をするのも悪くはありません。運用のプロなので、一番クリックの得られそうなより良いキーワードの選択。コンバージョンの取れる方法を代行して考えてくれます。依頼する場合は手数料を含めて1サイトあたり20万円~といったところでしょう。価格は会社によります。

まとめ

ランディングページはまさに広告向けのページです。QUESTの法則というコピーライティングの技術を駆使していけばお客様の心に響くようなページを作ることが可能です。魅力あるキャッチコピーを織り交ぜながら、行動を起こさせることが大切です。テンプレートを使えば自分で作ることもできますし、もしくは少ない予算でもフリーランスのクリエーターに依頼が出来れば安価に作成が出来るかもしれません。そして広告で運用をする。これが一番重要なことになります。グーグル・ヤフーのリスティング広告を利用してたくさん集客することが可能になります。

スポンサーリンク