(持ち越し)灯油の処分方法

灯油の処分方法

去年から残ってしまった灯油どうしてますか?使い切れなかった灯油の処分方法をご紹介いたします。




持ち越し灯油

去年に買って、そのまま年越ししてしまった灯油を”持ち越し灯油”と呼んだりします。

この灯油はもう使うことが出来ないのでしょうか?

まずは灯油がどんなものなのかご紹介していきます。

管理の仕方によって持ちが異なる

灯油は日向においてはいけません。成分が変化や変色が起こってしまいます。

日陰や温度の変化が少ないところが望ましいです。日陰であっても湿度の高いところでは、ポリタンク内で湿気が汗をかき、水分が混ざってしまいます。

このような変化が起きてしまうと、ストーブ内での着火、燃焼性が悪くなります。

これとは逆に、温度変化も少ない日陰であれば変化も少なく持ち越し灯油でも使用は出来ます。

(ただし使う前には色の変色はチェックしてください。灯油は基本的には透明です。黄色く変色していたら、変質灯油もしくは不純灯油になっているかもしれません)

燃焼性の悪い灯油を使うことのリスク

燃焼性が悪いということは、不完全燃焼が起こり一酸化炭素が発生するリスクが増えます。

灯油を使ったストーブで一番怖いのが、一酸化炭素中毒です。

ストーブの死亡事故はこれが多いんです。

変色していてたらすぐに処分

黄色く変色していたらこれはもう処分です。

新しい物を混ぜて希釈しても悪い成分が残るので、ストーブにダメージが出る可能性も出ます。

無理をして使って壊すのはもったいないです。

灯油の処分はどこで頼める?

どこで処分できるかというと、ガソリンスタンドなど購入したところに相談してみてください。

費用は無料もしくはポリタンク一つで500円程度で引取りしてもらえると思います。

間違っても紙などに染み込ませて燃やしたりなんかはダメです。

川に流したりもダメです。

※毎年持ち越し灯油になってしまうことの予防

毎年使い切れずにポリタンクに残してしまうと、その都度処分しなければいけませんよね。

使い切ってしまうのが理想ですが、もしその残りがあとわずかならストーブに入れて満タン状態にしてください。

満タンであれば、水分の発生も少なくなります。(ガソリンの携行缶のようなイメージです)

ストーブ自体も温度の変化の少ないところに置けば、変質も起こりにくいです。




2017年11月14日