ハガキの(処分)交換方法

不要なハガキの交換処分

年賀状の余りや、ミスプリントのハガキはどうしてますか?

ゴミ処分してしまってるのでしょうか?

発送していない、消印が無いハガキでしたら交換することが出来ます。




官製はがき、年賀状、レターパックの交換

ハガキやレターパックというのは等価交換ではないにしても、新しいものに交換してくれます。

DM用に大量に刷ってしまったが、発送しないまま残ったもの。

年賀状の発送予定で購入してたが、予想よりも少なくなり余ってしまったもの。

プリンターで印刷しようとしたが、向きが反対だったり、インクの色が悪かったりなどの、ミスプリントしてしまったもの。

その他、書き損じなども全部交換出来ます。

期限は特にありません。

交換は郵便局で

未発送のハガキなら郵便局で交換してくれます。ハガキからハガキへの交換もできますし、切手にも交換が出来ます。

ただし、切手の場合は10枚つづりのシール状のものには交換できません。

交換には手数料がかかります

ハガキの交換は何枚でも行ってくれますが、手数料がかかります。

官製ハガキ、年賀状の場合は1枚に付き5円

往復ハガキの場合は10円

レターパックは41円

以上の手数料が必要です。

 

現金への換金は行っていない

注意しなくてはいけないのが、現金への交換は行っていません。

郵便局ではハガキや切手などへ、手数料を差し引いての交換してくれるのみです。

実際に交換してきました

以前、自前のプリンターで印刷しようと購入していたハガキが大量にありました。

しかしハガキの金額が変更となり、発送するなら不足分の金額の切手を貼るか、もしくは新しいものに交換するかということでした。

DM用でしたので、切手を貼るよりもと思い手数料を支払い、新しいはがきに交換してもらうことにしました。

そして以前ミスプリントしたものや、年賀状の余りもあったので、これらも全部まとめて交換。

捨ててなくて良かったです。

そして手数料を支払っても、新しく欲しいはがきの枚数の数が少なかったため、額面に余りが出ると局員の人に言われ、残りを切手でもらうことにしました。

水無しで貼れるタイプが良かったのですが、それはダメらしいです。

いろいろ細かなルールがあるみたいです。

しょうがないので、通常の切手に交換してもらいました。

いずれにしても、無駄なくすることができました。

もしこういった不要で使っていないはがきがあればゴミ捨てすることなく交換してみてください。




2017年11月16日