不動産売却時の家財道具の処分

住宅の売却時の家財道具の処分

親からの遺産などで受け継いだ住宅。住み手がいない住宅など理由は様々ですが、住宅を売却することになった場合にはどのようにすれば良いでしょうか?まだ家財道具が残っていても売れるものなのか?その辺りについてご紹介していきます。

内覧の準備

お部屋の内覧の準備

住宅の売買の意思が決まったらまずは仲介業者を選択します。大手でいうと、三井不動産リアルティ(株)や住友不動産販売(株)や野村不動産アーバンネット(株)といったところがあります。仲介の契約をしますと、不動産業者が内覧の準備をして、希望者が集まりましたらお部屋の紹介をしていくことになります。

そこでですが、”お部屋を見せれる状態”であるかが非常に重要なわけです。あまりにも片付いていない部屋をみたら買う気は当然起きませんよね?綺麗なお部屋であればこそ中古物件であっても購買意欲が沸くわけです。そこで、内覧のために家財道具を先に処分するか後にするかが気になるところです。

まだ生活しているお部屋の場合

お部屋の片付け

まだそこで生活をしている状況でお部屋を見せるのであれば、家財道具を処分するわけにはいきません。ですので、物をなるべく減らしスッキリとさせた状態で見せるのがベストです。家具が置いてあることで、自分が住んだ場合のイメージも持ちやすくなる可能性もあるというメリットもあります。しかしこれが掃除や片付けが出来ていなければマイナスのイメージとなりデメリットとなってしまうわけです。

既に誰も住んでいないお部屋の場合

もう誰もその家に住んでない場合ですが、物が残っていたとしても、やはり最低限の清掃をしていなければ良い印象を持たれることはありません。片付けをし始めて、中途半端に物がのこるくらいなら、全ての家財道具を処分し、照明とエアコン(内覧のために残しておいた方が良いです)は一番最後に処分するくらいにした方が良いです。

誰も住んでいない家の家財道具でも埃は被ります。売りに出してすぐに買い手が付けば良いですが、期間が延びるだけお部屋の中のメンテナンスが必要になります。

仲介業者による家財処分

仲介業者に家財処分も一緒にやって欲しいとお願いした場合ですが、仲介業者が実際に行うわけではございません。提携業者などが作業を行うことがほとんどですので、作業費には手数料分が上乗せされているケースがあるかもしれません。そして不動産の仲介業者に絶対依頼しなければいけないわけでもありませんので、家財処分に関しては切り離して考えても良いかもしれません。仲介業者経由の家財処分の見積もりと、ご自身で見つけた家財処分業者の見積もりを比べて依頼するというのも方法の一つです。

物件が売れるまで

信頼出来る家財処分業者

不動産というのは簡単に右から左で売れるわけではありません。大ききな買い物ですから、誰しも慎重になるわけです。半年か1年単位で待つ必要があると思います。それくらい時間のかかるものですからやはり”お部屋の印象”というのが重要になるわけです。そこで信頼できる不動産仲介業者と信頼できる家財処分業者選びは大切です。

当社への家財処分のご相談

当社でも数多くの家財処分のご相談をいただき、その実績も豊富でございます。リサイクル買取という強みを生かして安価な家財処分が可能でございます。神奈川・東京を中心に活動しておりますので、ご相談がございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。

メール相談

家財処分メール相談

2018年5月8日