断捨離はどうやってするのか?

断捨離はどうやってするのか?

断捨離という言葉は一度は聞いたことがあると思います。

必要ない物を処分して、再び手にすることなく、少ない荷物で生活をする。

物をあまり持たないミニマリスト的な考え方です。

 

断捨離をはじめて不用品の片付け

不用品を片付けるといっても何を捨てれば良いのか?まずはそう考えるはずです。

基本的には重複したものを持たないということです。

例えば一人暮らしで、お皿が5枚10枚も必要ないですよね?

ですが、人は「まだ使える」「いつか使うかも」と残してしまうのです。

しかし断捨離的な考えで言えば、半年以上使っていないなら処分です。

使いたいと思う物は決まっているのです。

その”いつか”というのは肥やしにもなりません。食器棚の中で少しずつ埃を被り、同じお皿と重なり合い経年劣化により色も変わり始めるのを待つだけです。

そういう食器たちを片付けの現場で数多く見てきていますから間違いないです。

 

勿体ないと思っても処分する勇気も大切

不用品を片付けをしていると、「あれも勿体ない」「これも勿体ない」と最初は捨てる気満々だったのが、結局捨てれないままでいることが多いです。

ミイラ取りがミイラになるパターンです。

捨てる=ゴミ処分と思うと、中々気が進まないのも当然です。

気持ちよく処分するにはどうすれば良いかといえば、捨てるではなく譲るから始めれば、”もったいない”という気持ちも和らぐでしょう。

 

地域ごとのフリマやガレージセールを活用する

お住いの地域のどこかで、月に1~2回程度の頻度で週末にフリマを開催しているところがあります。

こういったところに行って、自分の不用品を売ってみてはいかがでしょうか?

誰かがまた使ってもらえると思えば、もったいなくて捨てれないということもなくなります。

もしフリマが出来ないのであれば、家の前でガレージセールで近所の人に譲るのも方法の一つです。

 

フリマアプリの活用

人前で売ったりするのが面倒であれば、メルカリなどのフリマアプリを使って売却していくのも良いでしょう。

自分が決めた値段で、それを気に入ってくれた人が落札していきます。

 

物を持たない気楽さ

一度不用品を処分してお部屋がスッキリすると、物がないことで気付くことがあります。

物がないということは整理整頓が非常に楽になります。

だって片付けするものが大して無いのですから。

何かを使った後にほんの少しだけ整頓すればそれでおしまいです。

これがミニマリストが求めている醍醐味ともいえるでしょう。

もしそういったことに興味があるのなら、その初めの一歩としては、最初に書いたように重複した同じようなものから処分することをお勧めします。

少しずつでも進めていくことが大切です。

その気持ちよさにどこかで弾みがついて、一気に片付けになるということもあり得ますから。(笑)

2017年11月13日