家電リサイクル品は行政では収集していません

家電リサイクル品

家電品

 

家電リサイクル品って何かご存知ですか?家電リサイクル品とは特定家庭用機器再商品化法といって、家電リサイクル法の方が聞きなじみがるかと思いますが2001年に施工された法律です。

テレビ/冷蔵庫/洗濯機/エアコン/衣類乾燥機の家電製品は価値のあるパーツも使っているため、資源としてリサイクルしましょうという法律です。

家電リサイクル品はは粗大ゴミの扱いではない

上に挙げたテレビ/冷蔵庫/洗濯機/エアコン/衣類乾燥機はそれまでは粗大ごみとして収集していました。この法律ができたことで行政では収集しなくなりました。この家電リサイクル法を管理しているのはRKC一般財団法人家電製品協会でここが家電リサイクル券を発券しているわけです。環境省と繋がりのある財団法人って事ですね。

この特定家電は決まられた指定の工場で分解される仕組みなので、分解作業ができるからといってどこでもできるわけではありません。環境省空のお墨付きが必要ってことです。

回収フロー

家電リサイクル費用はいくらかかるの?

家電リサイクル費用は粗大ゴミの収集のように200円とか500円では収集してくれません

ではリサイクル費用っていくらなの?となりますが、リサイクル費用というのはメーカーによっても料金は異なるんです。そして例えばテレビならインチ数によっても異なります。冷蔵庫や洗濯機も容量によって費用が違います。家電リサイクル協会からの料金一覧表がありますのでリンクをご参照ください。家電リサイクル料金一覧表

自分の処理したいもの見つけるだけで一苦労しますよね… かなり分かりにくくて消費者には優しくないです。お年寄りにはこの表を見てもちょっと理解できないでしょうね。

 

支払いの手続きは2通りありまして

  • 郵便局振込方式
  • 販売店回収方式

郵便局振込方式は郵便局で手数料を振込をして、指定場所(持ち込みをするところ)にご自身で持って行くやり方です。

販売店回収方式とは家電量販店に引き取りを依頼して回収をしてもらうわけですが、家電リサイクル料金の他に運搬費用を別途支払う必要があります。運搬費用は品目にもよりますし、お店によっても異なりますが、一つあたり数千円はかかるでしょう。

例えばテレビなどは一家にテレビは数台もありますから、廃棄だけで1万円以上かかってしまいますね。総額だと結構な金額になります。ネット上では「こんな悪法!」とかなりご立腹の方もいて、その不満を書き込んでおられる方も多くいます。

どうにか安くならないの?と思う方もおられるでしょうから、その他の方法でご紹介していきます。

まだ使える家電リサイクル品

リサイクルショップ

まだ使用が可能な家電リサイクル品であればリユースとして販売してみてはいかがでしょうか?約10年以内の物であれば売れる可能性もあります。5年を過ぎたようなものの場合は、リサイクルショップに買取依頼はさほど値段が付かないと思って下さい。しかしフリマアプリを使って自分で売ればそこそこな値段になるかもしれません。発送は家財宅急便を利用すれば発送できます。もしくはジモティーのような無料掲示板で募集を募る方法もあります。ここでは要らない人と欲しい人を繋げてくれます。条件が合えばあなたが要らないとするものを引取に来てくれるというわけです。ただ故障品は無理ですし、汚れの酷いものも貰い手が少なくなるので、最低限として清掃はした方が良いです。

海上コンテナ

その他には中古家電の輸出業者に出すという方法もあります。これも動作するものが前提です。液晶テレビなどで画面が割れてしまっていたり、バックライトが切れて映らないようなものもです。海外では日本で使用された家電品は人気ですので多く輸出されています。リサイクルの観点から見ると、リユースした方が環境への負荷が少ないのは間違い無いです。リサイクル(再資源化)するためにも多くのCo2は出されてしまいます。であればリユースの方が少なくなるのは至極当然です。

家電リサイクルを国内で集めて部品を取り出して再資源化するのが目的のこの法律ですが、わたくしの個人的な感想で言えばそれであればもう少し費用を抑えても良いのではないのかと思います。そして持ち込み出来る場所をもっと増やすべきではないかと思います。郵便局で振込を済まし指定場所に持って行けば収集運搬費は支払う必要はありません。しかしその指定場所の数は少なく誰でも持って行けるわけではないということになります。それでも冷蔵庫や洗濯機といった大型家電は自家用車で運べるようなものではありません。家電リサイクル協会のやり方であれば結局は電気店を利用して引き取りを依頼しなければいけない。それなりの費用を支払わざる負えないという結果になります。やはりもっと使い易いようにしなければ私たちユーザーも納得いかない人が増えるばかりです。

まとめ

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・衣類乾燥機といった品目は現在は粗大ゴミでは捨てれない「家電リサイクル品」という扱いになります。家電リサイクル協会が進めるやり方としては郵便局で振込をして指定場所に持ち込みするか電気店に回収依頼をするかのどちらかになります。いずれも家電リサイクル費用は必要で品目によって費用が異なります。

それ以外の処理方法としては、まだ使える売れるものなら中古として買取に出すやり方があります。その他では輸出業者への持ち込みというのもありますが、どこにでもあるわけではないというデメリットもあります。

いかがでしたでしょうか?家電リサイクル品の処理の仕方をそれぞれご紹介いたしました。処分のお役に立てれば幸いです。