貴金属を売りたい。その種類や純度の調べ方。相場についてお教えいたします

貴金属

貴金属の買取

売れる貴金属
要らなくなった貴金属を売ろうと思うときにまずはどんなものが売れるのかご存じですか?
金色に輝くものであれば何でも売れると思ったら大間違いです。
金属にも種類があり、その中でも高値で取引されるものは限られています。
そこでどんなものが貴金属として売れるのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

貴金属の素材・種類

種類は大きく分けて3つ
貴金属として種類を大きく分けると3種類になります。
一つはゴールド。つまり金です。
二つ目はシルバー(金)。三つめがプラチナ(白金)です。
金・銀の次は銅?というわけにはいきません(笑)。
銅は非鉄金属としては高値ではありますが貴金属としてジュエリーに使われることはあまりありません。
ホワイトゴールドやピンクゴールドというのもありますが、これはゴールドにパラジウムを混ぜて作った合金がホワイトゴールドで。ゴールドと銅を混ぜて作った合金がピンクゴールドです。ホワイトやピンクを出すために合金にすることによって色目を出します。
いずれにしてもゴールドを元にしているので種類としては分かりやすい3種類としておきます。

純度とその調べ方

金とシルバーとプラチナといった貴金属はそれぞれ純度というものがあります。純度が高いというのは、混ぜ物が少ないということです。混じりっけ無しの金は「純金」と呼ばれますが、非常に高価になってしまうため別の貴金属を混ぜて合金を作ります。

指輪の裏側に刻印が打ち込んであるのですがそこには”K24”や”18K”というのは見たことないでしょうか?これが純度を示すものです。数字が大きいほど純度が高いです。中には14Kや10Kというのもあります。

プラチナの場合はPt950やPt900という刻印があります。日本で生産されるプラチナのジュエリーにはpt900が多く海外ではpt950というのが主流で純度が高いことになります。

これと同じくシルバーにもsilver950と刻印されていたりします。これよりも数字の低い純度の低いものもあるのですが、シルバーの場合はあまり純度が低いと買取出来ないお店が多いということも覚えておいてください。

最後にホワイトゴールドやピンクゴールドというのもありますが、これは金を使った合金です。ホワイトゴールドはWGと刻印され、金とパラジウムを混ぜたものです。ピンクゴールドは金に銅を混ぜたものです。いずれも24Kではなく18Kの純度です。そしてそれよりも低いものもほぼありません。

どのようなものに使われているのか

金を使った製品で多いのが「指輪」です婚約指輪や結婚指輪。宝石がついた指輪など。これらをスチールや真鍮やシルバーで作ることは逆に珍しく。ほとんどが金やプラチナで作られるものが一般的です。

ピアスにやネックレスに使われることもあります。アクセサリーの場合は重量が増すため、軽く作れるアイテムには貴金属が使われるのですが、ブレスレットやチェーンやブローチのように重量が増すものにはほとんど使われていません。使われていても一部のパーツだけであったりすることが大半です。金色に見えるものはメッキです。刻印があったとしても24KGPとなっているでしょう。24KGPと刻印のあるものの価値や評価

あとは歯に使われていることがあります。純度としては10K、もしくは14kくらいです。その他には時計にも貴金属が使われることがあります。非常に高価なモデルには18Kや18WGが使われることがあり、裏蓋に刻印があったりします。

貴金属が良く使われるアイテム

  • 指輪
  • ピアス
  • ネックレスの本体
  • 細いチェーン
  • 時計

どこに刻印があるのか

ジュエリーには純度を示すものを打刻します。指輪であれば裏側です。ピアスなど小さなものでも打刻をします。そうでなければ金であるという証明が出来ないからです。チェーンの場合は留め金具の辺り。すごく小さな刻印ですので、ルーペのようなものでないと見えないかもしれません。

この刻印があるか無いかによっても買取に大きな差が出ますので、まずはこの刻印の有無を見つけましょう。

どのようなお店で買取しているのか

貴金属を買取しているお店は最近は増えています。駅前辺りにはブランド品などと一緒に買取をやっているお店や、リサイクルショップなどでも買取をしているところもあります。しかしこれら以外に専門店というのもあります。貴金属だけを売買しているお店です。私がおすすめをするのは専門店での売却です。その理由は価格が一番高く売れるからです。先に述べたショップの場合だとその日の相場の70パーセントから75パーセントくらいが買取の金額になることが多いです。(それ以上に高く買ってくれても後から手数料を引かれるケースもあります。)しかし専門店の場合だと相場の90パーセント程度で買ってもらえることもあります。もう一つの特徴としては打刻の無い物でもX線の機器を使って調べてくれるというメリットがあります。

例えば金歯には打刻なんてありません。しかしこの機器を使えば10金なのか14金なのかが分かってしまいます。もちろん指輪でも打刻が無くても調べることは可能です。このような機器は非常に高価なので、一般的な買取店にはおいてありません。ですので、打刻が無い場合には「買取できない」もしくは「無料引き取り」ということになってしまいます。(仮に持ち帰ったとしても調べようがないので捨てるだけになってしまいますよね)

こういった理由から私が金を売る時は専門店にお願いしています。

専門店ってどんなところ?と思われるでしょうが、CMとかでも聞いたことがある「田中貴金属」のようなお店のことです。

もしくはネットジャパンというお店も日本の各地に店舗があります。ネットジャパン

貴金属の価格は相場によって決まる

貴金属の価格というのは相場によって変動します。常に同じではないため1年前と現在で売った時に金額に差が出ることはまれではありません。
以前はプラチナというのは採掘量も少ないため高い貴金属とされていましたが、数年前から金が高騰し始めて今ではプラチナとさほど変わらないくらいにまで推移しています。1グラム当たりで数千円という価格ですから非常に高価です。

毎日価格は変動をしていて、世の中が不安な時になると高騰したりします。Covid19が発生して2020年の夏には1グラム当たり8000円近くになる高騰ぶりです。しかしこれがずっと続くわけではなく、また価格は下がったり上がったりを日々繰り返すわけです。ネットで調べれば最新の相場がすぐに見られますから、上昇を始めた時に売却されるのがベターです。

しかし金は不況に強い資産とも言われるもので、紙幣に価値が無くなったとしても残ります。そういった人気で手放さないという方が多いというのも事実です。

まとめ

貴金属を売却する前に、手持ちの物がどんな素材でどのくらいの純度なのかをしっかり見極めましょう。売りに行くお店の情報をしっかり押さえて、手数料なども把握することをお勧めします。ちょっと遠いなと思っても、その手数料の違いが貴金属の場合には買取価格に大きな差が出るものです。お店の下調べをしてから売却するのが一番最高値で売れるコツです。

【関連記事】

洋銀と刻印のあるものの価値や評価

スポンサーリンク