放置バイクというのは駐輪場などに無断で置いてあるバイクのことです。住人や駐輪場契約者である場合が多いですが、まれに盗難バイクが乗り捨てられて放置されていることもあります。そのままにしておくのは美観的にも良くないですし、そういったバイクがあることで放置の連鎖や部品盗難の犯罪の温床ともなりかねませんので早めの対象が必要になります。

原付バイク

バイクの撤去

バイクの撤去を行うにして手順があります。まずは盗難車でないことの確認です。これは最寄りの警察・交番のお巡りさんでも構いません。盗難車ではないという確認をしましょう。これで盗難車でないと確認が出来たら放置車両を撤去するための書面を作成し警告。そして撤去の流れになります。

盗難車でないかの確認。もし盗難車であれば警察が撤去します。

警告文を作成。警告 〇月〇日までに バイクを撤去してください。期限を過ぎても放置されている場合は撤去を行います。といった内容でバイクに貼りましょう。雨や風に飛ばされないように工夫してください

期限を過ぎたら撤去開始

撤去が出来る境界線

バイクがどこに置いてあるのかでも、撤去が出来る出来ないがあります。それは私有地かどうかということです。これをご覧になられている方はおそらく私有地の管理者の方だと思いますが、もしそのバイクが私有地でなければどうなるでしょう?もし公道にあるのなら勝手に撤去は出来ません。それは張り紙をしてもです。迷惑なところに駐輪していても公道であるならば無理です。もしそれを移動したいのなら警察かもしくは行政に相談しなければいけません。あくまで張り紙で撤去できるのは私有地の中だけということになります。

撤去するまでの期間とその後

撤去の旨を書き記した警告文を貼ったら最低でも2週間は置いておきましょう。持ち主が定期的に駐輪場に訪れて張り紙を見るとも限りません。期間が短すぎる場合には持ち主からクレームになる場合もあります。そういったことを避けるためにも長めの期間が必要です。

もし撤去後にクレームとなった場合、逆に無断で駐輪していたことに対して請求をしたという話も聞きます。持ち主からすれば自分のバイクが無くなったことで腹をたてるかもしれませんが、管理者側からすれば長い期間無断で駐輪していれば、その金額分を請求するのは妥当かもしれません。結局、支払いに関しては相殺という形で終わるようなことが多い見たいです。

バイク業者への依頼

警告が済んだ後にバイクを撤去するわけですが、その際にはバイク回収業者を依頼することになります。費用がかかるケースもありますが無料で引取り出来ることもあります。

買取マルシェバイク処分費用

まとめ

放置バイクは美観的にも良くなく、犯罪の温床になるかもしれませんので早めの対象が必要です。

警告文をバイクに貼って移動を促し、もしそれでも移動しないようなら撤去の流れになります。※警告の前には盗難車の確認をしておきましょう。

撤去のアナウンスが済んだらバイク業者を手配して撤去という流れになります。