原付バイク~125ccのナンバー廃車

どんなバイクにもナンバーが付いています。バイクが不要となった時にはナンバーも廃車しなければいけません。、そんなナンバーの廃車方法をお教えいたします。ここでは原付バイク50cc~125ccまでの排気量についてのご紹介です。

ナンバー廃車手続き

ナンバーというのは廃車手続きをしなくてはいけません。外して捨てるというのはダメです。そして廃車手続きをしなければずっと税金を払うことにもなります。そのナンバーを管理しているのは排気量によっても異なります。

50cc~125cc

126cc以上

50ccから125ccまでのバイクというのは市町村で管理しています。

126cc以上のバイクは陸運局が管理しています。

排気量によって管理しているところが違い、125ccまでは市町村へ行きことになります。

市町村での手続き

廃車手続きをするために市町村に行きことになるのですが、行先は税金を管理している部署です。それぞれの市町村で名前は違いますが、「課税課」といったところです。

廃車の申請をするための用紙は直接行ってもらうことも出来ます。「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書」という名前です。ダウンロードする場合は「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書 〇〇市」と検索するとその市町村のダウンロードするページが出てきたりします。仮にその市町村のものが無くても用紙は全国共通ですので、他の地域の物でも構いません。※市町村のところの名前だけを書き換えてください。

記入の仕方

軽自動車税廃車申告書兼標識返納書の書き方は ナンバーをもらった時に受理する標識交付証明書というのが手元にあると記入しやすいです。そこにはバイク”名義人” ”車名” ”型式車台番号”など全ての情報が記載されているからです。

軽自動車税廃車申告書兼標識返納書 記入例

手続きにかかる費用

廃車の申告に費用は特にかかりません。無料で行ってくれます。

手続きに持っていく物

 

廃車の手続きに必要なのものは以下の通りです。

認印

免許書・身分証明書

ナンバープレート(紛失の場合は書類の記載にナンバー無しと記載します)

手続きが終わると

廃車手続きが終わると廃車証明書がもらえます。バイク自体がスクラップになるのであれば関係ありませんが、仮にバイクを転売するための廃車の場合には、この廃車証と譲渡書を次のオーナーに渡すことになります。きちんと廃車しましたよと明確に分かるからです。

もしくは自賠責保険がまだ残っている場合に、前のバイクから次のバイクに保険を移し替える時にも旧いバイクの廃車書を保険会社から提出を依頼されることがあります。

遠方の市町村の場合

いま住んでいる場所とバイクのナンバーの市町村が離れている場合の廃車方法は郵送で”軽自動車税廃車申告書兼標識返納書”を送ります。全て記載をして印鑑も押して、管理している市町村の課税課に送ります。廃車書を送り返してもらうためには、返信用の封筒に宛名を入れて切手を貼って同封します。その時にはナンバーも同封しますから送りの封筒は大きめが良いでしょう。切手は定形外になります。

この方法であれば現地に出向いて手続きをしなくても済みますから簡単にできます。

廃車手続きが終わった後のバイクの廃車

バイクの廃車手続きが終わって不要なバイクがあるなら引き取りは回収業者に依頼が良いでしょう。車種によっては無料で引取りしてますから。

買取マルシェバイク引き取り費用

まとめ

原付~125ccまでのバイクの廃車方法をご紹介しました。市町村で手続きが出来るので、意外と簡単に出来るのがお分かりになったでしょうか。遠方の場合も郵送で出来ますから手間なく手続きが出来ます。廃車をする予定がありましたら是非実践してみてください。