暮らしの中での不用品の片付けのお手伝い。お客様に代わって粗大ゴミや廃品といったものの運び出しから処分代行までをサポートいたします。

お忙しい方や女性やご老人にも安心してご利用いただけるサービスです。

不用品回収の引き取り内容

家電や家具や日用品・雑貨など、家財道具の全般の引き取りとバイクやピアノといった大型の物も引き取りが出来ます。

少量でも大量でも問わずで不用品処分を行います。

家財品の引取り処分

生活で使う家財道具の引き取りいたします。家電品や家具など、どんなものでも構いません。引き取りは1点からでも可能

 

  • 家電品リサイクルの引き取り

特定家電引き取り

冷蔵庫や洗濯機・エアコン・テレビ・衣類乾燥機というのは家電リサイクルという粗大ごみでは収集していません。こういった物以外に小型家電も引き取りいたします。もちろん高年式(5年以内が目安)であれば買取いたします。⇒家電回収料金

  • 家具の引き取り

家具もお部屋から搬出

不要な大型家具もお部屋から運び出しを含めて引き取りいたします。
ガラスの扉が付いた食器棚や本棚というのは、大きく重量もあります。運び出しは手間のかかるものですが、こちらで全て行いますのでご安心ください。⇒家具回収料金

  • 日用品雑貨の引き取り

身の回りの日用品雑貨

自転車やキャンプ道具やベビーカーなど、普段使ってたものの不用品引き取り。
状態問わずで引き取りいたします。⇒日用品雑貨回収料金

  • オフィス用品引き取り

オフィス整理

オフィスの中の整理、オフィスの移転・閉鎖などで出る不用品の引き取り。家具やパソコン機器など全て残置物は全て撤去行います。⇒オフィス家具回収料金

不用品処分のケース

引っ越し日まで使いたいけど、その後は必要なくなる不用品や引越しの準備でスペースを確保したいから、早めに処分しておきたいものなど、移動の時には色々な要らないものが出てきたりします。スムーズな引越しのためにも不用品回収でアシストいたします。希望日に合わせた日時指定が可能。

 

一軒分の家財処分

近年増えているご依頼の中で一軒分まるごとの”家財処分”があります。
ご自分の自宅のみならず、ご親族の住宅の中の家財処分をされる時にご相談されることが多いです。
まとまった量でなかなか作業が進まない。大きなものがあったりしてご自身では不安ということが理由の多くです。
家財処分の処分費用や目安

遺品整理

遺品整理も不用品回収と同じく、ご相談されることが多い内容です。
どのように整理を進めれば良いのか分からない。
全部捨てるわけにもいかない。選びながらの整理が必要など、作業にも慎重さが要ります。
遺品の買取も含めてのご提案が出来るのが”買取マルシェ”の強みとも言えます。⇒遺品整理の進め方

空き家片付け

空き家を処分しようと思ったら、まずは中に残った残置物撤去が必要です。
ずっと空き家のままというのも、税制的にもこれからは不利になっていきます。空き家の有効的な活用方法を見つけ出して早めの対処が必要です。そのためにも不用品の処分から始めることをお勧めします。
 

引取り出来るもの

お家の中の家財品の家具・家電・日用品雑貨・衣類・オフィス用品・本などなんでもお引取りいたします。
 

不要なバイクも引取りできます

不要になったバイクの無料回収と買取を行っています。

無料引き取り出来るバイク

メットインスクーターやギヤ付きのバイクを無料で引き取りしています。
不動車であっても構いません。廃車手続きも含めて無料で行います。
実動車であれば買取もします。

バイクの引取りと廃車手続きが無料
 

粗大ごみ引取りでご相談を多くいただくランキング

粗大ゴミとして処分したいけど、大きくて重たくて処分出来ない物。どんなものがご依頼されるのかランキングでご紹介いたします。

1位、ベッド引き取り

ベッドマット自体が、シングルサイズでも横幅90センチ×190センチのサイズで運びにくいものです。さらにベッドフレームを解体しなければいけなかったリ、中には引き出し付の物もあります。

中には脚付きの一体型のベッドもありますが、重量がさらに増します。
運び出しが手間でご相談されることが多いものです。

2位、食器棚

食器棚は大きな物だと横幅120センチ高さ180センチくらいはあります。上下で分割したりもしますが、ガラスが付いていると重量も増しますし、まず一人では運び出し出来ません。これもなかなか手間のかかるアイテムです。

3位、タンス

タンスは小さな物であればご自身でも運び出せるものもあり、種類も様々です。しかし和ダンスや婚礼家具などで揃えたようなタンスの場合は、重たいしっかりした木を使っていることもありかなりの重量になります。重たいものでは80キロくらいになりますし、大きな物をお部屋の中から玄関外まで出すのは慎重な作業になります。こういった点でご相談されるケースが多いです。

メリット・デメリット、粗大ごみ収集と不用品回収業者

粗大ごみは、それぞれの地域の”粗大ごみセンター”に申し込みをして、手数料のシールをコンビニや郵便局で購入してシールを貼り、収集日の朝に出しておけば立ち合い不要で職員の人が持ってくれます。最大のメリットは手数料が安いことですが、運び出しや収集の日にち指定などは出来ません。

それに比べて不用品回収業者の一番のメリットといえば、仕分け不要で運び出しも全てしてくれるということです。

そして、日時指定も出来ますから、自分の都合に合わせて回収の依頼が出来ます。さらにゴミではないものの”買い取り”が出来るので、環境にも優しくとってもエコです。

お部屋の片付けで一番面倒なのが「仕分け・分別」なんですが、これを全部できるってすごく楽ですね。

大型の家具などは、自分で運び出しをする時は壁への傷などが心配になります。

プロならではの運び技で搬出していきます。安全のための装備や道具も備えているので安心です。

サービスの対応エリア

サービスは東京都や神奈川県が対象です

買取よりも地域が限定されています

東京都
足立区|荒川区|板橋区|江戸川区|大田区|葛飾区|北区|江東区|品川区
渋谷区|新宿区|杉並区|墨田区|世田谷区|台東区|中央区|千代田区|豊島区|
中野区|練馬区|文京区|港区|目黒区
狛江市|多摩市|調布市|三鷹市|
神奈川県川崎市
川崎区|幸区|中原区|高津区|宮前区|多摩区|麻生区
神奈川県横浜市
青葉区|旭区|泉区|磯子区|神奈川区|金沢区|港南区|港北区|栄区|瀬谷区|
都筑区|鶴見区|戸塚区|中区|西区|保土ヶ谷区|緑区|南区
記載の無い地域もお取引の量によってはお伺いしています。
 

料金・お見積り

処分したい品物をお伝えください。簡単に電話でお見積りが出来ます。

単品合計での総額費用や積み放題などのプランを利用した場合の費用など、お客様のお荷物の量から、最適で格安な料金になるように算出いたします。

「メール問い合わせだけではよく分からない・・・」こんな時には、やはり電話問い合わせが一番です。

積み放題の定額回収プラン

少量から大容量までボリュームに合わせての各プランがあります。

ワンルームの片付けや、一軒家の家財処分にも利用可能です。

最安のエントリープランは9800円~

不用品トラック積み放題プラン

 

ご依頼から引き取りまでの流れ

まずはお見積り

お見積りはお電話、もしくはメールにて可能です。家財処分や遺品整理など大量な引き取りの場合には現地での無料見積もりを行います。量が多い場合、お電話などでは概算となり正確な金額が出せません。実際に現地で行うことにより誤差が少なくなります。

お日にちの選定

お見積り金額にご納得後に作業日の選定を行います。お客様のご都合に合わせてお日にちをお選び下さい。
お時間帯は午前か午後の指定となります。

作業日当日

回収日の予定時間帯にお伺いいたします。到着前にはドライバーより到着時間のお知らせの電話が入ります。ドライバー到着後にご予約いただいたお品物の搬出作業をお行います。当日に追加で不用品
が出た場合にはドライバーにお伝えください。その時に出た追加分も対応いたしますのでご安心ください。
まとまった大きな片付けの場合。作業開始の時にはご挨拶と作業についての確認をいたします。
その確認後の作業終了までのお時間はお客様のお立合いが必要ない場合には現場より外されても構いません。作業終了近くになりましたらお電話いたします。
作業終了後にお部屋の中を確認していただき終了となります。

作業終了

不用品引き取りの作業終了後はご確認後に清算となります。
現金でのお支払いとなります。
※法人様、会社等の場合、請求書払いが必要な場合には対応いたします。
お手続き等はご確認ください。

ご依頼いただいたお客様の声

川崎市のお客様

急な片付けで困っていた時にネットで見つけて電話してみたところすぐに対応してくれた。いくつか問い合わせした中ですぐに来てくれたのここだった。

横浜市のお客様

引越しの片付けで、冷蔵庫や洗濯機を処分したかったが、処分の方法が分からなかった。相談してみたところ丁寧に教えてくれて、料金も高額と印象でもなかったので、依頼することにした。作業はまさにプロ。あっという間に終了。手間なく終れて助かった。

東京都のお客様

家財処分で依頼でいくつか問い合わせをしてみた中で、見積もりの対応が良かったことで依頼することにした。 安心して見ていられる丁寧作業。料金も作業品質共に満足な内容でした。

片付けを希望されている方、まずはご相談ください。

 

メールででのご相談の方はこちらから

メールでのご相談のかたはこちらから

引取りのお品物・もしくは作業内容を記載の上ご相談ください。