大田区で「弓」と「矢筒」の買取

古くて誰も使わなくなった弓道具の弓と矢筒の買取の事例をご紹介いたします。売却のご参考にお役立てください

大田区へ出張買取

弓道具の売却のご相談で、大田区へ不用品買取に伺いました。営業所からも近く、いつも行き慣れている場所なので足取りも軽いです。「久我原」という地域なのですが、ここの頻繁に通ります。

買取は弓道具だけではないので、その他の家財道具のご相談も多くいただいています。

何でも今回のご相談者の方は、お母さまが使用されていた弓と矢筒を売却されたいそうです。ご相談者の方ご自身は使わないので不要ということになったそうです。しかしゴミ処分するのはもったいない?ということで調べられて、当店にお問い合わせいただきました。

《関連記事》

大田区の不用品買取

弓道具の買取のご相談

弓道具というのはどこのショップでもしているわけではなく、いろいろ探されたそうです。あるにはあるけど遠方であったりして出張では来てくれないこともあります。当店では竹弓や矢筒やユガケ、矢といったものを買取しています。弓の素材としては和弓は竹を使いますが、練習用としてはカーボンを使ったものもあります。(価格が安いので練習用に使われることが多いです。)矢も竹で出来ているものもあればジュラルミンのものもあります。買取としてはどんな種類の物でも行っています。

竹弓と矢筒とは

竹弓は一本の竹を曲げて弓の形にしていく工芸品です。とても技術の要るもので、手作業で作られているので作業コストも非常にかかり、価格は高価なものが多いです。矢筒とは矢を入れるものですが、籐で作られているものや漆で作られるものなど種類も様々。デザインによって人気や評価が分かれます。

弓

矢筒と矢

《関連記事》

弓道具の買取

買取の状況

今回のご相談の物はすべて竹弓でした。弓が全部で6本、そして矢筒と矢です。弓道具の査定の評価はどんなところで決まるのか?ですが、作家の名前(銘)材質や状態によって査定額が変わっていきます。拝見した弓は6本のうち2本が作家物で永野一翠と森茂夫の作品でした。矢筒は籐で出来たものが多かったです。矢は結構傷みが激しかったですが、引き取りは可能です。そしてユガケも2つありました。

作家物の弓が含まれている場合は買取はプラス査定になることが多いです。こちらでは2本もありましたので買取金額としては数万円単位になってきます。お客様に金額を提示したところ快諾していただきお譲りしていただくこととなりました。

買取までの流れ

弓矢、矢筒の買取は基本的には現地で拝見をして査定を行っております。それというのも輸送が最近は面倒になってしまい、宅配買取がやりにくくなっているからです。ですから、足を運び実際に見て買取をする流れとなります。

遺品整理や家財処分で出てきたなど、状態を問わずまとめて査定いたします。

お客様の声

価値が分からずどう処理すれば良いか分からずにいて、予想していたよりも高く買ってもらえたとご満足いただけました。確かに知らずに捨ててしまえばゴミになってしまいますからね。

弓道具の処分買取のご相談はお気軽にどうぞ。

お問い合わせ

フリーコール0120803820

川崎市宮前区でオーディオの出張買取

川崎市宮前区にお住まいのかたからオーディオの買取相談をいただきまして、出張査定をさせていただきました。オーディオのほか家電や雑貨などを含めた買取となりました。

オーディオの買取

ご相談をされる目的となったのが「オーディオ」類で、お引越しに伴って不要となったそうです。以前のお住まいと間取りが変わってしまったということと、もう使わないということで整理をされることにしたそうです。アンプ・チューナー・スピーカー・CDプレーヤー・レコードプレーヤーを拝見いたしました。

ハイグレードなオーディオ機器

見させて頂いた機種というのは中々のハイグレード機種。年代は結構古いです。しかし古くてもハイグレードの物は人気があります。まずスピーカーは「スペンドール」というイギリスのメーカーです。老舗ですね。サランネットに傷みはあるもののその周りは大丈夫です。小ぶりながらも雰囲気のあるスピーカーでした。アンプはラックスマンのL-100という機種。デザインは古めかしいものです。しかし当時の最上位機種なんです。CDプレーヤーはマランツ、レコードプレーヤーはテクにクスのSP-15という機種です。これも中々の逸品です。どれもハイグレードなものばかりでした。

高級機は非常に重たい

グレードの高い機種というのは見た目とは裏腹に非常に重たいです。特にアンプは重量あります。スピーカーも大型のものとなると運び出しも難しくなります。今回のスペンドールは小型ですから持ち運びはまだ良かったですが、ターンテーブルやCDプレーヤーなども結構な重さはありました。

出張買取なら運び出しの手間が無い

今回のようなオーディオ機器を買取店まで持ち込みするとなるとそれなりの車も必要になりますし、お部屋から車までの移動というのも結構な手間になるものです。今回のお住まいはマンションでしたが、お部屋から下までの移動距離はそこそこありました。台車とかがなければ、手運びでは大変すぎます。そういった苦労も想定して「出張買取」でご相談して頂きました。出張買取ならスタッフが運び出しをしますから、重たいオーディオ機器であっても心配ありません。

オーディオ以外の買取

当店はオーディオのみの買取というわけではありませんから、その他の絵画や複合機といったものも買取させていただきました。売れるものであればなんでも買取ですから、不要なもの全部まとめてご相談に乗ることが可能です。

買取が出来ないもの

オーディオ製品はどれもハイグレードなものなので買取は出来ますが、中には買取できないものもあります。今回は転居後の整理ということで、オーディオ以外にお部屋の中に収まらないものを不用品として整理したいということでしたので、「布団」や使わない「ラック」も一緒に持っていって欲しいということでした。普通の買取屋さんでしたら売れるものだけしか持っていかないのが普通ですが、当店は不用品の引き取りも同時に可能です。お部屋の整理のお手伝いが出来るというわけです。

宮前区の買取の対応

宮前区の地域はご相談をいただいて、(当日の予約状況にもよりますが)即日から対応可能です。このお客様も午前中にご相談をいただいて、午後には伺うことが出来ました。トラックの積荷は結構ギリギリでしたが何とか積めました。

買取とお支払いの流れ

オーディオ機器とその他の不用品の引取りを相殺して計算をし、お客様に結構頑張った数字を出させて頂き(笑)、ご了承いただき成約となりました。いつもそうですが、ご納得いただいてから作業を始めさせていただいております。

出張で査定を行った後に査定金額を提示させて頂きますが、もし買取金額にご納得いただけなければ断って頂いても構いません。