高く売れる着物と売れない着物

数多くある着物の種類

着物と一言でいってもその種類は実に多いです。簡単なところで言えば振り袖、留袖、訪問着など。出かける場所によっても着る着物を選ばなければいけません。何を着ても良いというわけではありません。ルールやマナーが多く複雑でもあります。

着付けの難しさということや現代の若者のスタイルにそぐわなくなり、着物を着る人も随分減ってしまいました。その証拠にご自宅に和ダンスってありますか?和ダンスというのは着物を入れるためのタンスです。中古ショップでも見かける機会がめっきり少なくなりました。

そんなことで着物離れというのは進んではいますが、もちろん今でもニーズはあります。

古着の着物を探す

新品で着物を買おうとするとそれなりの値段はします。そして反物から購入して自分の身体のサイズに仕立ててもらおうとすると、総額費用は結構な高額になってきます。

もっと普段着のような感覚で着たいと思えば古着で探すのも良いです。基本的に柄は古典的な物が多いですが、それでも現代的なアレンジが加わるものも最近はありますから、中古の場合は昭和レトロの柄が見つかったりもします。絶対数が少ないので、気に入った柄の物が見つかった時にはすぐに買うべきです。古着はいわば出会いのようなものなので、逃してしまうと次に巡り合うのも難しくなります。サイズが合わないものでも、ある程度は直しが効くのが着物の良いところでもあります。

着物を売りに出したい

古着で着物を探している人もいれば、その逆に処分したいと思っている人もいます。ではどんな着物が人気があって売れるのでしょうか?着物はいつに買ったということよりも、どこの着物なのか?どんな種類なのかによって売れ行きが異なります。例えば大島紬や結城紬や正絹で作られた着物は評価が高いです。着物には証紙が付きますから、そういった物を保管しておくと古着として売りに出す時には評価されやすいです。後は柄ですね。図柄も評価の大きなチェック項目になります。不人気な柄の場合は評価も下がってしまいます。

保管状態

良い着物ほど管理は重要です。管理が悪いと着物へのダメージは大きいです。色が変わってしまったり、虫に喰われて穴が開いてしまったりと。和ダンスに入れて防虫剤を入れたり、時折タンスから出してあげることも必要です。こういった管理がされていないといくら高級品の着物でも台無しになってしまいます。そしてそれを売りに出した時に大きく差が出てしまうことにもなりかねません。

買取の目安

着物を古着として買取に出した場合にどのくらいの価格が付くのかが気になるところですね。結城紬などの新品の反物で数十万円はして、それを仕立てた総額は百万単位もざらです。買った金額に見合った買取になるのでは?と思われる方も多いと思いますが、需要と供給のバランスから考えるとそこまで高い金額での取引はされないのが現実です。オークションサイトを除いてみると分かりますが、古着の着物であれば数千円から購入できます。

後は振り袖は買取は難しいと思った方が良いです。やはり古着で振り袖を購入したいと思う人が少ないという理由が反映しているようです。買ってもらえたとしても、他の着物と併せての売却であったり、少額での買取になるケースが大半です。後は家の家紋が入ったような着物も売却は難しいです。

一般的な訪問着や留袖、色袖などで数千円~数万円が買取の目安となってきます。

着物以外のもの

着物以外に帯や帯留め髪留め、かんざしといった装身具がある場合、こういったものも売却は可能です。ものによっては着物よりも高くなる物もありますのでご注意です。物が小さいので、ゴミとして捨てられるケースも多いです。かんざしでは鼈甲で作られている物や蒔絵で仕上げられているものは高級品です。ただ古いというだけで処分してはいけません。

まとめ

着物を売却する時は証紙などで、どこの着物なのかを確認しましょう。振り袖や家紋が入った物はいくら高いお金を出して買った物でも、売却は難しいと考えてください。着物以外の小物アクセサリーもゴミ処分する前に着物売却と併せて査定することをお勧めします。

中古品買取りの査定、高くなるものに共通すること。

不要になったものを売りに出す時にはいったいどんなものが高くなるのでしょうか?

また買取りの査定で評価されやすいものは何なのか?をご紹介いたします。

世の中にある全ての物を中古品として売るときには、新品より値段が下がらないものや逆に高くなるものというのがあります。

代表的な例でいえばエルメスの”ケリーバッグ”です。元々が高価でもありますが、安定して高値を維持しているバッグです。

次にはロレックスの時計。偽物も多いアイテムですが、本物は高く評価されます。使用頻度や状態にもよりますが、比較的高く買取りされます。

これらはいわゆる”テッパン”の商品です。入荷すればすぐ売れてゆく商品のため、利幅を少なくとも買取りしたい商品です。

では、同じように高額なもので、将棋の碁盤があります。安いものもありますが、高級品だと数百万円するものもあります。しかし、これらがエルメスのように高値で中古買取りをしてくれるかといえばそうでもありません。それというのも、将棋盤は誰もが探しているようなものではないので、売りに出しても買い手が見つかるまで長期間の保管をしなくてはいけません。そのため利幅も多く取る必要があり、価格に比べて買取りの価格は高くはなりません。

このように需要によっても買取りの価格には大きな差がでます。

需要とは別に高値になるもの

人気商品とは違う意味で高くなるものもあります。それは”希少性”です。絶版物のオモチャや雑貨などもプレミアで元の買い手より高くなるものは多くあります。しかし一過性な人気で高くなるものは旬を逃して売りそびれると安値に戻る場合もあります。いずにしても骨董品、絵画、古道具、茶道具、軍装品、切手、コイン、陶器といったもので高値になるものを探そうとしたら希少なものだけです。そうでなければ一つずつで値段はつかず、まとめてでいくらのような買取りとなります。

作家物、ブランド物

人気の作家が作った工芸品や美術品、ブランドの家具というのは古くてもその価値は評価されます。もちろん状態にもよりますが、同じアイテムでもノーブランドの新品よりも高い評価になるものは多くあります。例えば、某家具量販店の新品の椅子と”イームズ”の何年も使った椅子と比べてどちらが高い評価になるかといえば、もちろんイームズです。カッシーナやアルフレックスといった物も同じです。

絵画なども同じで、いくら上手に描かれていて高い値段で買ったものであっても、中古としての買取りの査定を出した場合に有名な作家のものでなければ中々買取りは難しいです。買取り業者もリスクを背負って高値では買取りしません。全てのジャンルで言えることですが、作家性の物やブランド品が高値傾向といえます。

まとめ

各ジャンルの物それぞれありますが、中古処分する時に高値になりやすい物の特徴としては人気の商品で稀少性の高い物。ブランド物や有名な作家の物ということになります。骨董品や古道具系は作家の名前が分からないと分からないことも多いと思いますが、検索をこまめにすれば分かる情報も出てきます。もし人気作家の物をもっていたなら意外な金額で売れるかもしれませんよ。

そして、間違えてはいけないのが、高値にはならなくても売れないというわけではありません。業者に査定をしてもらった場合に、買取にはならず無料引き取りになるようなレベルの物でも、ご自分でこまめにオークションサイトを利用して販売することは可能ですよ。

 

中古タイヤの買取についてと、オークションサイトを使った販売方法

中古タイヤ

使用可能なタイヤ
中古タイヤというのも現在はショップの増えていますし、ユーザーも安く手に入るのならということで、ユーズド品であっても気にせず購入する人が増えてきています。その種類も軽自動車からトラックまでと幅広く売られてはいます。
もちろん使用可能なタイヤであるのが前提すが、その中古のタイヤの買取りというのはどのような価格なのか?どのような状態なら買取してもらえるのかが気になるところですね。その辺りについてご紹介していこうと思います。

 

 

タイヤの状態

中古品として再販することが目的ですから、タイヤの溝が無ければいけません。スリップマークが一か所でも出てるものは当然アウトです。そして3分山4分山というのもギリギリといったところでしょう。商品と並べてもあまり魅力のないものになります。
大体1本あたり1万5千キロから2万5千キロが消耗の限度であれば、走れる距離は5000キロ~8000キロくらいといったところでしょうか。距離を走る人ならワンシーズン持たない可能性もあります。
中古としてでも5分山以上は欲しいところですね。
経年劣化が酷いタイヤの場合はタイヤにひび割れが起きてきます。
タイヤの性能としては深刻な問題ではないかもしれませんが、買取や売買を行うにあたってはマイナスになりまそうです。

 
サイズや種類によって高価なタイヤ

タイヤにも種類があります
タイヤは種類もサイズも豊富にあります。その種類によって価格は変わってきます。
軽自動車のタイヤはサイズも小さく。安価なタイヤが豊富にあります。新品で買っても安いもは多いので、このあたりのものは中古を選ぶより新品といったところでしょうか。
乗用車の場合でエコノミーな車種の場合、タイヤん幅や扁平率というものは車に合わせてエコノミーになっています。あまり幅広で扁平率の高い(見た目で薄くなっている)タイヤはノーマルでは使用していません。この類もメーカーを選ばなければ比較的に新品でも安価に探せそうです。
これに反してスポーツカー系のタイヤというのは扁平率も高く、幅広のタイヤになり1本当たりの価格も高価になっていきます。さらにパンクしても走ることが出来るランフラットタイヤという特殊なタイヤは非常に高価です。
スポーツカー以外でもタイヤが大型化することで高価になります。
タイヤの径が19インチや20インチというものは18インチのタイヤから比べると一気に価格が上昇します。
高価な類のタイヤであれば中古といっても需要は見込めます。

 

スタッドレスタイヤの中古

スタッドレスタイヤというのも中古ではあります。しかしスタッドレスの場合にはタイヤの山より年数が気になるところです。それというのも冬用タイヤは使用の期間が年間を通してみると少ないです。そして冬用タイヤは雪道で使う目的のためで、ノーマルタイヤよりも柔らかく作られています。この柔らかく作られたタイヤが経年劣化によって硬化していくのです。タイヤに溝や山があっても硬くなってしまったタイヤは雪道では最大限の効果を発揮できません。
それなのであまり古くなったスタッドレスの中古というのは売るにも買うにも難しくなるといったところでしょう。

 

 

アルミ付き中古タイヤ

タイヤには大して価値のない状態であってもアルミホイールが付いていることで中古品としての価値が見いだされるものはあります。カー用品の販売店モデルではなくアルミホイールメーカーの物は人気もありますから、ホイールだけでも売ることはできます。
逆にカー用品店のアルミホイールの場合は若干のプラスと考えた方が良いでしょう。

 

 

 

中古タイヤショップでの買取

中古タイヤショップで買取りを依頼する場合には基本は持ち込みになります。出張で買取りに来てくれるところがあるとすれば逆に珍しいかもしれません。
タイヤ4本を持ち込みするにも運ぶ車を用意しないといけないのが面倒なところですね。
その価格もランクはあります。アルミ付きであればランクは高いですし、溝の状態や経年劣化も査定に考慮されます。
新品の上代から中古の買取り価格が算出されますから、元々が高いものはある程度値付けできますが、安いものならば買取り不可で無料引き取りとなるか有料での引き取りになるかといったところです。
      

個人売買で売ってみる

オークションサイトでタイヤ出品することも可能です。ご自身で写真を撮って出品すれば完了です。
配送についてが気になるところですが、梱包はタイヤの側面に段ボールを当てて梱包します。2本まとめての場合には結束バンドをクロスで結っておけば大丈夫です。
もし梱包が出来ないという場合は”ヤマト運輸家財宅急便”というのがあります。梱包代分で送料が高くなります(落札価格に多少影響します)が、手間なく発送が可能です。メリットとしては業者を飛ばして直接ユーザーとの取引となりますから高値で売ることが出来ます。しかし業者でないということ、出品時の写真の撮り方・評価信頼度などによっては落札されないといったこともあるのがデメリットです。
  

まとめ

中古タイヤも売れる

状態や年式等によってはタイヤも中古品として売買は可能であります。
しかし状態やグレードによって買取が出来るものとそうでないものが分かれてきます。
●使用可能なタイヤのみ中古品として売買可能
●上代が高価なタイヤは中古も高い
●人気アルミホイールがついているものはさらに査定額アップ
●スタッドレスタイヤは経年劣化で硬化するので注意
●オークションサイトを利用して高価売買

 

使わない切手、余ってしまった切手をどうする?換金率などやショップについて

切手の売買

売れる切手
切手というのも買い取りショップがあり、そこで売買されていたりします。そのレートは一体どのくらいなのでしょうか?
10円~50円くらいの額面の低いものだとおおよそ60%程度。
高いもので98%くらいで買取りしてくれるものもあります。しかしこのレートは額面だけでないようです。
その辺りをもう少し掘り下げて見ましょう。

 

 

 

切手の買取りショップ

切手の買取りは金券ショップと併せて行っているところが多いです。
それ以外はブランドバッグや貴金属を買取しているショップでも買取を行っているところが多いです。
ショップに訪れなくても郵送での買取りの対応をしているところも増えてきています。
 

換金率には幅がある

バラよりもシート売りが換金率アップ
バラで売るのは枚数が少なければ計算も大したことないですが、数百枚単位のバラとなると買取するほうも大変です。売る時も手間もかかるので、効率の悪い商品となってしまいます。
そういった点からもやはりバラ売りは換金率が低いです。逆にシート売りの場合は52円の100枚シートであれば、おおよそ85%以上で換金してくれるショップもあります。このように換金率はシート売りがかなり優遇されています。
収入印紙も同様に買取りしていますがこれも100枚のシートがおおよそ95%に対して、バラ売りだと80%くらいと15%くらいの差が出ます。同じ100枚で比較すると3000円の差が出ます。大きいですよね。それならば売るよりも使い切ってしまう方が良い場合もありますね。

 

 
1枚から買取してくれるのか?

バラ売りで1枚から買ってくれるかはそのショップ次第と思います。記念切手ならバラでも買うとかそのお店によってのルールは異なります。持ち込みする前に問い合わせをすることがベターですね。
以前は切手ブームもあり、ご両親がコレクションとしてブックに入れてあったりしてあるものが見つかったりするケースもあります。
特に珍しい切手であればもちろん1枚からでも買取もしてくれますし、プレミアムなものであれば想像以上の金額になるような切手も存在します。
こういった切手に関してはきちんとした知識を持ったショップに出さないと、「額面の〇〇%でお買い上げさせていただきます」なんてことになったら大変です(笑)

 
プレミアムなものはおおよそ決まっている

高値になる切手というのは新しいものではないので、すでにその情報というのはおおよそ取得することは可能です。日本の切手であれば「見返り美人」や「月に雁」といったもの。ネットで画像検索すればどういった物なのかすぐに調べれます。
それ以外では中国の切手が高値になります。1960年代から1980年代あたりの物です。「赤猿」や「オオパンダ」などは特に有名です。これも画像検索できます。
しかし数が少ないからこそプレミアムなわけで、中々巡り合う機会も少ないのが現実なんです。そういった切手を保管していたなんてかなり幸運です!
他の世界のではギニアの最古の切手なんてのが、オークションで9億で競り落とされたなんてニュースも入ってきたりしましたが、これも現実的な話ではありませんね(笑)。
決まった図柄の物だけでなく違った意味で高価になる切手もあります。
硬貨のことでは聞いたことがあると思いますが、50円玉の穴の位置がずれている、「エラーコイン」というのは高値になります。
それと同じようエラー切手というのも存在します。
今考えると「何で検品せずに世の中に出てるのだろう?」って思っちゃいますが。
いずれにしてもエラー物は硬貨であり切手でも人気と言えますから高く売れることは間違いないです。
    

  
プレミアム切手の売買

プレミアムな切手の場合は先ほども書きましたが、額面の何%で売るようなものではありません。
ご自身がそのことを知っていれば、それを分かっている知識のある業者に依頼をすることをお勧めいたします。
コレクションブックの中身を何も知らずに持って行けば二束三文で買取りという業者もいますのでご注意ください・・・

今の時代はある程度ネット検索できますから下調べすることも可能です。
信頼できる買取業者が見つからなかった場合にはオークションサイトを使って売るというのも方法の一つです。
一つ一つ写真を撮ってアップしてと手間のかかる作業(業者なら当たり前)ですが、自分で出品すれば落札金額は高いものになります。
  

切手を売買する仕事を始めたい時

切手は買って売ってで儲けれる金額は、その1枚当たりの金額は非常にわずかで、薄利多売なものです。これを商売にするというのであれば個人の顧客だけでなく法人などの大口の顧客を確保することがカギになるともいえます。
会社では大量に保管した切手を持っているところもあります。会計の期末などに棚卸的に換金することがあるとかないとか。税務上でこれが正しいやり方かどうかは分からないですが、買取する側からは特に問題にはなりません。これ以外にも多くのケースはあると思いますが、大量仕入れが出来なければ廃業となってしまうケースはあります。
以前取引していたお店もなかなか集まらないということで廃業してしまったことがありました。金券と同様に集客に尽力を注がなければいけない商売と言えますね。

まとめ

きちんとした知識を持って売りに行く

切手や収入印紙といった物も買い取りしてくれるショップは多くありますが、そのお店の特徴を事前に調べて持ち込みすることをお勧めいたします。
●換金率は大体60%から97%くらい。
●バラ売りよりもシート売りが換金率アップ。
●バラ売りはお店によっては買取しないところもあるので問い合わせすべき。
●プレミアムな切手は通常の買取り店でなく知識を持った業者に販売。もしくはオークションを使って自分で出品。

転売ビジネス(せどり)の始め方

 

転売ビジネスをするための方法

せどりの方法
転売ビジネスと言うと何か悪い気もしますが、インターネットを使って行うビジネスが一般の人に知られ始めていると思います。ヤフオクやメルカリやebayといったオークションサイト。それぞれで仕入れたものを同サイトもしくは別のオークションサイトで売るやり方を”せどり”といいます。
そんなので儲け出るの?と思われる人もいると思いますが、例えば海外のオークションサイトのebayで落札したものを日本のオークションに出品します。海外の輸入品でレアで人気になりそうなアイテムなら思わる価格で落札されることもあります。その逆に日本では安く落札できたものが海外のオークションに出品したら高く落札されたというケースも多いです。
もしくは落札した品物を自分のショップで売るという仕入れとしてのやり方もあります。
特に地方のおもちゃの中古ショップではレアな商品を持ち込みで来る人は少ないと思います。しかしネットオークションであれば日本全国の人から仕入れが可能になります。
転売ビジネスはこのように利益を出していきます。商売で行っている人もいますが、最近広がりを見せているのは副業的に始める人が増えているというのが一番の理由かと思います。右から左の商売で気軽に始めれますが、相場を間違えると思ったほど儲けが出ないというのがデメリットともいえます。

 
古物市場でのせどり

許可が必要な古物市場
古物市場というものがありますが、ここは許可を持った者同士がやり取りする市場です。
その許可というのが”古物商許可”といわれるものです。この市場では主に業者の仕入れで使われるためその価格は非常に安いです。その安さが一番の魅力ともいえます。しかしその許可を取るには警察へ提出する申請書があり、手数料もありますから気軽に取得とはいきませんが、本格的に始めるなら敷居の高くない許可です。
この古物市場で行われる競りの価格はどこも同じというわけではありません。
Aという市場では古道具の相場が高く、Bという市場での相場が低いことがあります。

これは市場としてのジャンル違いで、競りに買い付けに来るバイヤーの種類が違うためです。リサイクルの家財品が集まる市場で古道具が売られていても、それを競るバイヤーがいなければ高値にはなりません。
安値で買えた古道具を、古道具のバイヤーが集まる市場で再び売ることによって儲けを出すやり方です。
これは相場感を持っていなければ出来ないことなので、上級者向けともいえます。
古物市場で仕入れたものをオークションサイトに出品するというのが一番やりやすい転売方法です。
     

 

 
古物市場の手数料

古物市場では安く仕入れも出来ますが、歩銭といって手数料を払う必要があります。売れた品物の5~8%といったところです。これはヤフオクでもそうですが出品手数料と同じようなものです。
それ以外にも出入りする人数分のお金がかかったり、品物を積むトラックを敷地に置くための駐車料金がかかる場合もあります。
それは市場によって異なるので、それぞれ問い合わせする必要があります。

 
フリーマーケットで仕入れる

商品集めにはフリマで仕入れるという方法もあります。
フリマは各地域で主に個人の人が出品することが多いので、ガレージセール的に安く仕入れが出来ます。プロではないので、自分の私物を楽しみながら売って儲けが出ればいいという人が多いので、安めで買えることがバイヤーとして魅力といえるでしょう。
フリマには個人だけでなくプロも存在します。不用品として集められたものをフリマで出品に来る業者もいます。
個人の人たちよりも価格は少し高いかもしれませんが、荷量が多いのが一番の魅力といえます。転売時に売れる物も多く持って来ている可能性が高いです。
      

ネットショップを始める

ネットオークションサイトや古物市場やフリーマーケットといったところから仕入れが可能な環境があります。
ではどうやって売るのかですが、上記したようにヤフオクで売るのも方法の一つですが、ネットショッピングとしてECサイトを構築するという方法もあります。
ネットショッピングの最大のメリットは店舗を持たないことによる固定費の削減です。
ショップといっても自宅で始めることが出来る。一部屋倉庫代わりの部屋に品物を入れて、注文が来ればそれを発送する。マンションでもアパートだって構わないわけです。
自分でECサイトを作ったとしてもなかなか検索してもらえないというのが最大の悩みになると思いますが、”楽天”や”Amazon”といったところで中古商品を売ることも可能です。出店には費用はかかりますが、規模によってそのコストも変わります。小さく始めるなら少ない費用となります。
今のネットの検索環境からすると自分でサイトを作っても上位表示させるのは難しいところがあります。長いものに巻かれろではないですが、大手のサイトに登録するというのも否めないかもしれませんね。結果、最終的に利益が出せれるビジネスになればよいわけですから。
  

転売ビジネスで失敗をしないために

転売ビジネスをする時には注意することもあります。
売ってはいけない物を買わないということです。よくあるのがブランド物の転売です。
本物と思って売ったら、実は偽物だった。これは知らなかったでは済まないことになります。本物かどうかを鑑定する力が備わっていなければ、決してこのジャンルには踏み込まないことです。
あとは危険な商品には手を出さない。例えばモデルガンや模造刀といった物です。モデルガンも以前は売っていた古いもので、今では販売禁止となっているものもあります。
改造することによって危険なものになる物が存在します。
お爺さんの遺品などで軍刀などがあったりすることもあります。刀などの取り扱いは法律で
厳しく罰せられることもありますので注意が必要です。これを知らずに販売すると自らが責任を負うことになります。
その他には写真のプリント(プラチナプリント)に使う薬剤などで取り扱えない物があります。薬剤の一部は許可が無ければ譲渡も販売も出来ません。
このように古物商の許可だけでは出来ないものや、取り扱ってはいけない物がありますから仕入れをする時には十分に注意する必要があります。

まとめ

複合で利益を出す

副業ではなくビジネスとして転売行うのであれば、一つのやり方だけでなく複合してやることが最大の利益を出す一番の近道ともいえます。
●オークションサイトを使っての転売
●古物市場で仕入れたものをオークションサイトに出品する
●フリマで仕入れてオークション出品。もしくは市場へ出品
●オークションサイトや古物市場やフリマで仕入れた物を商品としてネットショップを始める
●仕入れ品には注意をする

 

リサイクルショップやネットオークションのための古物市場での仕入れ方

 

買取りをするための方法

買取りの方法の種類
一言で買取りと言っても、ユーザーの性質の違いによって買取の方法も変わってきます。
例えばバイクや車のような買取りの場合には、大量の広告を打つ必要があります。テレビやラジオをはじめ、ネットでの広告などです。その費用も膨大な金額となりますが、台数の決まった中古車ですから1台でも多く集めるためにはそれなりの費用が必要といったところでしょうか。
ユーザー一人一人からの買取りで成り立つと言えます。
バイク商も美術商も事務機器商もユーザーからの買取りは非常に大切なものになります。
それとは違って市場から仕入れという方法もあります。

 
古物商の市場market  antique

古物市場
古物市場というのは古物商許可を持った者のみが出入りできる市場です。
各地域にその市場はあり、おもに倉庫のようなところで開催されます。
市場の競りの日はその市場ごとのルールで決まっており、大体は週に1度のペースで行われます。
買取りしてきた業者は競りが行われる前までに品物を持ち込み待ちます。
その市場というのも種類があります。美術品を多く買う市場はその道のバイヤーが集まります。家電品や家具などのリサイクルを多く扱う市場にはショップのバイヤーが仕入れ目的で訪れます。
車やバイクなどのオークションもすでに市場として確立されています。
このように一般のユーザーから買取が出来ない場合には市場で仕入れも可能です。
     

 

 
古物市場の利点

古物市場の最大の魅力というのは安く仕入れが出来るというところです。
商売をするにあたって一番重要なことと言えます。
安く仕入れが出来なければ、販売時に利幅をとれず徒労に終わってしまいます。
しかし市場の中でも競りが行われるので同業のバイヤーと入札競争があるので上手く買えるようになれるかが鍵になると思います。

 
古物市場の場所

古物市場というのはどこにでもあるわけではありませんが、日本の各地にあります。
それぞれのジャンルに分かれていますので、自分が仕入れしたいジャンルの物を扱っている市場を探す必要があります。
骨董品や古道具を仕入れ、リサイクル系の家具や家電の仕入れ、バイクやオートバイの仕入れ、それぞれの市場がありますから見極める必要があります。
「〇〇県 古物市場一覧 公安委員会」とかとネット検索すると、それぞれの県の古物市場が出てきます。探し方は色々ありますから別のキーワードでも試してみてください。
その市場に出入りするには入会金が必要になるところが多いと思います。
見学は可能だと思いますから、市場へ実際に足を運んで自分にあったところを見つけるのがベターです。
  

市場で仕入れたもの

仕入れたものを販売する

市場で仕入れして物はお店がある場合は店頭で販売をすることになります。
しかし近年は実店舗が無くても商売が出来るようになってきました。
それはヤフーオークションの存在です。店舗での販売を目的ではなくネットショッピングに特化している業者も数多く増えてきました。その仕入れのために古物市場を利用するのです。自分の得意のジャンルが集まる市場へ仕入れ目的で訪れます。
またこれ以外に”せどり”目的で市場に買取りに来るバイヤーもいます。
古物市場から別の古物市場へ。Aという市場で買った物がBという古物市場ではもっと高く売れることがあります。
そんな商品を選んで買取して市場を渡り歩く古物商も存在します。
このように上手く市場を活用して利益を出すことが出来ます。

 

   
インターネットでの仕入れ市場

ヤフーオークション以外にも近年では多くのオークションサイトが生まれました。そのオークションからオークションへと”せどり”が可能です。
日本国内でも複数ありますし、海外で有名なものであれば”ebay”というオークションサイトもあります。海外の品物をオークションで仕入れて、ヤフーオークションで転売するというやり方です。
オークションでなくても最近は”Amazon”も中古品を取り扱うようになってきましたから、中古通販というやり方も可能になりました。

買取りするために  

買取りをするためには古物商許可が必要です。許可が無ければ古物市場への出入りも可能ではありません。許可の申請自体は簡単なものですから中古品ビジネスに興味があるのであればまずは古物商許可がスタートと言えます。

古物商許可申請とその方法

 

リサイクルの仕事を始めるJob recycle

リサイクルの仕事をするには必要な許可がある
リサイクルのしごとを始めるにあたって許可が必要になります。その許可というのが「古物商許可」です。
まずリサイクルといってもそのジャンルは細かく分かれていきます。
一般的によく耳にするリサイクルショップは家電品や家具などを取り扱いするショップ型の業態です。
しかしこの古物商というのはリサイクルショップだけではありません。
バイクの買取り販売も古物商の許可が必要になります。その他では車やパソコンや自転車など中古品として買取して再販をするビジネスをする時にはこの許可が必要になります。

 
古物商の許可の方法acquisition  permission

許可取得
古物商の管轄は警察署になります。ひな形の申請書類に記入をして営業店がある最寄りの警察署に提出します。この時にですが、賃貸の物件の場合には住居用のまま申請できないことがあります。
事務所や店舗として借りているのならば問題ありません。しかし実店舗のないようなネット販売を行う場合には契約を書き換える必要があったりしますから、不動産業者と相談しましょう。
そして無事にクリアが出来たら申請となります。
ただしこの申請書類は分かりにくい書き方をしているの事実で、警察の署員が親切丁寧に教えてくれるかというとそうばかりではありません。
そんな分からない時には行政書士に申請の依頼をするのも手です。
行政書士というのはいわゆる代書屋さんです。申請などのプロですから間違いもありません。少しばかり費用は掛かりますが、分からないまま頭を抱えて書類とにらめっこするよりかは良いかもしれません。安いところでおおよそ3万から4万くらい(激安であれば5千円くらいもあるにはあります)が手数料になります。
さらに申請の時に警察署に19000円の費用を支払いますので、トータルすると5万~6万くらいが必要になります。
この申請が通れば警察署に許可書を受け取りに行きます。
     

 

  
古物商の許可の種類

古物商許可にも種類があります

古物商の許可は13品目の許可の種類に分けられます。
美術品。衣類、時・宝飾品。自動車。バイク・二輪車。自転車。写真機類。事務機器類。機械工具類。道具類。皮革、ゴム製品類。書籍。金券類といったジャンルです。
自分の扱いたいものを申請書類に記入します。
複数を同時に申請も可能ですが、将来を見据えての申請というのは難しいようです。
業務拡大により追加変更というのは比較的に容易なので、後からの申請がベターと思われます。
最初に複数申請すると質問なども増える傾向があるそうです。

 

   
許可を得た後

許可取得後には晴れて買取と再販のビジネスが出来るようになります。
公安委員会から許可番号が発行されます。
営業店には古物商許可のプレートを掲示することになります。

買取りするための方法  

許可取得後は買取を始めることが出来ますが、一体どこから買取をすればいいのでしょうか?業種によっても買い取りする方法が異なってきます。
⇒様々な買取方法を探す

金券、商品券の売買。売却の方法と換金率について

金券の売買

売れる金券
金券ショップというのは質屋さんやブランドバッグや貴金属を買取しているショップで買取り可能です。
しかしどんな金券でも買取してくれるのでしょうか?
主に買取りしているのは新幹線の切符も金券として買取可能です。その他ではクレジットカードのギフト券。ポイントと交換でもらえたりもしますね。後はビール券やデパートの商品券もそうです。お歳暮でもらうこともありますね。そのほかではタクシーカードや図書カードなど。
この辺りが良く知られてメジャーなところだといえます。できることなら安値では売りたくはないですね。肝心の換金率はどのくらいでしょうか?

 

換金率には幅がある

店舗によっても率が異なる
換金率と言っても全ての金券がすべて同じではありません。その金券によっても率は異なります。
おおよそ70%から高いもので98%とそれなりに幅があります。やはり売り出したらすぐになくなるものは高い換金率になると思われます。
クレジットカードのギフト券やタクシーカードやデパートの商品券は95%前後とかなり換金率は良いです。
客寄せにしても売るにしても高回転なので集めたい商材かもしれませんね。
商売として金券ショップを始めたいのであれば、その儲けは数パーセントということになりますから、薄利多売で大量に仕入れるルートの確保しないとビジネスとしては成り立たないものになります。個人のお客様だけでなく大口の顧客の確保が必要でしょう。
おおよそお店の換金率はどこも同じようなもので、その違いは数パーセントです。少量の場合の換金であれば色々お店探しをしてまでする必要もないかもしれませんが、しかし大量に金券を持っている場合にはその数パーセントでも差が出ますのでしっかり吟味する必要があります。近くのショップであっても大量であれば交渉によってはそのレートを上げてくれるかもしれません。交渉の価値はあります。

 
持参する時には枚数と金額を控える

金券やギフト券や商品券を持ち込みする前にはその枚数と金額を控えておくべきです。
これは少量であればすぐ分かることなんですが、大量の場合にはそのお店による”ごまかし”というものがあるということです。
もちろん全てではありませんが、そういったショップも存在しているということを知ったうえで、そういう被害に会わないためにも自ら自衛をするために控える必要はあります。
枚数や換金率を少しずつごまかす手口が多かったりします。
換金した後に間違いがないか検算をしましょう。

 
その他、優待券やチケットなど

株主優待券やコンサートチケットというものも金券ショップでは買取の取り扱いをしています。株主優待券の場合は記名式の場合は身分証明書の提示を求められる場合があるので、他人が持ち込みをしても買い取りしてもらえない場合があります。
コンサートチケットに関しては買取りはしてもらえると思います。しかし購入する側の方への注意としては金券ショップやオークションサイトで購入した場合には入場できないようなケースもあり購入には多少のリスクがあります。最近のコンサートの入場に関する規制が厳格になってきてることが背景にあるようです。
     

 
金券を使用する時の注意

金券はわずかであっても安く利用出来るものとして節約には非常に効果的なものと言えますが、その使い方にも注意する必要はあります。
それは節約のための利用なのについつい多く購入しすぎるということです。
必要以上に購入してしまえば節約の意味がありません。逆に無駄遣いにもなりかねません。
そして利用する時ですが、金券や商品券は基本的におつりが出ません。足りない分は現金か(利用できれば)クレジットカードで補足して支払う必要があります。
クレジットカードのギフト券もそのショップによって使えるところと使えないところがあります。
例えばVISAのギフト券は使えるがUCギフト券は使えないといった例です。
安く購入できても購入したいお店で使えなければ意味がありません。。
  

金券の危険な換金

金券はお金に代用されるものであり使い方を間違えると危険なことにもなります。
その例としてクレジットカードを利用して現金化するということです。クレジットカードで購入した金券は売りに行けば現金に変えることが出来ます。これを利用して換金しようと思えば可能です。しかしクレジットで購入するということはその支払いがやってきます。
手持ちの現金が無いためにこういった裏技で現金を得るというのは非常にリスクがあります。複数のカードで同じように現金を得ても支払いが増えるだけです。
決してこのようなやり方で金券や商品券やギフト券を換金するのはお止めください。

まとめ

きちんとした知識を持って売りに行く

指輪やなどのジュエリーやアクセサリーすべてが貴金属として売れるものばかりでないというものが分かったかと思います。事前にこういったことを知っていれば損することなく効率よく換金することが可能になります。
●換金率は大体70%から97%くらい。
●クレジットカードやデパートの商品券やタクシー券はおおよそ95%の換金率。
●持ち込みの前には額面を控え、換金率と照らし合わせて検算する。
●大量の持ち込の場合には数%でも金額に差が出る

フリーマーケットに出店、フリマで仕入れでリサイクルビジネス始める

フリーマーケット
物の売り買いにはフリーマーケットというものもあります。自分の私物などをガレージセールのような形で販売をします。出品するものも出店する人によっても個性が出てきます。値付けも自由に設定をして販売できますし値下げも自分の意志で下げることも出来ます。
そんな楽しみながら出品して不用品をお金に換える人が増えてきています。

参加者acquisition  permission

フリーマーケット参加者
マーケットにもよりますが、個人で出店している人もいますが業者として出店している人も多くいます。そのためバリエーションが豊富になることで購入者としては見どころが多くて楽しいものになります。
どうしても個人の私物だけでは商品としての厚みが足りなくなります。そんな時に業者が参加していることで幅が出てくるのがメリットと言えます。
価格も店舗で購入するよりかは安い物も多いので、思わぬ掘り出しものに出会えるかもしれません。

 

開催場所

品川のフリマと世田谷の骨董市

品川のフリマで有名なのが大井競馬場で行われるフリマです。
週末土日に開催されることが多く時間は朝9時~15時まで
車で来るときは駐車料金は500円~1000円必要です。
車出店できるファストチケットというものがあります。
トラックやワンボックスカーに荷物を積んでそのまま出店できます。
費用は6000円+出展料4200円かかりますので、大量に販売する業者さん向きではあります。
さらに2ブースしようする場合のブランクスペースを利用する場合は2000円の費用でサービスブースが利用できます。

手持ち出展料は3200円です。
出店出来るものは新品・中古品・手作りの物です
人気のフリマなので一度足を運んでみる価値はあります。
場所:東京都品川区勝島2-1-2
最寄駅:京急線「立会川」駅徒歩10分
東京モノレール「大井競馬場前」駅徒歩3分

世田谷のボロ市
ボロとは衣類や布のことを言いますが、売られているのは古道具や骨董品などがこの市では多いです。
骨董好きの人には良いマーケットと言えます。
食器類や雑貨などアンティークの品がたくさんです。
こちらに出店している人はどちらかというとプロの業者さんがメインと言えます。
それなので品ぞろえも豊富と言えます。
楽しみ方としては買い物だけではなくその沿道にあるお店でで食べ歩きが出来るのもこのボロ市の魅力とも言えます。
場所:世田谷区ボロ市通り
最寄駅:東急世田谷線世田谷・上町駅下車、   東急・小田急バス上町停留所下車

 

   
フリマで仕入れ

個人や業者が出品するフリマですが、この場所を使って転売のための仕入れとして活用も可能です。特に個人の人たちは自分の私物を売るわけですから、仕入れの金額があって「絶対この金額で売らなければ」という金額設定はありません。なので、交渉によっては値下げしてくれることもあります。皆さん売れ残って帰るより手ぶらで帰りたいですから。
業者出店の場合でも同じです。業者といっても回収専門であったりしますから、出来れば売り切りたいところなんです。
買い手はまとめて買ってそれをばら売りしたりして利益を出す。これが常套手段といったところです。
例えば古いレコード盤や食器なんかもまとめて安く買った中からヒットも出たりします。
細かく見ていかなければいけない作業なので向き不向きもありますが(笑)、ヤフオクなんかを使って出品すればきちんと利益は出していきます。
中古品の展示会場みたいな感覚ですね。
同じような仕入れ業者もいますので先手必勝で朝は早めに動くことが大事です。
良いものはすぐに売れてしまいます。

売るも買うもそれぞれでのフリマ  

出店側としても購入側としても面白味があるフリマです。ショップ運営をしていても売れ残るのはありますから、こういったフリマで在庫セールで処分出来るのは効果的です。それを安く買える購入者はお買い得といったところでしょう。
上に上げた地域のみならず各エリアでフリマは行われています。自分に合ったフリーマーケットを見つけるのが楽しみと言えますね。




貴金属を売りたい。その種類や純度の調べ方。相場についてお教えいたします

貴金属の売買

売れる貴金属
要らなくなった貴金属を売ろうと思うときにまずはどんなものが売れるのかご存じですか?
金色に輝くものであれば何でも売れると思ったら大間違いです。
金属にも種類があり、その中でも高値で取引されるものは限られています。
そこでどんなものが貴金属として売れるのかをご紹介していきます。

 
貴金属の種類

種類は大きく分けて3つ
貴金属として種類を大きく分けると3種類になります。
一つはゴールド。つまり金です。
二つ目はシルバー(金)。三つめがプラチナ(白金)です。
金・銀の次は銅?というわけにはいきません(笑)。
銅は非鉄金属としては高値ではありますが貴金属としてジュエリーに使われることはあまりありません。
ホワイトゴールドやピンクゴールドというのもありますが、これはゴールドにパラジウムを混ぜて作った合金がホワイトゴールドで。ゴールドと銅を混ぜて作った合金がピンクゴールドです。ホワイトやピンクを出すために合金にすることによって色目を出します。
いずれにしてもゴールドを元にしているので種類としては分かりやすい3種類としておきます。

 

 
純度によっても価格は違う

金とシルバーとプラチナといった貴金属はそれぞれ純度というものがあります。
指輪の裏側に刻印が打ち込んであるのですがそこには”K18”や”Pt900 ”や”silver950”といった刻印が打ち込んであります。これが打ち込んでない場合には売りに行った時には金属を測定する機器を持っていない業者の場合だと買取してもらえないことが多いです。
これはそれぞれの純度を記したものが刻印されています。制作の過程で必ずといって刻印されます。
純度100%の貴金属というのは一般的でないので、ここの説明では割愛させていただきます。金の場合はKで始まるのですが24Kが純度の高いものといえます。その次が18K。これが価格の面からもメジャーといえます。そして最後が14Kです。ジュエリーとして使われることもありますが、歯の金歯で使われたり万年筆の先端に使われたりもします。
ホワイトゴールドに関しては”WG”の頭文字が入ります。純度を表す数字は金と同じです。ピンクゴールドは”PG”となります。
シルバーの場合には”silver”とはいっているものもありますが、数字だけで、900とか950と刻印がある場合があります。数字が大きいほど純度が高いです。
最後にプラチナですが。日本で流通しているプラチナは”Pt900”が多いです。余談ですが、海外の例えばイタリアではPt950でないとプラチナとして扱わないというルールがあるため日本のPt900ではイタリアでは認められない物になります。
売買に関しては関係のないことですが(笑)。
話を戻して、同じゴールド・シルバー・プラチナといっても純度によって価格が違いがあることを覚えておいてください。その日の金属の相場にもここに書いたようなあるような表記によって価格の違いが出てきます。

 
貴金属の価格は相場によって決まる

貴金属の価格というのは相場によって変動します。常に同じではないため1年前と現在で売った時に金額に差が出ることはまれではありません。
以前はプラチナというのは採掘量も少ないため高い貴金属とされていましたが、数年前から金が高騰し始めて今ではプラチナとさほど変わらないくらいにまで推移しています。1グラム当たりで数千円という価格ですから非常に高価です。比較的に安定しているのはシルバーです。
シルバーは元々の価格も安価であるため、売買する時には数多くでないとあまり大した金額にならないのがデメリットです。

    
アイテムによっては売れない物がある

貴金属として売買できる高価なものは主に指輪が中心になります。
ネックレスやブレスレッドやイヤリングは真鍮に金メッキをしてあることが大半です。
ブルガリやカルティエといったブランド製や少し成金のような人が好むようなお店で売られているような数十万から数百万円で買った物であれば金を使っているとは思いますが、一般的には使われることは少ないです。
その理由がネックレスやブレスレッドというのは重量のあるもので、それを金やプラチナで作った場合のコストは高価になりすぎて売れない物になってしまうからです。
指輪の重量は2グラムくらいから。男性の結婚指輪でボリュームのあるもので、せいぜい10グラムくらいです。
このように貴金属だから売れる!と喜んでも実はただの金属ということがあります。
必ず刻印を確かめてから売りましょう。
刻印があったとしても24KGPというのはメッキなので、これも売買は難しいです。
  

持ち込みによる売買

貴金属を売買するところは、駅前などによくある貴金属やブランドバッグなどを買取するところと、貴金属や宝石のみを買取するところがあります。お店の名前は違えど、業態は同じように行い前者はいたるところあります。
メリットは家の近所のどこかにはあるので手軽に売りに行けるということです。
後者の貴金属と宝石のみを取り扱いしているようなところは買取りの金額は高いのがメリットですが、店舗の数も少なく探すにも情報が少ないため見つけにくいのがデメリットです。「金買います!」と看板が出ているようなショップも、ある程度の量が集まったら貴金属と宝石専門の所に持ち込み換金したりするのです。利幅はわずかですが、持ち込みする量を増やして少量の持ち込みの顧客より換金のレートを上げる交渉をすることにより利益を出すのがこの商売のからくりといえます。
しかしだからと言って、その一番高いお店を探して何キロも離れたところまで交通費を使って辿り着いても、近場のお店との差額は数パーセントです。
どちらが得なのかは売りに行く前にしっかり考えた方が良いです。

まとめ

きちんとした知識を持って売りに行く

指輪やなどのジュエリーやアクセサリーすべてが貴金属として売れるものばかりでないというものが分かったかと思います。事前にこういったことを知っていれば損することなく効率よく換金することが可能になります。
●売りたいアイテムが本当に売れる貴金属なのかを刻印を探して調べる
●売りたい貴金属の種類と純度を知る。
●買取りしてくれる業者を探して各店舗の買取の割合を調べる。
●その時の貴金属の相場をチェックして高値の時期に売りに行く。