不用品を売却するのは業者とフリマアプリとどちらが良いの?

不用品を売却しようとした時に、どこに売ろうと思いますか?業者に売るのも良いですが、最近では「フリマアプリ」もあるので、ご自身で売却されている方も随分増えてきました。しかしフリマアプリで売れば絶対高く売れるのでしょうか?その辺りについて今回はご紹介していきます。

フリマアプリで売れば高くなる物もある

フリマアプリ

自分で写真を撮ったりして手間暇をかけて出品するわけですから、業者に売るよりも高くなる物は当然あります。しかし商品のクリーニングや丁寧な梱包や発送など、業者が行うようなことをきちんとしなければいけません。最低限のことさえすれば業者に頼らなくても良いわけです。

商品説明をきちんとする

自分で売る場合には商品の説明を的確にしなければいけません。例えばDVDデッキを売ろうとした場合に、「年式」「型番」「容量」「付属品の有無」など、購入する人が知りたいと思う情報は説明したほうが良いです。もし何も分からなければ商品を購入したいと思う人は少ないでしょう。同じような出品があればそちらを選択されることになり、せっかく売りに出しても買い手が付かないということになります。

状態や動作確認も行う

商品の外観に関することは虚偽なく説明するべきです。少しでも高値で売ろうと嘘をついたりごまかしたりすると、後のクレームに繋がる可能性があるからです。傷がある場合はきちんと紹介すべきですし、動作するものの場合は確認を行ったかどうかを紹介するほうが親切です。動作確認していないものであっても販売は出来ます。ただし「動作未確認」というのは販売価格が若干安くなる傾向です。

フリマアプリで売りやすい物

時計

世の中にあるもの全てがフリマアプリで売りやすいわけではありません。上にも書いた通り商品として説明しやすい物が売りやすい物でもあるわけです。そして人が「欲しい」と思うものでなければ売れませんから、100均で買ったようなものを売ったところで買い手は集まりません。

希少性・プレミア感のある物、商品説明しやすい物をフリマアプリで売ると良いでしょう。

専門業者に売った方が良い不用品

古道具

自分でフリマアプリで売るよりも専門業者に売った方が良いものというのも当然あります。それは商品の説明が出来ないようなものであったりします。例えば親の家の整理をしていて随分古い物が出てきた場合、それらについて商品説明が出来ますか?ご自身の物でなければよく分からないものも当然です。判断に困るようなものについては自分で売ったとしても売れ残りが続いて徒労に終わることも多いでしょう。

専門業者は違う販路を持っている

古物の買取の業者というのは、ネットでの販売も実際に行っていますが、それだけでもありません。買い集めた物は「古物市場」と呼ばれる場所で競りで売却されていきます。この古物市場には一般の人は入ることが出来ません。許可を持った業者のみが買ったり売ったりが出来るのです。中には海外のバイヤーも混ざっていたりしますから、ネット販売では売れにくいものも古物市場では売買されていることも多いわけです。

骨董品や美術品・書道具・茶道具などで作者不明、もしくは書いてあるのが読めないなど、フリマアプリで売るには向いていない物は古物市場が適していると言えるでしょう。しかし一般の人は入れないため、こういった物は専門業者に売った方が良い類のアイテムだと言えるでしょう。

一般の人とプロの視点は違うところにある

ガラクタ

家財処分をする際に呼ばれることも多いのですが、お客様が「これは売れないかしら?」とおっしゃるものと業者から見た売れる物というのに差があるんです。時計やブランド品など誰にでも分かるような売れる物以外に、置物や飾りものなどでよくあります。売れるか売れないかは見た目の綺麗さではありません。最終的には誰が作ったもので、どのくらいの希少性があるか無いかが中古品として売れるわけです。どれだけ状態の良い物であっても価値のないものには買い手は付かないということなんです。

プロの業者は見た目だけでなく、どれだけ汚れていても価値を見抜く仕事です。ですので、提示されるものだけを買取するのではなく、どんな物を買取出来るのかを探すのも仕事の一部なわけです。

実際にお客様が提示された物には大した価格が付かず、こちらで探し出したものに価値があり、お客様にも満足されたケースは多くありました。それくらい視点に差があるわけなんです。

まとめ

手間暇をかければフリマアプリの方が高くなる物も多くあります。ご自身で購入された本物のブランド品や時計、ゲーム機やソフト・パソコン・オーディオといった商品説明が分かりやすい物はご自身で販売された方が高くなると思います。

その逆に家具のようなものや、骨董品や美術品などの専門的な知識を必要とするものは業者に売却するのが良いでしょう。家財処分や遺品整理といった大量にある場合も、ご自身で探し出すよりも探し出してもらうことの方が手軽に多く売却出来る可能性が高いです。

 

遺品であっても買取は専門業者が正しい査定が出来ます

最近は「核家族化」によって親と子が同居で暮らすことも随分少なくなってきました。その原因は購入する住宅が十分な広さでないということもあります。確かに地方の住宅で大家族の家というのは大きな家ですし、関東の住宅とは比べ物にはなりませんね。

関東圏での住宅は一軒家で約20坪~30坪くらいの面積で3LDK~4LDKというのが主流でしょう。これでは大家族が暮らすには手狭と言えます。それで別々に暮らしてしまうのですが、この別居によって親の「遺品整理」というものをしなくてはいけない時代がやってきました。

何も残さずに逝くというのは難しく、一軒分の整理ともなると作業も困難で業者に依頼をする人が増え、最近では遺品整理業者の数も急増しています。しかし作業費が高額など様々な問題が起きているのも事実です。

そこで遺品整理の費用の負担を少なくするために一番効果があるものとして「買取」というのがありますのでご紹介していきます。

遺品整理業者と買取業者との査定の違い

遺品整理業者も最近は買取も同時に行うところは随分増えてはきました。それでは買取業者とはどのような点が違うのか?というところです。遺品整理業者の場合は大きな枠で中古品として査定を行う傾向です。例えば家電製品の場合であれば年式などの記載があるので買取金額の算出も出しやすいです。家具に関してはブランドの有り無し。この辺りは比較的分かりやすいものです。しかし遺品というのは新しい物が少ない。それというのも高齢の方が使われているのですから、新しい家電が揃っていることの方が珍しいです。むしろ古いものの方が多いので、古い物が査定出来るということが遺品買取りでは重要なわけです。

買取を主体としたリサイクルの専門店は買取のジャンルの幅が広いことが多く、例えば「着物」であったり「書道具」や「香道具」といった高齢者が趣味や日常で使っていたようなものの査定が出来るというのが特徴でありメリットです。※このあたりのジャンルはリサイクルショップににもよります。

買取と遺品整理を分ける

時間的に余裕がない方は遺品整理と買い取りを同時に行うことを希望される方が多いかと思います。しかし時間に余裕があるのなら、買取と遺品整理を分けるのも良いでしょう。それというのも遺品の中で一番高くなりやすいものとして「貴金属」とか「高級時計」といったものがあります。金やプラチナといった貴金属は数十グラムだけでも数万円にもなります。ロレックスやオメガなどの時計もジャンクであっても値は付きます。この辺りのものは遺品整理業者でもなくリサイクルショップでもなく、「貴金属買取業者」「質屋」といったところに持って行くのが一番高くなりやすいですよ。

 

貴金属買取店では地金のその日の相場の95%くらいで買取してくれたりしますが、遺品せいり業者やリサイクルショップでは70%くらいが限界でしょう。時計なども本物と証明する物が無い場合は偽物の可能性があるので高く買えませんが、質屋さんには本物と偽物を鑑定出来る人がいますから、本物であれば適正な価格で買取してくれます。

このように買取と遺品整理の作業を少しだけ分けるだけでも金額には差が出てしまいます。

買取マルシェの遺品買取り

当店でも遺品の買い取りは行っておりまして、新しい物よりも古い物が得意としていまして、まさに遺品の買い取りには打って付けかと思います。

故人様の遺されたものを再びどなたかに繋ぐお手伝いをさせていただきます。

買取のジャンルは家財道具全般。売れるものであればどんな物でも買取は行っています。

買取品の状態

特に手入れの必要はございません。そのままの状態で拝見させていただければ査定は可能です。無理に掃除をしたりすると損傷の原因になる場合もあるからです。

査定・価格

古道具や骨董品などの査定・価格というのは時代・作家性・希少価値・中古市場での人気・お品物の品質といった複合的な要素で決まります。状況に応じて適正な価格で査定をさせていただきます。

対応出来る地域

出張での遺品買取りには東京23区内とその近郊の東京都の狛江市・三鷹市・調布市・多摩市・町田市

神奈川県では川崎市と横浜市を中心とその近郊地域の相模原市・藤沢市・鎌倉市・綾瀬市・海老名市などで買取の対応をいたします。

宅配による対応

遠方地域にお住いの方であれば宅配買い取りをご利用いただくことも可能です。段ボールに入るようなサイズのもので、査定を希望される物を詰めて着払いで送るだけです。査定後にはご指定の口座に買取金額をお振込みいたします。

着物・書道具・西洋アンティーク・茶道具・香道具などを送られる方が多いです。

※送られる前にどんなものを送付したいのかご相談お願いいたします。

フリーコール0120803820

 

高く売れる雛人形と五月人形とはどんなものか調べてみました

雛人形や五月人形というのは子供のために親やおじいちゃんやおばあちゃんが買ってくれたりするものですね。年に一度しか出しませんし、中学生にもなれば出さなくなることも多いでしょう。そんな雛人形や五月人形ですが、一番困るのがその「処分」ですね。決して安く購入されていませんし、ゴミ処理として出すにはもったいない気もします。そんな雛人形や五月人形の中古市場やその売れ行きといったものを調べてみましたのでご紹介していきます。

雛人形

雛人形・五月人形の中古市場

雛人形も五月人形も中古としては売られてはいます。それもかなりの数です。今回は「ヤフオク」だけで調べてみましたが、「メルカリ」などのフリマアプリを加えると相当な数になるかもしれません。

雛人形がヤフオクで120日間で出品された数:検索結果 2,031

かなりの数が出品されていますね1月あたりに500点ほどです。ちょっと驚きですね。この中には売れずに何度も再出品されているものもあるので、実際の個数とは少し違いますが…

ここで肝心なのがどれくらいの金額で売れているのか?ということです。

期待して売りに出しても思ったほどの値が付かなければ少しがっかりですよね。

中古での相場価格

ヤフオクでの落札価格をベースにご紹介していきます。

まず一番高い物が339000円という価格で落札されていました。高い!と思う人もいるかもしれませんが、これは購入当時はこの金額の何倍もするようなものですよ。

そして一般的な平均価格といえば5,743円でした。あれ?意外と安いと思いますよね。しかしこれは平均であって、最安値の落札価格は1円というものもゴロゴロあります。

落札する人からすればお買い得ですが、出品している人からすれば困ったことです。

つまりどういったことかといえば、高く売れるものもあるけれど、大半の物が高くは売れないということです。

そこで高くなる雛人形や五月人形ってどんなもの?が気になりますよね。

評価が高くなる雛人形と五月人形

人形で高くなる物って何なのか?ということですが、これは買った時の値段というのは全然あてにならないです。

何が一番重要かといえば「作家」「希少性」ということです。人形の〇〇といった会社ではなく一人の人形作家として評価されることが多いということですね。

そして希少性ですが、これは古くて現存する数の少ないものは評価が高くなります。汎用のような流通量の多い物ではありません。

作家による作品で1点ものような人形であれば評価はかなり高くなるわけです。

ヤフオクで5000円以上の入札が入っていた人形

5000円以上で入札が入っていた物のタイトルを並べてみました。高く売れる人形のある法則が見えてきませんか?

 

新品 店舗展示品 雛人形 4761A 三喜作『 春の舞 』

稀少価値!!◆六代目 平安 甲庄作◆15号大鎧◆裾裏◆本金箔押小札・正絹緋糸縅

◆太政大臣模写人形◆有識人形◆子爵:有馬聰頼◆黒田清麿

雛人形 立雛 木彫り 共箱 日本人形 藤代光雄 大矢由造作 壁掛け 御雛

美品 ディズニー 壇つき おひなさま フルセット 5段 お雛様 雛人形

ひな人形 立雛 箱付 江戸期

伝統工芸 博多人形 中村信喬 「雛の使い」 箱入り 雛人形 創作人形 わらべの歳時記 郷土玩具 昭和 骨董 レトロ 古道具 桐箱 希少 無形文化

手作り創作人形『猫の御宮(おみや)・七五三』 (検索用/ ぶす姫 縮緬 かんざし 雛人形 つまみ細工 寿三郎 ジュサブロ 市松人形)

木製 人形の首 30点 雛人形 お姫さん

雛人形 ひな人形☆お内裏様・お雛様☆九番親王

雛人形 2 *雀のお宿* 創作雛 新きょうとものがたり 京都 朱月作 稚児 

五月人形 武者人形 大将飾り 『大矢田宿禰』 京都 人形細工所 岡田伊三郎作 共箱 明治時代 美品 (検 雛人形 玉眼 大木平蔵)

希少 レトロ 明治 大正 昭和? 時代不明 アンティーク 雛人形 ひな人形 木製 ガラスケース お雛様 5段 ひな壇 豆人形

 

【侍】丸屋 大木平蔵 有職束帯 親王雛 象牙製笏 頭師 面座 雛畳 黒漆塗縁 親王飾 雛人形 三点組 共箱

225件入札 339000円

参考:ヤフオク

 

やはり入札が多く入るものというのは希少性のものが多いです。

雛人形や五月人形を自分で売却する

ヤフオクで売られている価格というのはエンドユーザーが購入する価格です。ですから買取店では満額で買取というわけにはいきません。もし少しでも高く売りたいというのであれば、やはり自分でヤフオクかメルカリに出品するのも良いでしょう。

その場合には写真撮影に気を配ってください。良い物であっても写真が悪ければ印象も悪くなり、入札が入りにくくなります。ライトをきちんと当てることで綺麗に撮れます。

そして無事に落札されたなら、繊細な人形ですから梱包にも注意しましょう。緩衝材などを丁寧に巻いて発送します。ガラスケースの人形の場合には、宅配業者が受付してくれない場合もあるので、出品前に確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?雛人形を売るには少し苦労もありますが、高値で売れるものも実際にはあります。ご自身がお持ちの雛人形や五月人形が誰によって作製された物なのか?など希少性を探ることで評価が分かってきます。もし高い評価の物でしたらオークションサイトや骨董品を得意とする専門店であれば買取は可能となります。

エルゴ ヒューマンの買取

オフィスチェア

エルゴヒューマンの椅子を買取いたしました。

人間工学に基づいて設計された椅子です。独立式のランバーサポートとメッシュ加工になっているので、長時間座っていても蒸れにくい作りです。

オフィスで座ったままのお仕事であれば、このようなハイスペックなオフィスチェアは欲しくなりますよね。

しかし新品ではそれなりの金額します。

私が今この記事を書いている時に座っている椅子はエルゴヒューマンなんかではありません(笑)普通のチェアです。

デザイン

このチェアは金属パーツを結構使っていて重量もありしっかりした感触です。プラスチックばかりだと安そうな感じもしますが、そのあたりも高級な感じがします。

ひじ掛けやヘッドレストも角度が買える自由度は高めです。この調整が細かく出来る辺りも優秀です。

座面も柔らかすぎす硬すぎずでなかなか良いです。あまり柔らかいと椅子って結構疲れるんですよね。

長時間座るのであれば少し硬めがちょうどいいです。

出張による買取

大きな椅子ですのでわざわざ持ち運んでいただく必要はありません。出張による査定を行います。

横浜・川崎・東京・神奈川でしたらいつでも訪問いたします。

型式モデル名によっても価格は異なります

型式やモデルによっても中古買取の価格は異なります。

ベーシックやプロやオットマンが付いているモデルなど種類は様々。

もし傷みや破損があったら?

椅子に傷みや破損がある場合は査定前にお知らせください。

メールによる確認で買取可能かが分かります。

画像を添付していただき、判断をして回答させていただきます。

買取までの流れ

お電話かメールで出頭査定のお申込みをいただきましたら、当日査定に参ります。

買取金額にご納得いただいた後の買取となります。

お支払いは現金で行います。

お電話からの申し込みはこちらをタップ↓

フリーコール0120803820

メールからのお申込み

出張査定の申し込みフォーム

輪島塗の買取

輪島塗というのは石川県の輪島で生産されている伝統的な漆器の工芸品です。

その製作の方法は木地に生漆と米糊を混ぜて布を巻き、そして珪藻土を混ぜて下地を作るものです。

さらに沈金をすることで華やかな漆器となっていきます。

下地もしっかりしていて、剥がれそうなイメージはありますが、実はすごく強靭なんです。

輪島塗のアイテム

アイテムとして多いのは、やはり汁椀ですね。一番買いやすい物です。後は重箱といったものも多いです。

お屠蘇のセットも輪島塗で見かけますが、これは使う人を選ぶアイテムですね。

装飾

豪華なものになると沈金による蒔絵を施してあります。蒔絵とは金粉・銀粉で絵模様を付ける技法です。これも古来からの技法です。

漆は乾くのに時間がかかるので、蒔絵をするには好都合なんです。

黒と金のコントラストが実に良いですね。これぞ和食器という感じがします。

中古としての買取

この輪島塗はもちろん買取させていただきます。未使用品などは特に高く評価いたします。

よくあるのが、人から頂いたり、買ってみたものの数回しか使わずにずっと物置きに仕舞い込んでいたという事例も多いです。

そういった美品であれば高い評価になります。

使用品であっても丁寧に使われているものであれば買取いたします。

作家物はさらに高く

漆塗というのは工業製品のように大量に作られるものではありません。職人さんが一つずつ丁寧に作っていきます。だから価値があるのですが、さらにその職人さんの中でも名人のような方のもの、いわゆる作家物扱いになるような輪島塗の場合はさらに高く買わせていただきます。

買取への流れはまず査定から

もしお譲りいただけるようでしたら、まずは査定からお願いいたします。

画像査定で構いません。

メール

画像を添付でお送りいただきその後に査定額をご連絡いたします。

その買取金額でご納得いただけましたら買い取りの流れとなります。

査定後の買取の流れ

査定が済んだ後にお譲りいただけることになりましたら、訪問かもしくは宅配にて買取をさせていただきます。

出張での買取は東京・横浜・川崎・神奈川近辺であれば訪問いたします。もし他県の場合など遠方であれば宅配買取も可能です。

着払いでお送りいただければ、お品物を確認したのちにご指定の口座にお振込みいたします。

お送りいただく前には宅配買取の申し込みを済ませて、プリントアウトしたものを同封してお送りください。

宅配買取申し込み

分からないことがあればお電話かメールでご相談ください。

 

古いヤマハ・カワイピアノの買取

ピアノ

ヤマハ・カワイピアノの買取

もう誰も使わなくなったピアノ。不要で処分にお困りなら、処分ではなくお売りください。

型式とペダルの数によって買取の査定が変わります。

より良いモデルは高価買取いたします。

古いピアノ

ピアノというのは買って数年で手放すものではありません。おおよそは20年くらいはお家に置いておかれていることは珍しくないです。

古いということで処分にしようとすると、ピアノは重量物ですので粗大ゴミでは処理できませんし、業者引き取りの場合は数万円が相場になっています。

それでしたら出来れば買取に出したいところですよね?

買取マルシェに古いピアノの買取の相談ください。

カワイ・ヤマハピアノの買取

ピアノの買取はヤマハ・カワイピアノの買取を中心に行っています。

そして重要なのがペダルの数です。ピアノのペダルは2本と3本があります。

買取出来るのは3本ペダルです。2本ペダルというのは、ものすごく古いピアノでして、40年以上前位のものになります。

さすがに古すぎで買取は難しいです。

ピアノの型式の見方

ピアノには型式番号があります。アップライトピアノの場合には、ピアノ天板を開けて下を覗き込むと型式番号の刻印などが見えてきます。

例)ヤマハ UID ヤマハ U3H  カワイ BL31  カワイ US50 など。こういった記載があります。

ピアノ

買取の金額

ピアノの買取金額はいくつかの情報をお教えいただくと分かります。

  • メーカー
  • 型式番号
  • ペダルの数

まずはこの3点をお調べいただきご連絡ください。

ピアノの買取が出来る地域

日本地図

ピアノの買取は北海道と沖縄を除く日本全国で行っています。

引取りは各地域のピアノ運送会社手配により集荷に伺いますのでご安心ください。

ピアノ買取の見積もり

お調べいただいた3点の情報をお電話かメールでご相談ください。

いただいた情報により買取金額を折り返しご連絡いたします。

ピアノの買取査定というのはメーカーモデル名が一番重要です。そのモデルにによっては高い評価となれば高価買取に繋がります。

少しの傷よりもモデル名が大切です。引き取りされるピアノは修復技術のある工場へ運びこまれ、そこで手直しをしてからの出荷となります。ですので、軽微な傷は大したことはないわけです。

査定後の流れ

査定が終わりましたら、ご連絡をいたします。その査定金額からお客さまでお譲りいただけるかのご判断ください。

お譲りいただけるということになりましたら集荷のご予約に進みます。

ピアノの集荷方法

ピアノの集荷はピアノ専門の運送会社が引取りに伺います。専門業者ですので運び出しもご安心ください。

ご予約はお申込み日から中1日を空けていただいてとなります。お時間は午前フリー・もしくは午後フリーとなります。

前日の夕方に運送会社のルートが決定するので、事前にご連絡がお客様の元に入ります。

お支払い

ピアノの運び出しも終了いたしましたらご精算となり、お客様に現金でお支払いをいたします。

ピアノ買取の見積もり申し込み

下記のリンクよりお申込みください。

ピアノ買取申し込み

またはお電話でのお見積りご相談でも結構です。

フリーコール0120803820

高く売れる着物と売れない着物

数多くある着物の種類

着物と一言でいってもその種類は実に多いです。簡単なところで言えば振り袖、留袖、訪問着など。出かける場所によっても着る着物を選ばなければいけません。何を着ても良いというわけではありません。ルールやマナーが多く複雑でもあります。

着付けの難しさということや現代の若者のスタイルにそぐわなくなり、着物を着る人も随分減ってしまいました。その証拠にご自宅に和ダンスってありますか?和ダンスというのは着物を入れるためのタンスです。中古ショップでも見かける機会がめっきり少なくなりました。

そんなことで着物離れというのは進んではいますが、もちろん今でもニーズはあります。

古着の着物を探す

新品で着物を買おうとするとそれなりの値段はします。そして反物から購入して自分の身体のサイズに仕立ててもらおうとすると、総額費用は結構な高額になってきます。

もっと普段着のような感覚で着たいと思えば古着で探すのも良いです。基本的に柄は古典的な物が多いですが、それでも現代的なアレンジが加わるものも最近はありますから、中古の場合は昭和レトロの柄が見つかったりもします。絶対数が少ないので、気に入った柄の物が見つかった時にはすぐに買うべきです。古着はいわば出会いのようなものなので、逃してしまうと次に巡り合うのも難しくなります。サイズが合わないものでも、ある程度は直しが効くのが着物の良いところでもあります。

着物を売りに出したい

古着で着物を探している人もいれば、その逆に処分したいと思っている人もいます。ではどんな着物が人気があって売れるのでしょうか?着物はいつに買ったということよりも、どこの着物なのか?どんな種類なのかによって売れ行きが異なります。例えば大島紬や結城紬や正絹で作られた着物は評価が高いです。着物には証紙が付きますから、そういった物を保管しておくと古着として売りに出す時には評価されやすいです。後は柄ですね。図柄も評価の大きなチェック項目になります。不人気な柄の場合は評価も下がってしまいます。

保管状態

良い着物ほど管理は重要です。管理が悪いと着物へのダメージは大きいです。色が変わってしまったり、虫に喰われて穴が開いてしまったりと。和ダンスに入れて防虫剤を入れたり、時折タンスから出してあげることも必要です。こういった管理がされていないといくら高級品の着物でも台無しになってしまいます。そしてそれを売りに出した時に大きく差が出てしまうことにもなりかねません。

買取の目安

着物を古着として買取に出した場合にどのくらいの価格が付くのかが気になるところですね。結城紬などの新品の反物で数十万円はして、それを仕立てた総額は百万単位もざらです。買った金額に見合った買取になるのでは?と思われる方も多いと思いますが、需要と供給のバランスから考えるとそこまで高い金額での取引はされないのが現実です。オークションサイトを除いてみると分かりますが、古着の着物であれば数千円から購入できます。

後は振り袖は買取は難しいと思った方が良いです。やはり古着で振り袖を購入したいと思う人が少ないという理由が反映しているようです。買ってもらえたとしても、他の着物と併せての売却であったり、少額での買取になるケースが大半です。後は家の家紋が入ったような着物も売却は難しいです。

一般的な訪問着や留袖、色袖などで数千円~数万円が買取の目安となってきます。

着物以外のもの

着物以外に帯や帯留め髪留め、かんざしといった装身具がある場合、こういったものも売却は可能です。ものによっては着物よりも高くなる物もありますのでご注意です。物が小さいので、ゴミとして捨てられるケースも多いです。かんざしでは鼈甲で作られている物や蒔絵で仕上げられているものは高級品です。ただ古いというだけで処分してはいけません。

まとめ

着物を売却する時は証紙などで、どこの着物なのかを確認しましょう。振り袖や家紋が入った物はいくら高いお金を出して買った物でも、売却は難しいと考えてください。着物以外の小物アクセサリーもゴミ処分する前に着物売却と併せて査定することをお勧めします。

中古品買取りの査定、高くなるものに共通すること。

不要になったものを売りに出す時にはいったいどんなものが高くなるのでしょうか?

また買取りの査定で評価されやすいものは何なのか?をご紹介いたします。

世の中にある全ての物を中古品として売るときには、新品より値段が下がらないものや逆に高くなるものというのがあります。

代表的な例でいえばエルメスの”ケリーバッグ”です。元々が高価でもありますが、安定して高値を維持しているバッグです。

次にはロレックスの時計。偽物も多いアイテムですが、本物は高く評価されます。使用頻度や状態にもよりますが、比較的高く買取りされます。

これらはいわゆる”テッパン”の商品です。入荷すればすぐ売れてゆく商品のため、利幅を少なくとも買取りしたい商品です。

では、同じように高額なもので、将棋の碁盤があります。安いものもありますが、高級品だと数百万円するものもあります。しかし、これらがエルメスのように高値で中古買取りをしてくれるかといえばそうでもありません。それというのも、将棋盤は誰もが探しているようなものではないので、売りに出しても買い手が見つかるまで長期間の保管をしなくてはいけません。そのため利幅も多く取る必要があり、価格に比べて買取りの価格は高くはなりません。

このように需要によっても買取りの価格には大きな差がでます。

需要とは別に高値になるもの

人気商品とは違う意味で高くなるものもあります。それは”希少性”です。絶版物のオモチャや雑貨などもプレミアで元の買い手より高くなるものは多くあります。しかし一過性な人気で高くなるものは旬を逃して売りそびれると安値に戻る場合もあります。いずにしても骨董品、絵画、古道具、茶道具、軍装品、切手、コイン、陶器といったもので高値になるものを探そうとしたら希少なものだけです。そうでなければ一つずつで値段はつかず、まとめてでいくらのような買取りとなります。

作家物、ブランド物

人気の作家が作った工芸品や美術品、ブランドの家具というのは古くてもその価値は評価されます。もちろん状態にもよりますが、同じアイテムでもノーブランドの新品よりも高い評価になるものは多くあります。例えば、某家具量販店の新品の椅子と”イームズ”の何年も使った椅子と比べてどちらが高い評価になるかといえば、もちろんイームズです。カッシーナやアルフレックスといった物も同じです。

絵画なども同じで、いくら上手に描かれていて高い値段で買ったものであっても、中古としての買取りの査定を出した場合に有名な作家のものでなければ中々買取りは難しいです。買取り業者もリスクを背負って高値では買取りしません。全てのジャンルで言えることですが、作家性の物やブランド品が高値傾向といえます。

まとめ

各ジャンルの物それぞれありますが、中古処分する時に高値になりやすい物の特徴としては人気の商品で稀少性の高い物。ブランド物や有名な作家の物ということになります。骨董品や古道具系は作家の名前が分からないと分からないことも多いと思いますが、検索をこまめにすれば分かる情報も出てきます。もし人気作家の物をもっていたなら意外な金額で売れるかもしれませんよ。

そして、間違えてはいけないのが、高値にはならなくても売れないというわけではありません。業者に査定をしてもらった場合に、買取にはならず無料引き取りになるようなレベルの物でも、ご自分でこまめにオークションサイトを利用して販売することは可能ですよ。

 

中古タイヤの買取についてと、オークションサイトを使った販売方法

中古タイヤ

使用可能なタイヤ
中古タイヤというのも現在はショップの増えていますし、ユーザーも安く手に入るのならということで、ユーズド品であっても気にせず購入する人が増えてきています。その種類も軽自動車からトラックまでと幅広く売られてはいます。
もちろん使用可能なタイヤであるのが前提すが、その中古のタイヤの買取りというのはどのような価格なのか?どのような状態なら買取してもらえるのかが気になるところですね。その辺りについてご紹介していこうと思います。

 

 

タイヤの状態

中古品として再販することが目的ですから、タイヤの溝が無ければいけません。スリップマークが一か所でも出てるものは当然アウトです。そして3分山4分山というのもギリギリといったところでしょう。商品と並べてもあまり魅力のないものになります。
大体1本あたり1万5千キロから2万5千キロが消耗の限度であれば、走れる距離は5000キロ~8000キロくらいといったところでしょうか。距離を走る人ならワンシーズン持たない可能性もあります。
中古としてでも5分山以上は欲しいところですね。
経年劣化が酷いタイヤの場合はタイヤにひび割れが起きてきます。
タイヤの性能としては深刻な問題ではないかもしれませんが、買取や売買を行うにあたってはマイナスになりまそうです。

 
サイズや種類によって高価なタイヤ

タイヤにも種類があります
タイヤは種類もサイズも豊富にあります。その種類によって価格は変わってきます。
軽自動車のタイヤはサイズも小さく。安価なタイヤが豊富にあります。新品で買っても安いもは多いので、このあたりのものは中古を選ぶより新品といったところでしょうか。
乗用車の場合でエコノミーな車種の場合、タイヤん幅や扁平率というものは車に合わせてエコノミーになっています。あまり幅広で扁平率の高い(見た目で薄くなっている)タイヤはノーマルでは使用していません。この類もメーカーを選ばなければ比較的に新品でも安価に探せそうです。
これに反してスポーツカー系のタイヤというのは扁平率も高く、幅広のタイヤになり1本当たりの価格も高価になっていきます。さらにパンクしても走ることが出来るランフラットタイヤという特殊なタイヤは非常に高価です。
スポーツカー以外でもタイヤが大型化することで高価になります。
タイヤの径が19インチや20インチというものは18インチのタイヤから比べると一気に価格が上昇します。
高価な類のタイヤであれば中古といっても需要は見込めます。

 

スタッドレスタイヤの中古

スタッドレスタイヤというのも中古ではあります。しかしスタッドレスの場合にはタイヤの山より年数が気になるところです。それというのも冬用タイヤは使用の期間が年間を通してみると少ないです。そして冬用タイヤは雪道で使う目的のためで、ノーマルタイヤよりも柔らかく作られています。この柔らかく作られたタイヤが経年劣化によって硬化していくのです。タイヤに溝や山があっても硬くなってしまったタイヤは雪道では最大限の効果を発揮できません。
それなのであまり古くなったスタッドレスの中古というのは売るにも買うにも難しくなるといったところでしょう。

 

 

アルミ付き中古タイヤ

タイヤには大して価値のない状態であってもアルミホイールが付いていることで中古品としての価値が見いだされるものはあります。カー用品の販売店モデルではなくアルミホイールメーカーの物は人気もありますから、ホイールだけでも売ることはできます。
逆にカー用品店のアルミホイールの場合は若干のプラスと考えた方が良いでしょう。

 

 

 

中古タイヤショップでの買取

中古タイヤショップで買取りを依頼する場合には基本は持ち込みになります。出張で買取りに来てくれるところがあるとすれば逆に珍しいかもしれません。
タイヤ4本を持ち込みするにも運ぶ車を用意しないといけないのが面倒なところですね。
その価格もランクはあります。アルミ付きであればランクは高いですし、溝の状態や経年劣化も査定に考慮されます。
新品の上代から中古の買取り価格が算出されますから、元々が高いものはある程度値付けできますが、安いものならば買取り不可で無料引き取りとなるか有料での引き取りになるかといったところです。
      

個人売買で売ってみる

オークションサイトでタイヤ出品することも可能です。ご自身で写真を撮って出品すれば完了です。
配送についてが気になるところですが、梱包はタイヤの側面に段ボールを当てて梱包します。2本まとめての場合には結束バンドをクロスで結っておけば大丈夫です。
もし梱包が出来ないという場合は”ヤマト運輸家財宅急便”というのがあります。梱包代分で送料が高くなります(落札価格に多少影響します)が、手間なく発送が可能です。メリットとしては業者を飛ばして直接ユーザーとの取引となりますから高値で売ることが出来ます。しかし業者でないということ、出品時の写真の撮り方・評価信頼度などによっては落札されないといったこともあるのがデメリットです。
  

まとめ

中古タイヤも売れる

状態や年式等によってはタイヤも中古品として売買は可能であります。
しかし状態やグレードによって買取が出来るものとそうでないものが分かれてきます。
●使用可能なタイヤのみ中古品として売買可能
●上代が高価なタイヤは中古も高い
●人気アルミホイールがついているものはさらに査定額アップ
●スタッドレスタイヤは経年劣化で硬化するので注意
●オークションサイトを利用して高価売買

 

使わない切手、余ってしまった切手をどうする?換金率などやショップについて

切手の売買

売れる切手
切手というのも買い取りショップがあり、そこで売買されていたりします。そのレートは一体どのくらいなのでしょうか?
10円~50円くらいの額面の低いものだとおおよそ60%程度。
高いもので98%くらいで買取りしてくれるものもあります。しかしこのレートは額面だけでないようです。
その辺りをもう少し掘り下げて見ましょう。

 

 

 

切手の買取りショップ

切手の買取りは金券ショップと併せて行っているところが多いです。
それ以外はブランドバッグや貴金属を買取しているショップでも買取を行っているところが多いです。
ショップに訪れなくても郵送での買取りの対応をしているところも増えてきています。
 

換金率には幅がある

バラよりもシート売りが換金率アップ
バラで売るのは枚数が少なければ計算も大したことないですが、数百枚単位のバラとなると買取するほうも大変です。売る時も手間もかかるので、効率の悪い商品となってしまいます。
そういった点からもやはりバラ売りは換金率が低いです。逆にシート売りの場合は52円の100枚シートであれば、おおよそ85%以上で換金してくれるショップもあります。このように換金率はシート売りがかなり優遇されています。
収入印紙も同様に買取りしていますがこれも100枚のシートがおおよそ95%に対して、バラ売りだと80%くらいと15%くらいの差が出ます。同じ100枚で比較すると3000円の差が出ます。大きいですよね。それならば売るよりも使い切ってしまう方が良い場合もありますね。

 

 
1枚から買取してくれるのか?

バラ売りで1枚から買ってくれるかはそのショップ次第と思います。記念切手ならバラでも買うとかそのお店によってのルールは異なります。持ち込みする前に問い合わせをすることがベターですね。
以前は切手ブームもあり、ご両親がコレクションとしてブックに入れてあったりしてあるものが見つかったりするケースもあります。
特に珍しい切手であればもちろん1枚からでも買取もしてくれますし、プレミアムなものであれば想像以上の金額になるような切手も存在します。
こういった切手に関してはきちんとした知識を持ったショップに出さないと、「額面の〇〇%でお買い上げさせていただきます」なんてことになったら大変です(笑)

 
プレミアムなものはおおよそ決まっている

高値になる切手というのは新しいものではないので、すでにその情報というのはおおよそ取得することは可能です。日本の切手であれば「見返り美人」や「月に雁」といったもの。ネットで画像検索すればどういった物なのかすぐに調べれます。
それ以外では中国の切手が高値になります。1960年代から1980年代あたりの物です。「赤猿」や「オオパンダ」などは特に有名です。これも画像検索できます。
しかし数が少ないからこそプレミアムなわけで、中々巡り合う機会も少ないのが現実なんです。そういった切手を保管していたなんてかなり幸運です!
他の世界のではギニアの最古の切手なんてのが、オークションで9億で競り落とされたなんてニュースも入ってきたりしましたが、これも現実的な話ではありませんね(笑)。
決まった図柄の物だけでなく違った意味で高価になる切手もあります。
硬貨のことでは聞いたことがあると思いますが、50円玉の穴の位置がずれている、「エラーコイン」というのは高値になります。
それと同じようエラー切手というのも存在します。
今考えると「何で検品せずに世の中に出てるのだろう?」って思っちゃいますが。
いずれにしてもエラー物は硬貨であり切手でも人気と言えますから高く売れることは間違いないです。
    

  
プレミアム切手の売買

プレミアムな切手の場合は先ほども書きましたが、額面の何%で売るようなものではありません。
ご自身がそのことを知っていれば、それを分かっている知識のある業者に依頼をすることをお勧めいたします。
コレクションブックの中身を何も知らずに持って行けば二束三文で買取りという業者もいますのでご注意ください・・・

今の時代はある程度ネット検索できますから下調べすることも可能です。
信頼できる買取業者が見つからなかった場合にはオークションサイトを使って売るというのも方法の一つです。
一つ一つ写真を撮ってアップしてと手間のかかる作業(業者なら当たり前)ですが、自分で出品すれば落札金額は高いものになります。
  

切手を売買する仕事を始めたい時

切手は買って売ってで儲けれる金額は、その1枚当たりの金額は非常にわずかで、薄利多売なものです。これを商売にするというのであれば個人の顧客だけでなく法人などの大口の顧客を確保することがカギになるともいえます。
会社では大量に保管した切手を持っているところもあります。会計の期末などに棚卸的に換金することがあるとかないとか。税務上でこれが正しいやり方かどうかは分からないですが、買取する側からは特に問題にはなりません。これ以外にも多くのケースはあると思いますが、大量仕入れが出来なければ廃業となってしまうケースはあります。
以前取引していたお店もなかなか集まらないということで廃業してしまったことがありました。金券と同様に集客に尽力を注がなければいけない商売と言えますね。

まとめ

きちんとした知識を持って売りに行く

切手や収入印紙といった物も買い取りしてくれるショップは多くありますが、そのお店の特徴を事前に調べて持ち込みすることをお勧めいたします。
●換金率は大体60%から97%くらい。
●バラ売りよりもシート売りが換金率アップ。
●バラ売りはお店によっては買取しないところもあるので問い合わせすべき。
●プレミアムな切手は通常の買取り店でなく知識を持った業者に販売。もしくはオークションを使って自分で出品。