リサイクルの中古ビジネスを起業するために

リサイクルのビジネスと一言で言っても種類は本当に多くあります。起業するにあたりどのようなことリサーチすれば良いのでしょうか?起業に関することについてご紹介していきます。

家電品

 

リサイクル・中古ビジネスを始めるための許可

リサイクルのビジネスは中古品を扱い売り買いをします。その場合は「古物商」という許可が必要になります。警察署に提出をして取得する許可なのですが、自分で書類を書いて出すことも出来ます。しかし書類に添付するものや記入漏れや間違いなどがあると度々修正をしなくてはいけません。何度も提出を繰り返すというのも面倒な話です。こういった時に手伝ってもらえるのが「行政書士」さんです。不備なども無く書類を提出できるので、間違いも無く出来上がってきます。手数料はもちろんかかり、7万円(申請手数料含む)位が必要になるでしょう。

リサイクル業の種類は多様

古物商の許可を申請する時にも記入をすることになりますが、古物商の中でも種類は分かれています。例えばバイクの買取販売がしたいのであれば「バイク商」ですし、パソコンや事務機器を扱いたいのであれば「事務機器商」骨董品や美術品であれば「美術商」といったように分かれていきます。

始める前にどんなリサイクルにするかの選定

リサイクルのビジネスを起こすにあたってどんなジャンルで進んでいくのかを事前に決めることが大切です。途中で方向転換をするということも出来ますが、転換するには労力もコストもかかってきますので、無駄な出費をしないためにも事前に計画を練ることが大切です。

業種によってのコスパ

リサイクルの業種は「買って売る」商売なのですが、その業種によっては多くの資金を必要とするものもあります。常に多くのお金を用意しておかなければいけないこともあります。そして多くの人がいないと出来ないようなリサイクル業もあれば一人から始めれるリサイクル業もあります。どのリサイクル業のコスパが良いかというのは一概には言えません。多くの資金を必要として多くの人を必要とする商売の場合は経費がかかるかもしれませんがリターンも大きかったりもします。逆に一人から始めれるような業態の場合は出費は少ないかもしれませんが、まとまった大きな金額を動かすようなビジネスではないこともあります。

資金が多く必要な場合

多くの資金が必要なビジネスとしては、貴金属買取という物もあります。取り扱う地金自体が高価なので、取引のグラム数が少なくても多くの金額が必要になりますから準備金は用意しておかなければいけません。

骨董品や美術品の買取というのも、扱うものによっては非常に高額なものもありますから、多くの準備金を用意しなければいけない場合もあります。絵画などでは数千万円~数億円というものもあります。(このクラスは新人が手を出すジャンルでもなく目利きも必要になりますから、実際のところは無関係かもしれません)

店舗運営・無店舗運営

店舗として運営したほうがいい業種もあれば、無店舗で出張買取で出来る場合もあります。貴金属買取店やブランンド品買取、家財道具の販売をするリサイクルショップを開きたいというのであれば店舗は必要になるでしょう。しかし貴金属などの買取店の場合なら3坪くらいの広さからも始めれたりもしますので、家賃などは立地にもよりますが10万円位からで始めれるでしょう。

それに対して家財品などを扱うリサイクルショップともなれば、家具などを置くわけですから、ある程度の広さが必要になってきます。その場合は最低でも20万円位からは必要になるでしょう。多くな倉庫型店舗であれば50万~100万であってもおかしくはありません。

一方では店舗を構えず出張で買取だけをする形態もあります。買取したものをすぐに古物市場に持って行く。そこで売買をして利益を作るというやり方です。古物市場について

買取してきたものをすぐに売却。在庫として抱えないのでリスクは少ないです。しかし業者向けの販売のため、価格はエンドユーザーに売るよりかは安くなってしまいます。どうしても高くというのであれば店舗を持つことですが、そのためには経費も必要になることはお忘れなく。

常に情報集めでアンテナを高く

リサイクルの業種で一番大変なのはなんといっても仕入れです。どうやって買取品を集めたら良いのかに対する情報のアンテナは高く、いつでも収集しなければいけません。そして何が今は高く売れているのかの情報もそうです。1年前は高かったものが、今は値段が付かない。今までは値段が付かなかったものが今は高値になっていると、トレンドによって価格はいつも動いています。ですから、最新の情報というのはいつでも収集をする癖をつけるのは大切なことです。

商材を集める方法

リサイクルの商売をするための商品の仕入れをしなければ始まりません。その仕入れにもいくつかの方法はあります。一つはユーザーからの直接持ち込みです。店舗を構えている場合はお客様が持ち込みでやってきます。そして持ち込まれた物を買取していくやり方です。次に古物市場に行って買取をする方法。家財道具や美術品やブランド品などはそれぞれのジャンルで市場を開催されていたりします。この市場というのは古物商が集まるところで、一般人は出入りして買うことは出来ません。業者専用ということです。業者はここで仕入れてお店などで販売したりするわけです。

もしくは買取を専門として出張で買取に回るスタイルです。一日に何軒も回ったりして買い集め市場に持っていく。もしくはスペースを多く必要としないようなものだけをネット販売していくというやり方もあります。

集客の方法

集客の方法としてもいくつかあります。店舗を構えている場合は、それ自体が宣伝になっていたりしますから、期間を経ると自然とお客さんが集まって来たりします。しかし店舗を持たないところや目立たないところで営業している場合には積極的にアピールをしなければいけません。その場合に有効なのがネットマーケティングです。ホームページなどを作成したり。ランディングページと呼ばれる物を作成したりして、「アドワーズ」や「リスティング広告」といったものを利用して集客をします。現在は多くの人がスマホなどで多くの情報を収集しています。的確で有益なコンテンツを作ることで、そういった売買をしたいと思っている人の目に付けば依頼も来るようになります。

決して簡単な方法とは言えませんが、ネット上での優位なポジションを獲得することが出来れば確実に依頼は来ます。それが集客につながっていくというわけです。

フリーコール0120803820




リサイクルショップで仕入れて転売する以外の方法

副業で転売を始めた方はリサイクルショップなどで仕入れて、そしてメルカリなどで売っている人も多いかと思います。ここではもっとプロらしい仕入れ方法などをお教えします。

転売するなら許可が必要

古物商




まず転売の仕事をするということであれば古物商の許可が必要であり、許可を持っているということでお話を進めていきます。リサイクルショップで買って売ってる場合は、1度自分のものにしてそれを不用品として売ってるから許可は必要ない。そう思っている方も多いでしょうが、販売の金額が増えることになった場合には申告しなければいけなくなります。それであればきちんと古物商の許可を持って商売すればいろいろな面で楽になりますし、仕入れの幅も増えることで収益にも変化が出てきます。

リサイクルショップの仕入れ先

リサイクルショップで仕入れをしていて、「リサイクルショップはどこから仕入れているのだろう?」と思ったことはありませんか?お客さんが全部の品物を持ち込んでいる、もしくは出張で買取に行っている。そう思っていませんか?

いいえ、それは全部は当たってはいません。持ち込みや出張もありますが、大半は”古物市場で仕入れ”をしています。ジャンルによって市場のテイストも異なり、お店にあった市場を選択して買い集めています。

古物市場

倉庫

古物市場とは中古品が集まる市場のことです。市場から不要として出てきたものがこの市場に集められ売買されていきます。古物市場といってもジャンルは多く分かれていますから、自分が仕入れる時にはどの市場が向いているのかを見極める必要があります。

リサイクルショップで並ぶような家電や家具が多く集まる市場と古道具や骨董品などが集まる市場はそれぞれ違います。なぜならそこへ出入りしている業者自体が違うからです。ゲームやおもちゃのようなテイストのものであればリサイクル系の市場が向いていますし、アンティークなものを売りたいと思えば、古道具が集まる市場を探さなければいけません。

お店も持たない状態でネットショップ型のお店を運営したいと思うなら、まずは小物類が多く集まる市場を探すことが大切です。

古物市場での仕入れと買い方

古物商の許可さえあればこの古物市場で購入することはできます。ただし市場によっては入会金の支払うところがありますが、更新料は取られないところが多いです。金額は1万円~2万円位。

古物市場での競りの開催は毎日ではありません。たとえば5日、10日、15日、20日、25日、30日であったり、毎週○曜日というように間隔が空いています。

開催される前にどんな品物が入荷しているかをチェックして、出品したらいくらくらいで落札されているかを調べておけば、この市場で自分がいくらまでなら出せるかが見えてきます。

ただし同じようにネット販売を目的にしている業者は多くいますから、そういった中で競り落とさなければいけない難しさはありますが、これは実体験の中で成長するほかありません。記事を読んだだけで出来るものではないということです。

市場とリサイクルショップでの仕入れの違い

リサイクルショップで仕入れて売るにしても利益の出そうなものがごろごろ転がっているわけではありません。ショップもメルカリなどの相場を頭に入れて値付けをしてますから、そんな安く買えるというのはたまたまの話が多いでしょう。そんな数点のためにいろいろなショップを巡っていては日が暮れてしまいます。効率の良い買い方をしたければまとめて購入するということです。市場であればまとまった量の品物を一度に購入出来ますから効率的に安く買えます。

利益が増える理由

リサイクルショップで仕入れて転売することと違って、古物市場で仕入れることの一番のメリットはもっと安く買えるということです。お店では一つずつに値札が貼られ販売していますが、古物市場での競りは一つずつではありません。

特に小物類は”一山”で競られます。一山で買って、それをばら売りする。ショップで買って転売している人はこのばら売りを買っているわけです。小売りを買うよりは一山で買った方が収益が増えるのは当然のことでしょう

今がお小遣い稼ぎのようにしていても、古物市場を利用して仕入れをして販売が出来るようなところまで成長すれば数十万円以上の利益は出せます。

本業として商売を始めるのなら

最初は副業から始めたものの、その楽しさにのめり込んで本業として転売ビジネスを進める人も多いでしょう。いきなりお店を持たなくても今はネットショップで始めれるという手軽さもありますから好都合ですね。

そうであっても最低限のものは必要です。それは車ですね。ワンボックスの車があると仕入れに使えます。そして軽自動車なら経費も安くておすすめです。

仕入れたものの保管はテナントを借りるとなれば保証金で初期費用もたくさんかかりますし、賃料も安くないです。それであればレンタルボックスに入れて保管するというのも方法の一つです。

その商売が軌道に乗ってきたらテナントや倉庫を借りるというのが良いでしょう。

まとめ

今回はリサイクルショップで仕入れて転売をする方法ではなく、もっと収益の出せるように古物市場を利用して儲けが出せる方法というのをご紹介しました。実際にリサイクルショップなどが仕入れしている方法ですので、やり方を習得出来れば確実に利益も出ます。そしてお小遣い程度ではなくなるので、本業として進むことも可能になります。

もし興味があるようなら実践してみてください。

この記事を読んで良かったと思ったらシェアお願いします。