いらない洋服を売る方法

流行を追い求め、春夏秋冬とそれぞれのシーズンで買い続けた場合に、「前のシーズンの洋服はもう着れない」といったこともあるかもしれません。ではその着なくなった洋服ですがどうします?捨てるにも勿体ないなら売ってはみませんか?どのような形で洋服は売ることができるのかについてご紹介していきます。

洋服フリマ

どんな洋服を売るのか

まず自分が売りたい洋服ですが、どんなものなのかを把握する必要があります。中古で売れる服というのはやはり決まっていて、売れないものは売れないんです。まずはその状況の確認から始めていくことにしてみましょう。

捨てるべきか売れるかの選別

「洋服を売りたい」と思ったときに自分が買っている洋服はどんなものなのか?

  • ブランド系
  • ユニクロ・H&Mなどのファストファッション系
  • ノーブランド

大まかな区分で分けるとこのように分けることが出来ると思います。ブランドというのは海外のものだとグッチやプラダのようなものもそうですし、日本のですと”コムデ・ギャルソン” ”ヨージ・ヤマモト” ”ISSEI MIYAKE” ”KENZO”といったものが代表格としてありますが、これら以外にもブランドは数多くあります。

ユニクロも会社の売上高で言えば大企業で、ブランドに格付けされることもありますが、販売の価格帯から見るとH&Mのような「ファストファッション」のカテゴリーだといえます。

そしてそれ以外であまり名前の知られていないものというのはいわゆる「ノーブランド」扱いになります。

古着として売ろうとしたときに、やはりブランド力のあるものは人気で、そうでない物は売りづらい。ファストファッションのものあたりが境となってくるでしょう。

全ての洋服が売れるというわけではない

「まだ去年買ったばかりだから売れるんじゃないの?」そう思っている人も少なくは無いと思います。ただいくら新しいといっても洋服ってそれだけで購入しますか?安ければなんでも良いという人もいますが、洋服が好きな人にとって一番大事なのは「デザイン」ですよね。なのでごく一般的なもので、ただ新しいからというだけでは古着としての需要は少なく、デザイン性に富んだものの方が好まれる傾向にあります。

  • しっかりとした買取ができるのは「人気」が重要

デザインが評判になったものや流行に乗ったアイテムというのも古着では評価されるでしょう。「旬」を逃さないというのも大切です。逆にずっと変わらない定番のスタイルというのもあり、流行に左右されずに残るデザインも好まれます。例えば「Gジャン」なんかもそうです。ずっと昔からあるデザインの一つですね。

洋服全体で売れるものとそうでないものと分かれてしまうのですが、買取が出来なかったとしても、それはお値段がつかないレベルであっただけで、ゴミになってしまうわけでもありません。捨てるよりかは何らかの形で利用される形で業者で引き取りされることもあります。

もし売れないと思ったら

中にはこれは売るには無理だろうなと思うものもあることでしょう。例えば首周りが伸び切ってしまっていたり、しみや破れ・穴あきがあるようなもの。こういったものは処分するしかないので、古紙業者への持ち込みや、地域の集団回収(古紙回収と行っていることが多い)で出すと良いでしょう。

【関連記事】洋服の処分とその方法

どんな洋服が売れるのか

  • ブランド品は根強く人気

デザイナーズなブランドや海外ブランドは古着になっても需要はあります。新品の価格が結構高いですから、古着でも欲しいというニーズがあるからです。状態の良い使用頻度の少ない美品は古着のとしては評価は高くなります。逆にブランドであっても穴開きや破れなどがある場合はマイナス評価となります。

買取はどのようなところでしているの?

古着の買取はどの様なお店で行っているのか?ですが、その昔は「古着屋」みたいなところだけが買取をしていましたが、最近では総合リサイクルショップから派生した形で古着買取をしているショップがかなり増えて着ました。リサイクルショップと同時で行って場合もありますし、洋服の買取専門で行っている店舗もあります。

買取の形態

  • 店頭持ち込み
  • 宅配買取

店舗が近くにある場合でしたら、持ちこみのほうがすぐに査定もしてくれますから、その場で現金化が出来ます。しかし遠い場合はわざわざ車でガソリン代使ってまで行くのも大変です。特に大量にある場合は重いですし手間もかかります。そんな場合には宅配買取が非常に便利です。梱包をして宅配でショップに送れば良いだけです。

遺品整理や親の家の家財処分などまとまった量の洋服を処理するときなどに利用すると片付けも進めやすくなるでしょう。(※何でも送って良いわけではありません。汚れたものや再利用が難しそうなものの送付は控えたほうが良いです)

買取までの主な流れ

宅配買取の買取までの流れは、梱包された洋服を発送して店舗に到着後約1週間程度で回答が来るでしょう。買取成立となれば入金となる仕組みです。

マルシェがおすすめするショップ

  • セカンドストリート
  • バイセル
  • トレファクスタイル

セカンドストリートはDVDレンタルで有名な「Geo」が運営するリサイクルショップです。現在600店舗ということで、お住まいの近くにもあるかもしれません。しかし郊外型の店舗が多く、関東圏ではR16号線沿線などのロードサイドに多い傾向です。

「バイセル」は宅配買取を専門とした買取店です。ブランド品から着物までを買取するので、遺品整理・家財処分の時には有効でしょう。大量にある洋服の中から「何が売れるか分からない」と困られている人には助かります。

洋服買取専門/バイセル

トレファクスタイルは古着買取に特化した、リサイクルショップ「トレジャー・ファクトリー」が運営する店舗です。メンズ・レディースでブランド・ノーブランド問わずで買取対応してくれるそうです。こちらは店舗での持ち込みも出来ますし、もしそれが難しそうであれば10点以上なら宅配買取も対応しています。

 

【トレファクスタイル】

トレファクスタイル

洋服はフリマアプリを使えば自分で売ることだってできる

最近はフリマアプリが発達したことで、着なくなった服は季節ごとに売っていくという達人もいます。テクニックを駆使すれば自分ででも上手に売ることは出来ます。

主なフリマアプリサイト

  • メルカリ
  • ヤフオク

メルカリはヤフオクの後発のサイトですが、若者のハートをキャッチして急成長した会社です。現在ではヤフオクよりも少し多いユーザー数を抱えています。ヤフオクは「Yhoo」が運営する言わずと知れた会社です。オークション形式のネット販売から始まりましたが、最近はメルカリを意識してか「フリマ」的な販売もしています。ユーザーの年齢がメルカリは若者が中心に対して、ヤフオクは40代以降のユーザーも多いのが特徴です。

ターゲットに合わせた出品

サイトによっては「売れ方」や「売れ筋」というのも異なるでしょう。それはユーザーの違いが多いのが読み取れます。

  • ヤフオクはユーザーの年齢が高め
  • メルカリは若者を中心としている

売ろうとしている洋服が何歳くらいの人向けであるのかによってどちらのサイトで売ったがよいかも考えなければいけません。そして販売の方法です。メルカリの場合はフリマ的な販売なので、送料込みの即決価格なスタイル。若者のユーザーが多いので、あまり高額だと売れない場合もあるでしょう。逆にヤフオクの場合は年齢層も高めなので、例えば毛皮のようなアイテムをオークション出品するのも方法の一つです。オークションの場合は入札者が何人かいれば競り合うので、例え100円で出品したとしても最終的な落札価格が50万になるということだってあります。そこがフリマ出品とは大きく違う点です。ですので、売りたいものがどちらに向いているものなのか。そして競り合うほどの人気の洋服なのかをリサーチした上でどちらに出品したほうが良いのかを選ぶと良いです。

見せ方によっても入札・高値落札が変わる

洋服は画像だと非常に分かりづらいアイテムだといえます。しかしそれを分かりやすく見せれたり、分かりやすい説明を入れることで入札もされますし、予想以上の価格で売れることだってあるんです。

  • 丁寧な写真撮影を心がける
  • サイズが分かりやすい説明

洋服を撮影をするときは床に置いて写真を撮ったりすることが多いでしょう。もちろんこれも悪くはありません。ですが、購入者がその洋服を着たときをイメージしやすいように撮った写真である分かりやすく好感が持たれます。もう一歩進めて言えば「トルソー」があれば着せて写真を取れますから、よりイメージがしやすくなります。(一般的には持っている人は少ないです。自分で古着をうることをご商売にしたいならこういったアイテムを持つのも悪くないでしょう。)

商品の説明文を書くときはサイズや色などを的確に記載するようにしましょう。これがきちんとできていないと後々のクレームにも繋がり兼ねないです。あまり「盛って」説明文を書かなくてよいです。よく書くことよりも正確に伝わるように記述することが大切です。

クレームになりやすいアイテムなので十分な注意も必要

洋服はサイズ違いで着れないとどうにもなりません。返品対応していない場合は購入者からすれば満足のいくものではありません。こういったことが原因でクレームになるケースも少なくありません。上にも書きましたが、サイズや色(写真写りによって違って見えることなどもしっかり記載しましょう)の確認、返品の対応をしない場合には「しっかりと写真を参考のうえ入札にお進みください」「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」といった古着であることに十分理解して頂き入札をしてもらう旨を表示することは大切です。

まとめ

いらない洋服は売ることは出来ますが、洋服によって評価が異なります。ブランド系のものは評価が高い。状態の良い美品であればあるほどです。全ての洋服が買取できるかといえばそれは難しく、しかしゴミになってしまうわけでもありません。

何が売れるのか分からないといった場合にはまとめて全部ショップに持っていくのが良いでしょう。ただし、汚れたものや破れてしまっているようなもの以外です。近くに店舗が無い場合には「宅配買取」を行っているショップがあるので、そういったものを利用されると便利でしょう。遺品整理・家財処分といったまとまった片付けの時には特に有効的です。

洋服を自分で売ればショップと同等の金額で売れるかもしれません。どのようにして売るかといえば、「フリマアプリ」の活用です。ネット販売なら店舗も必要なく売ることは出来ます。メルカリやヤフオクといったサイトを利用して、綺麗に写真を撮って分かりやすい説明文を書くことで入札も入り売買がすることができます。

きちんと売れればゴミにしなくて済むので、リユーズ・リサイクルでお役立てください。

 

洋服の処分とその方法

洋服というのは気づかないうちに溜まってしまい、そして中々捨てられないものでもあります。定期的に着ない洋服は処分してクローゼットの中の環境を保つのも大切なことです。今さら誰にも聞けない洋服の処分方法についてご紹介をしていきます

洋服

いらなくなった服の処分

洋服は常に流行が変わり、毎シーズン買い続けるようなお洒落さんも多いかと思います。しかし、その都度買っていれば数年が過ぎるとあっというまにタンスの中はいっぱいになります。古くてもう着ない洋服や着れない洋服は全てが処分にする必要はありません。リユース可能で売却できるものは売って、残ったものを処分というのが理想的です。売るにしてもあまり期間が過ぎると、洋服は傷みやカビなどによって売れない場合もありますから、早めの対処がおすすめです。

リユースが出来るかの基準

リユースとして評価の高い洋服というのがあります。それは「ブランド」のタグが付いた洋服で古着としても人気があります。こういったものはまだまだ需要があります。しかし穴が開いていたり、破れていたり、汚れているようなものだと古着として買取が出来ないこともあります。

洋服の処分に困る事例

少量のタンス一つ分くらいの洋服を整理して処分するというのであれば大したことはありません。簡単に済むことと思います。しかしケースによってはとんでもないくらい量の洋服が出てくる場合があります。

  • 親の家の家財処分
  • 家一軒分の遺品整理

当店でも家財処分や遺品整理のお手伝いをすることがあり、片付けに入る機会があるのですが、いわゆる「衣装持ち」のお住まいに入るとびっくりするくらいの量がある場合があります。いったいいつからの洋服なのかと思うくらいの量で、全部を集めてみると平ボディの2トントラックで山盛り一杯くらいになる場合があります。それが珍しいことではなく、衣類というのはどこのお住まいでも溜まっていることが多いのです。

こういったものをこまめに整理するといってもかなりの量ですから楽ではありません。ゴミ袋にまとめて入れるにしても洋服って重いんですよ。そして数十袋にもなると処分にも困ってしまうものです。

一度は服を売ってみる?

  • 洋服を自分で売るのは意外と苦労する
  • もし売れそうな服ががあれば売る方法

最近はメルカリやヤフオクといった「フリマアプリ」もありますから、自分で洋服を販売するということも出来ます。しかし売るためには良く見せる必要があり、綺麗に写真を撮ることで入札もされ、高値で落札されることになります。そして商品の説明文を考えるというのも重要です。サイズがどのくらいで、使用期間であったり、汚れやくたびれ具合などを明確に記載すると購入者にとっては信頼度も増し購入に繋がります。でも実際にこれをやろうとした場合に、出来ないことはありませんが、初めてで慣れていない人からするとかなりの労力があるそうです。一つや二つくらいであれば何とかできるかも知れませんが、大量となると途中で止めてしまうという話も少なくはありません。

仮に一軒分の家財処分や遺品整理などで出てきた洋服を自分たちで売るというのは現実的ではなく、時間ばかりがかかってしまいますそこで役に立つのが「古着買取」の専門店です。持ち込みで査定もしてくれますが、ネット宅配買取もしていますので、車がない人など手間をかけずに済みます。一般的な洋服やブランドの洋服に特化した買取店などがあり、それぞれの長所を生かしたところに分けて売却してみるのも良いでしょう

古着買取の専門店

【トレファクスタイル】

トレファクスタイル

【取り扱いアイテム】

トレジャーファクトリースタイルは、メンズ・レディースのお洋服、バッグ、シューズを中心に帽子やストール、ベルト、サイフ、ネクタイなど幅広いジャンルのアイテムの買取と販売を行っているリサイクルショップです。

買取は個人の場合は2種類の方法から選ぶことが出来ます。

  1. 店頭持ち込みによる買取
  2. 宅配買取

近くに店舗がある場合は持ち込みでならすぐに査定が可能。もし近くに店舗が無かったり、大量の洋服の場合なら宅配買取が便利です。

このお店に売る

売れ残った洋服

売りに出してみて残った洋服や仕分けの段階で売れないと分かるものが処分の対象となるのですが、少量であれば燃えるごみとして処理することも可能です。それ以外ではウェス・工業用雑巾やぬいぐるみの詰め物などでリサイクルされることになります。

ユニクロやH&Mの洋服の処分

ユニクロやH&Mといったブランドは「ファストファッション」と呼ばれる低価格を強みで、安価で手軽な商品のラインナップです。この価格帯が古着としての買取には向いていません。こういったブランドの洋服の場合は時間をかけて査定をしてもらうよりも処分にしても良いと思います。処分=ゴミではなく、状態の良いものであれば日本国内ではリユースされることは少ないですが、海外ではリユースされる可能性があります。

収集された洋服はどうなっているのか?

洋服はリサイクル・リユースをされて再利用・再資源化される

  • 海外へ輸出
  • ウェスなどに使われることもある

洋服の海外輸出

主に古紙業者が集めることが多い衣類ですが、これらは海外の様々な国に送られていきます。

古着

https://globe.asahi.com/article/11989591

砂漠の倉庫に古着の山――UAE

砂漠の大都会ドバイから車で1時間足らず。アラブ首長国連邦(UAE)シャルジャの湾岸にある倉庫には、新たに到着した古着が山のように積まれていた。

圧縮され、コンテナに詰め込まれ、長い船旅を終えてくたびれきった古着は、カラフルだが「ゴミの山」にも見える。実際、この倉庫の古着は大半がフランスやベルギーなど欧州で持ち主に捨てられたものだ。

古着は、主に先進国で廃品回収や寄付を通じて集められる。服自体の原価はタダ同然だが、選別されることで商品としての価値が生まれていく。人件費、輸送費、輸入関税、業者が得るマージンなどが上乗せされ、値段がつく。コストを抑えるために、多くは人件費が安い別の国に輸出され、仕分けをへて次の市場に向かう。

こういった古着の輸出はドバイだけでなくマレーシアなどでも行われています。そして仕分け分別されたものがまたパッキングされてコンテナに積まれ日本に逆輸入されているのです。

衣類の再資源化事情

リユース以外に使われる機会もありますが、焼却されてしまうものも多いようです。

古着リサイクル

http://econavi.eic.or.jp/ecorepo/live/88

軍手はリサイクル製品の代表作

中古衣料として分けられた衣類は、そのまま東南アジア方面を中心に輸出されます。衣料品として使えない場合の再利用法のひとつは、生地をほぐして反毛し、糸にして軍手などを作ることです。
通常売られている綿の軍手はほとんどがリサイクル品で、いろんな色の衣料品から作られているのですが、漂白剤で白くしています。
私はこの“漂白”にチョット疑問を感じているのです。
わざわざ白くしなくても、そのときの衣料品の色で多少の色違いがあっても良いのではないかと思うのですが、それでは売れないのでしょうか?
やはり白は清潔感があって、新品という感じでよいのでしょうか。

リサイクル率はまだまだ低く、その大半の衣類は焼却処分されているようです。

洋服を処分する方法

  • 地域の集団回収
  • 燃えるごみとして出すこともできる
  • 古紙回収業者へ持ち込み

地域の集団回収とは行政が収集を行うのではなく、古紙業者などが回収日を決めて、そこに出された古着を集めていくやり方です。古紙やダンボールは自治会やPTAなどが主体になって集めていますが、やり方としては同じような感じです。ただ古着の場合は紙のようには売れずほとんどが無料回収であるのが一般的です。

遺品整理や家財処分で出るような大量の洋服でなければ、なんか勿体ない気もしますが燃えるごみとして出すことも出来ます。

そしてある程度のまとまった量で、回収日にちを気にせずに処分をしたいのであれば、古紙業者に直接持ち込みすることです。一般の人からの持ち込みは通常は行っておらず、持ち込みに来るのは業者のトラックばかりです。しかし絶対受け入れていないわけでもないので、電話などで確認をして持っていくことをお勧めします。

古紙回収業者へ持ち込みするときの注意点

古紙業者に衣類を持ち込みをする場合には気をつけなければいけない点がいくつかあります。

  • 汚れた衣類を持ち込まない
  • ベルトなどが着いたままのズボンを入れない
  • 衣類以外のものを混ぜない
  • ダウンジャケットのような羽の入った衣類は混ぜない。

上に書いたことは全て衣類のリサイクルが出来なくなるからです。もしこういったものを混ぜて持ち込みしたときに、古紙業者はゴミ処分業者ではありませんから持ち帰ることになるでしょうし、無駄骨を折る結果になるので注意しましょう。

いらない服を無料で寄付

洋服などを集めているNPO団体もいくつかあります。こういった団体も恵まれない国へ送ったり、国内で使えるものであれば施設に送ったりしています。焼却処分になることで勿体ないと思われる人も多くいるかと思いますが、その場合にはこのような団体に「寄付」をするのも良いことだと思います。

まとめ

いらなくなった洋服を捨てる場合の処分方法はお分かりにいただけたでしょうか?全てを処分にするのではなく、売れそうなものとそうでない洋服をまずは仕分けをして、売れなかったものを処分にするというのがスマートなやり方でしょう。家財処分や遺品整理の時のように大量であるときほどネットによる宅配買取は有効であり処理が楽になります。

残ったものの処分は古紙業者の集団回収・行政の収集・古紙業者への持ち込みという3つのやり方があります。洋服の処分で困った時にはこれらを実践してみてください。