カメラレンズの選び方、種類や取り付けマウントの注意ポイント

カメラレンズの選びかた

カメラには一眼レフカメラとミラーレスのコンパクトデジタルカメラ、通称”コンデジ”と呼ばれるカメラがあります。前者の一眼レフカメラはレンズを交換することで様々な写真を撮ることが出来るカメラです。その種類も豊富ですし、近いところや遠いところを移すため”距離”によってレンズを交換します。まずはどんな種類のレンズがあるのかですが、あまり難しい用語を避けて、レンズに詳しくない方でもその特性が分かりりやすいようにご紹介していきます。

カメラのレンズの種類

標準ズームレンズ、単焦点レンズ、望遠レンズ、広角レンズ、マクロレンズ、魚眼レンズ

標準ズームレンズ

これはカメラのセットで購入した時についているようなレンズで、近い距離も少し離れた距離も取れるような使いやすいレンズです。ズームを使うことで遠い距離のものも撮れますし、近いものも焦点が合います。自分の目で見てる感覚と一番近い感じの撮れ方がするレンズです。

短焦点レンズ

このレンズはズームとかが出来ません。焦点が決まっているため、自ずと距離も決まってしまいます。どのような使い方をするのかというと、背景がぼやけたような写真。いわゆるポートレート写真というのもです。食べ物を撮ったりするときも背景がぼやけることで、撮りたいものがはっきりとして強調させれるレンズです。

望遠レンズ

望遠レンズは名前の通り、望遠で撮れるレンズです。野鳥を撮ったり風景写真など、またはパパラッチが使う超望遠レンズみたいなものもあります。その距離に合わせてレンズが販売されています。遠くなればなるほど価格も高くなっていきます。

広角レンズ

広角レンズは画角が広くとれるレンズです。お部屋の中の写真を撮ったりするときに、広角レンズを使うとより広く見えるように撮れたりします。屋外でもズームレンズや望遠レンズの画角に比べてもかなり広く取れます。パノラマ的な写真が撮れるようなイメージです。

マクロレンズ

マクロレンズというのはすごく近い距離の被写体を撮りたい時につかうものです。お花や昆虫など、より近づいた写真が撮りたい時にはマクロレンズです。動きのあるものを追っかけて撮るのは難しいので、動いていないもののほうが撮りやすいです。

魚眼レンズ

魚眼レンズというのは、360°の視野で撮れるちょっと変わったレンズです。出来上がりの写真も普通じゃありませんから、アートな撮り方をしたい人向けだと言えます。自分の感性で面白い写真がいっぱい撮れるとおもいます。

このように一眼レフカメラでは自分の好みに応じて、それぞれのシーンに合わせてレンズを好感していきます。

カメラのマウントにも違いがあります

上に書いたものはレンズの種類ですが、マウントにも気を付けて購入しなければいけません。このマウントとはカメラのボディとレンズを繋ぎ合わせる所のことです。このマウントが違うことで同じ望遠レンズでも取り付けできなかったということになってしまいます。このマウントはメーカーによって違います。例えば”ニコン”のカメラのボディにはニコン用のレンズを取り付けしなければいけません。レンズもニコン純正のものもあれば”シグマ”やトキナー”など社外品のレンズも多く販売されています。シグマでもニコン用、キャノン用などマウントによって分かれるということです。

購入されるときにレンズは非常に高いものですから、この点に注意して購入しなければいけません。

まとめ

一眼レフカメラのレンズは種類も豊富です。好みのレンズによって写真の出来上がりも違ってきます。どんな写真が撮りたいかによって選び方も変わってきます。そしてレンズのマウントはメーカーによって異なるので、カメラのボディに合わせてそれに合うマウントのレンズを購入するようにしましょう。