書道具・古墨の買取

 
書道具

使わない書道具譲り下さい

もう使わない書道具や家財処分で出てきたものなど、不要な書道具がありましたらお譲りください。

より良い物は高価買取させていただきます。

どんな書道具の買取をしてくれるの?

書道具全般の買取をしています。硯は色々種類があり、”端渓硯”や”雨端硯”といったものが有名です。これらは産地が違い、その名称も異なります。筆は毛筆の種類が色々あります。羊毛・馬毛・イタチといったものがあります。墨も用途によって種類が分かれていたりします。漢字用・かな用・茶朴・古墨などです。

主だった書道具のアイテム

  • 端渓硯
  • 雨端硯
  • 中国墨(大好山水)
  • 水滴
  • 文庫
  • 硯箱
  • 筆筒・筆掛
  • 印材
  • 墨合・肉池
  • 硯屛
  • 筆(筆架)

    こういった物がありましたら状態問わずでご相談ください。

どこのものか分からない書道具の場合

中国の書道具が評価が高いと上にも書きましたが、お手持ちの物がどこの物か分からないこともあるかと思います。拝見させていただいて、それがどこの物なのかをお調べをするのが私たちのお仕事です。

使用品でも構いません

書道の筆の場合でいうと、使用頻度が最も高いことからその状態もまちまちですが、お気になさらなくて構いません。
過去に拝見してきた品々も全てが完璧な状態のものばかりではありません。
古いもであれば状態が劣化していて当たり前です。

書道具の中で高くなりやすいもの

書道具の中でも買取が高く評価されるものがあります。それは筆・墨・硯といったアイテムです。そしてこのアイテムの中から品質によってさらに高い評価を受ける物と分かれていくわけです。

例えば硯の場合ですと、その砕石場所の産地や生産される量によって希少さが異なります。珍しいものや流通している数が少ないものほど高く評価されます。墨の場合は普段使いの物ではなく古墨や高級な油煙墨のようなものが高く評価されます。筆の場合は久保田號・一休園・川尻筆・熊野筆というのは高級品として高い評価されます。

より良い物・お取引の量よっては高く買取いたします

高品質で希少価値のあるものはさらに高く買い取りいたします。

そして硯・や筆・墨などをまとめてお譲りいただけるようでしたら、通常の査定額よりも高く買わせていただきます。

買取マルシェの強み

買取マルシェでは買い集めたそれぞれジャンルの違う品物を、ぞれぞれ適した古物市場で取引していきます。
何故そうするのか? それは市場によって価格が違うからです。美術品を家財が集まる市場で競りに出しても値段は付きません。そこの競り来る人たちは美術品を買い求めて来ていないからです。
高値で売るには市場の見極めも必要です。 高値で売れることでお客様から高価買取が可能になるわけです。
買取マルシェは各市場に精通していますのでどんなジャンルのものでも高く買えるというのが最大の強みになります。

お見積り

お見積りの方法は2種類

画像によるお見積り、もしくは出張査定となります。

はっきり作者などが分かっているものは画像をお送りいただければ、画像による査定をいたします。

メール査定

メール

家財処分などで大量な荷物に埋もれている場合など、どれが売れるのかも分からないという時は出張査定がおすすめです。

出張査定のご依頼

申し込みフォーム

現地でのお見積り

メールでのご相談の後、もしくは直接現地での査定お見積りもいたします。
実際に拝見することで正確な査定お見積り金額を算出することが出来ます。
査定金額にご納得後に買取りへと移らさせていただきます。

宅配買取 -日本全国対応-

宅急便を利用した買取

書道具の買取相談をいただいて、遠方の場合にはお伺い出来ない地域もございます。
そういう場合には宅配買取をご利用ください。
買取を希望されるものを段ボールに詰めていただき弊社に着払いでご送付ください。
中身の確認後に査定を行い買取金額にご納得いただけましたら、ご指定の口座にお振込みをいたします。
⇒宅配買取について
フリーコール0120803820

買取事例

埼玉県川口市で書道具の買取

筆

川口市にお住いの方から書道具の買取のご相談をいただきました。お父様が使われていた物だったそうですが、この度整理をされるということでご相談をいただきました。

お電話で少し内容をお聞きしたところによるとかなりの数の筆があるということでしたので、楽しみにして伺いました。

中国製の書道具

硯

書道具は中国製の物が評価がやはり高いです。そして今回のお宅の筆は中国製の物が多くありました。筆掛けにかかって保管されていたようです。まだ未使用のものなど、全部で100本以上の筆がありました。その中で多かったのが「上海工芸」製の筆でした。状態も良く中古品としてもまだまだ使えそうなものが多かったのも評価が高いです。

筆以外には硯もいくつかありました。こちらも中国産の「端渓硯」。ずっしりと重い重厚な硯。そして彫りも施された見た目も美しいものでした。しっかりとした仕事をされているものは造りも丁寧です。こういった物は硯としての評価も上がること間違いないです。

書道具以外の買取品

模造刀

今回は「書道具」ということでご相談をいただいたのですが、伺ってみると書道具以外も整理されるということで、当店ではその他も物も買い取りを扱っていますから拝見させていただきました。

風炉釜や模造刀や飾り棚といったものや置物などがありましたが、風炉釜は作家によってはとても希少な物の場合は非常に高く評価されるものもありますが、今回の物は一般的なものでした。刀というのは真剣の場合は「美術品」として取り扱われていて、登録書が無ければ保持することは出来ません。しかし今回の物は模造刀ということで問題はありません。価値はというとやはり真剣に比べるとおもちゃ扱いになってしまうのは否めませんが、買取は可能です。飾り棚は唐木の物でして、骨董品扱いの古いものであれば価値は跳ね上がります。今回の物は恐らく20年~30年前のものと推測しまして、骨董と呼ぶには少し若い感じがしました。

御依頼の変更

 

 

唐木の飾り棚

当初は小さなものの買取とお聞きしていたので、小さな車で伺ってしまいました。飾り棚はちょっと車には入りきらないので、引き取りを2回に分けてお引取りさせていただくことになりました。次回はトラックで伺いますので、大きな物でも十分対応可能です。

川口市内での対応

埼玉県川口市での買取の対応についてはお取引の量によって訪問させていただきます。少額・少量のお取引の場合は宅配買取で対応させていただきます。

買取のご相談はお気軽にどうぞ。

メール相談

フリーコール0120803820

 

 

 

横浜市港北区で弓・矢の買取

横浜市の港北区のお客様から「弓・矢」の買取のご相談をいただきました。ご相談のものは「カーボン」「ジュラルミン」で出来たもので、「和弓」に比べますと安価に手に入るものです。入門用などで購入されることが多いものと言えるでしょう。学生さんだった頃に購入された物が不用ということで売却されることとなりました。

そしてカーボン・ジュラルミンンといっても銘柄などはあります。

弓の種類

弓には長さや弓を引く力によっての種類があります。今回の物は「並伸」の約221センチの長さで「弓力」が16.2Kgの物でした。弓の選び方は身長によっても異なりますし。弓力はご自身の体重の三分の一×70~80%と言われますので、個人差によっても変わります。購入する時は身体測定をしてから購入することが良いわけです。

中古での相場

カーボンの弓は竹で作る和弓よりは中古の相場も安い傾向です。見た目は芯材としてカーボンを使い、外側が竹であったりするので、一見すると竹の物に見えますが、実はハイブリッドになっているわけです。一方の矢もジュラルミンと尾羽は天然でなかったり希少な素材でなかったりすることも多いのであまり高値にはなりません。練習用にはちょうど良いといったところですね。

中古として買取出来るポイント

弓や矢を中古品として売却する場合に、査定するポイントと言うのがあります。

  • 銘柄
  • 長さ
  • 弓力
  • 使用頻度、劣化など、品物の状態

この3点は必ず確認いたします。銘柄不明となる場合は、査定額にも大きく影響します。長さや弓力というのは大きく影響は出ませんが、使用しにくいようなものはマイナス査定になることはあります。

あとは一番重要なのが、使用による品物の劣化の状態です。美品の物と傷や破損などが多くある物では査定金額が大きく変わってしまうのは当然です。

出張での買取

横浜市港北区内でしたら出張で弓・矢の買取に伺います。弓を宅配で送るにしても梱包も面倒な話です。出張ならそんな手間もかかりませんから安心です。弓と矢の買取の相談はお電話、もしくはメールからでも受け付けしております。

まずはお気軽にご相談ください。

メール相談

フリーコール0120803820

 

 

› 続きを読む