目黒区中町でアクセサリーと雑貨品の買取してきました

先日 「こけしの買取」のご相談をいただきましたお客様のところに出張させていただきました。

お電話でお話しさせていただいた時に、そのお部屋をずっと整理されているそうで、まだまだ他にも整理品があるとのことでした。

しかしご相談者様の感覚では売れそうなものは無いということでしたが、一度拝見させていただく流れとなりました。

 

なんでもこのお住まいはもう1年以上に渡り整理をしているそうです。亡くなられたお母さまのお家のようでした。全部ごみ処分みたいになるのなら、誰かに使って欲しいということで今回ご相談をいただいたわけです。

まずは最初にお問合せいただいたこけしを拝見しました。6体ほどのこけしで作られたのはどれもまだ新しいものが多いです。評価が高くなるのは昭和30年くらいまでに作られたものであったりするので、これらはそういったものではありませんでした。

そしてカメラと切手のブックも出てきたということで拝見いたしました。オリンピックなどの記念切手です。これらも買い取りさせていただきます。数が多いので時間かかりますが、全部の額面をまず計算していきます。

そして別のお部屋の中を見させていただくと、お稽古などに使うような古道具系の物はありませんでした。お茶や書道には興味が無かったそうです。しかし和室を見るとタンスがあり、その上のショーケースがありました。

 

何やら小物類が雑然と入っています。こういうところにはアクセサリ―関連が入っていること多いです。べっ甲のネックレスやライターなどを発見。その他にもごちゃごちゃと一杯詰まっている様子です。これらは一式で買取させていただきました。そのことを告げると、「それ買ってくれるんですか?」のようなちょっと驚かれた様子でした(笑) 見た目では判断できないんです。

あとはライターもいくつか出てきましたので、それらも買い取りさせていただきます。Mサイズの段ボールに詰めて3箱くらいといったところですかね。結局のところは最初にご相談いただいた”こけし”よりもそれ以外の物が多かったです。 いつもお客様の予想外の物を買っています(笑)。

 

少量、大量問わずで目黒区内はいつでも出張査定を行っています。ご相談はお気軽にどうぞ。

2018年7月14日 | カテゴリー :