不用品出張買取がおすすめな理由と業者の選び方 | 買取マルシェ

不用品出張買取がおすすめな理由と業者の選び方

出張買取

不用品が出たときにはどうしていますか?ごみとして捨ててしまっていますか?要らないから捨てているものの中には中古品として価値のあるものが混ざっていることもあります。ゴミ処分ではなく売るという方法もあるのです。

お店に持ち込みではなく「出張買取」についてご紹介していきます。

出張買取のメリット

不用品を売りたいと思った時には「店舗に売りに行く」というのが従来のやり方でしたね。しかし今はお店に行かなくても業者が買取に来てくれる時代です。ユーザーからしたらメリットは大きいと思いますが、どんな良さがあるのでしょうか?

  • 持ち込みの手間が省ける
  • 大型の品物の運び出しをしなくて良い
  • 売れるもの(買ってもらえるもの)を業者が見つけてくれる

主なメリットを挙げるとこんなところです。やはり一番は持ち込みの手間が省けるのは大きなメリットではないでしょうか?車を持っていない方であったり、近くに店舗が無い方からすればありがたいですよね?

そして大型冷蔵庫なんかを家の中から出して売りに行くというのも現実的ではありません。プロに運び出しが安心です。あとは売れる分かりやすい品物なら自分で売りに行くことも出来るのですが、「売れるのか、売れないのか微妙なもの」や「査定を必要とするもの」の場合は持って行って売れないと持ち帰りが手間になりますよね?そういった無駄が省けるのも出張買取の良いところです。

ただしどんな業者も「なんでも買ってくれる」という訳ではありません。取り扱いしているものの違いや買取の業種の中でもスタイルが異なっているからです。

買取業者にも色々ある

買取業者と一言で言っても、全て同じではありません。その違いはいくつかあります。

  1. 専門店
  2. 無店舗の総合リサイクルショップ
  3. 実店舗型のリサイクルショップ
  4. 不用品回収+買取業者

専門店と言うのは、時計や貴金属やブランド製品などを得意とする買取業者です。ロレックスやオメガのような高級時計を取り扱ったり、18kやプラチナのような貴金属の買取やエルメスやヴィトンのようなバッグを買取する店舗があります。最近では出張でも買取を行っているところも増えてはいます。ですが、ジャンルに外れたものなどは買取を断られます。

次に、無店舗の総合リサイクルショップというのは、お店を構えてお店に来た人に売るスタイルではなく、「ネット販売」「業販」を中心とした売り方で、最近増えているやり方です。ジャンルにこだわらず、どんなものでも買取をするというのが特徴です。

実店舗型のリサイクルショップは昔からあるスタイルのお店。買取をした商品をお店に並べ、買いに来た人に売る。お届けするといったやり方。仕入れ目的で買取をするのですが、お店のテイストに合わないものは買取しない場合もあります。

最近は不用品回収業者もリサイクル買取に力を入れているところも増えています。ただし片付けがメインで依頼をして、その中に売れるものがあれば減額というやり方なので、単純に「物を売りたい」という時には不向きと言えます。

どんな業者を選べば良いのか?

種類ある買取業者の中で、どんな業者に何を売れば良いのか?この選定には迷いますよね。いくつかのケースを挙げておすすめをご紹介します。

何を売るのかによっても選ぶ業者は変わってきます。

  • 貴金属
  • ブランド品
  • 高級時計

貴金属

このような物を売りたい時には質屋系などの専門店がおすすめ。なぜかと言えばブランドバッグや高級時計は非常にコピー品が多い。正規店で買ったことを証明できるものが無ければ安値でで買取になる場合がある。もしくはしっかりと鑑定出来るところであれば正しい評価で買取をしてもらえる。質屋系のショップはその鑑定力が強いところが多いのでおすすめです。

貴金属の場合は質屋系ではなく「地金買取」をしている専門店がおすすめ。駅前の「貴金属買取」のお店は一見高く買取にも思えるが、支払う手数料が高かったりする。その点で地金買取を専門にしているお店は最終価格で差が出ることが多い。

家財道具全般

  • 家電品
  • 家具
  • 雑貨

家財道具の中でも家電製品などを売りたい場合には、総合リサイクルショップや実店舗のリサイクルショップがおすすめ。買取しているものは「中古でニーズのあるもの」ならだいたい買取している。ただ、販売価格が低い場合は値付けが難しくなり、「無料引き取り」になることもありますが、しかし少しでも整理したい人には好都合とも言えます。家電製品の買出来る年数の目安は約5年程度。家具などの大型のものは「カリモク」「マルニ」のようなブランド家具であれば評価が高くなります。

美術品や古道具など

  • 絵画・水墨画・リトグラフ
  • 書道具・茶道具などの古道具
  • 陶器・掛け軸などの骨董品

絵画

一軒分の家財道具を整理や遺品整理をしていると、両親が昔使っていたものや集めていたものなどが出てきたりします。「物の価値」がはっきりしていれば売り先も見つけやすいですが、古くて汚れているもので、「価値があるのか無いのか?」よく分からないものが一番困ります。捨てるに捨てられないことになるからです。こんな時におすすめなのが総合リサイクルショップ。それも古いものを得意としているところがおすすめです。なぜなら一般的なリサイクルショップとは販売ルートが違うため、美術品や骨董品や古道具を買う顧客を多く持っていたりするからです。そして何が売れるか分からなくても、出張で査定で買取出来るものを見つけてくれるというのも特徴の一つです。

引っ越しなどの不用品処分と買取の場合

主に不用品処分をメインで希望している場合に、買取業者に依頼をしても中古で売れないものは買取も引き取りもしてくれないことが多いです。ほとんどの物が残ってしまい片付かないというケースもよくある話です。そういった時におすすめなのが、不用品回収とリサイクル買取をしてくれる業者です。不用品の運び出しと引き取り。更にリユース出来るものは買取で減額となるのが特徴です。

まとめ

いかがだったでしょうか?買取業者といっても同じではありません。得意としていることが違うので、ニーズに合わせて業者選びをして、「出張買取」されることをおすすめします。持ち込みよりも絶対にお手軽に済むこと間違いありません。

フリーコール0120803820

今すぐ電話相談する