持ち込みが良い不用品買取にはどんなものがあるの?

リサイクル

要らない不用品を買取してもらうのはどういったものを持ち込みすれば良いのでしょうか?どんなところに持って行けば良いかなど、持ち込みの不用品買取についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

持ち込みで不用品の買取

不用品を売りたい時には「出張買取」「持ち込み」の2種類の方法があります。それぞれメリット・デメリットがあり、持ち込みの不用品買取について考えてみました。

日程を気にしなくて良い

持ちこみによる買取の場合は、自分の都合で動くことが出来ます。時間も気にすることが無いので、時間が空いた時に行くことが出来ます。出張買取の場合は買取業者の予定を聞いてからなので、都合が合わなかったり、時間帯が調整出来ない場合も出てきたりします。

出張費用を気にしなくて良い

不用品買取といっても、出張で買取を依頼する場合は費用分が買取金額からマイナスになったり、場合によっては買取りの量(個数)によっては出張してもらえないケースも多くあります。その点で持ち込みの場合は出張費用を気にすることなく買取を依頼出来ます。

値段がつかなくても無料で引き取りして欲しい場合

要らない不用品がゴミではないにしても、中古品として利幅の少ないようなものの時には買取金額がつかないケースも多くあります。こういうものは出張買取も難しくなるので、持ち込みによる「引き取り」をお願いするのも良いでしょう。特に大型のもので要らないものは粗大ごみになってしまいますから、無料で引き取りしてくれるのであればお得になります。しかしゴミにしかならないものは引き取りもしてくれないので、行こうとしているリサイクルショップへ予め聞いてからの持ち込みが良いでしょう。

専門店で売った方が良い物

不用品を買取してもらう場合に、一般的なリサイクルショップよりも専門店で売った方が良い物もあります。より専門的な知識のいるアイテムをうる場合です。例えば貴金属やブランド品のバッグ・ロレックスやオメガなどの有名時計や有名絵画。なぜこういったものが専門店が良いかというと、これらは偽物が多いアイテムなんです。貴金属でも巧妙な手口で刻印を打つなどして偽物はあります。ヴィトンやエルメスの偽物バッグは海外に行くとお土産感覚でも買えますし、ロレックスのエクスプローラーやデイトナの偽物なんかもそこら中にあります。こういったものは正規品である保証書が無いと一般的なリサイクルショップでは手が出ません。真贋をすることが難しいからです。なので、目利きが出来る専門店の方が仮に保証書が無くても鑑定出来ることが多いというのが理由です。

そして大量に集めて大量に販売することで、高値で買取しているケースが多いのです。質屋系のショップなどは価格が高いので、業者の人でさえも持ち込みするくらいです。

絵画の場合はいわゆる工芸品としてライセンス許可を取ってオリジナルのものとそっくりなものを製作している場合や、似せて書いているものなど様々です。有名であるほど贋作や偽物は描かれていて、サインは入っているけれど全くの偽物ということもよくあります。絵画を専門とするギャラリーでは鑑定料はかかりますが、しっかりと鑑定をしてくれるところもあるので、本物かが分かってから売るのも良いでしょう。

どんなところに持ち込めば良い?

売りたいものの持ち込み先ですが、何を売るのかによって持って行く先が違ってきます。

リサイクルショップ

リサイクルショップの場合には一般的な家財道具。テレビや冷蔵庫や洗濯機のような家電品。年式は5年以内のもので、もちろん動くことが前提です。5年を過ぎたものは買取は難しく、無料で引き取りしてもらえるのも7年くらいまでが限界でしょう。それ以上は無料では難しいかもしれません。中古で再販するということを考えるとやはり5年が境と考えてください。そしてパナソニックや・シャープや東芝などの日本メーカーが査定の評価は高いです。ハイアールやLGなどの海外製は買取価格は持ち込みであっても低くなります。元の新品の価格が高いものは高く、安い物は安くなります。

その他は電子レンジやトースターやガスコンロなども買取はしてますが、持ち込みする場合はある程度は清掃してからにしましょう。あまり汚れている場合はやはり印象が悪くなります。

家具の場合はカリモクやマルニなどのブランド家具の査定はショップからも喜ばれます。あまり入ってこないですからね。高級でなくても中級やノーブランドでも作りがしっかりとしているもの、整理タンスや食器棚・ダイニングセットのようないつでも需要のあるものも良いです。

しかしイケアやニトリの買取は難しいと思ってください。なぜならば組み立て家具は中古では人気が無いからです。組み立て家具というのは組み立てる人によって品質が違ってくるからです。ものすごく上手な人もいますが、やはり組み立て家具は耐久性では弱い。消耗品の使い捨て家具の感覚になってしまいます。

家具の中にはガラスのテーブルなど不人気なアイテムもあり、持ち込みであっても受付してくれないものも中にはあります。

輸出専門の買取業者

海外への輸出を専門とする買取業者というのもあります。こういった輸出業者の場合は一般の人からの買い入れを行っておらず、業者のみ受付する場合もあるのが特徴です。しかし中には一般の人からの持ち込みによる買取、もしくは無料引き取りを行っているケースもあります。

例えばですが、神奈川県横浜市港北区日吉にある「ジャパンリサイクル買取センター」で一般の人からでも受付しています。

〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉7丁目22−16

こういう海外向けのリサイクルショップでは日本国内では売れないようなものでも受け入れしてくれて、例えば使いかけの使い込んだスポーツ用品・キャンプ用品・置物・ 文房具・古くなったぬいぐるみ・ いつにもらったか覚えていない贈答品(中身は使えるもの)や方が古い家具(破損していないもの)など一般的なリサイクルショップでは買取が難しいものでも対応してくれることが多い。海外では日本製というだけで喜ばれているそうです。

このような海外向けのリサイクルショップは都心にはまずありません。コンテナに詰めて船で送るので、広い場所を持ったところでしか営業をしていなくて、 数も少ないので探すのには少し苦労するかもしれませんね。車で行くのも時間もかかるかもしれません。

出張買取とどちらが良いのか?

売れると分かっているものであれば持ち込みでも良いのですが、売れるかどうかも分からないもの、「古いから」「汚れている」「運びにくい」と持ちこみするのも考えてしまうものも家財道具の中にはありますよね。そういったものは出張買取がおすすめなんです。査定できるスタッフが買取出来そうなものを選んでくれる。中には「これ買取出来るの?」と思うものも出てきたりするんです。売れないと思ってたものが売れたら嬉しいですよね?

大量に荷物がある家財処分のような時は出張買取がおすすめ

荷物が多いと持ち込みするのもかなり苦労しますよね。そんな時にも出張買取が便利なんです。大量の家財道具があるほど買取出来るものもいっぱいあるので、出張費もかからず買取が出来るというものです。お部屋からの運び出しもスタッフが全てやるので、何もする必要はありません。査定した買取金額を受け取るだけなんです。

もし住宅の売却や解体などで出る家財道具や遺品整理で家財処分をする場合には是非出張買取を試してみてください!

不用品買取ならマルシェ

家電品から古道具や置物など家財道具なら何でも出張で不用品買取。お引越し前や、住宅の売却時・遺品整理の時に処分費節約でお役に立ちます。東京・横浜・川崎で買取業者をお探しならお気軽にご相談ください。

出張買取のお申込みはこちら

出張査定へのご質問などお気軽にお問い合わせください

この記事を書いてる人

買取マルシェを運営している株式会社コーモドの代表。2007年よりリサイクルの事業を始めて、現在は実際にお客様のところへ買取にも行っている。これまで現場で生で見てきた買取品についてや、中古売買に関する事情など、役立つ情報を記事にして書いています。好きなものは古いイタリア車。

スポンサーリンク