プロが教える不用品の高い売り方

不用品を高く売るための方法をお教えいたします

「面倒なことが嫌い」「細かいことが苦手」という方はこのまま閉じてください(笑)。

 

不要な物をどうしたら高く売れるのか?と考えたら、それは自分でオークションサイトなどを利用して直接売るということです。

サイトも以前は”ヤフオク”の独占状態だったのが、”メルカリ”のような新規のフリマサイトもこの数年で現れてきました。

しかし、出品の方法やテイストに違いがあり、それが価格にも反映されます。

プロの業者が一番高く売るためにサイトをどのように使い分けているのかをお教えいたします。

オークションサイトの差異

オークションサイトで”ヤフオク”や”メルカリ”というのが最近目立つ存在とも言えますが、この両者でどのような違いがあるのでしょうか?

大きな違いで言えば、ヤフオクは”競り”でメルカリは”フリマ”という違いがあるのが特徴です。

ヤフオクにも”フリマモード”という自分で価格を設定するものもありますが、やはり競りが醍醐味です。一方メルカリは競りではなく、表示価格によって落札されます。

それではこの違いがある中で、どのような物をどちらのサイトに出品したほうが良いのでしょうか?

競り(オークション)のメリット

競りの良いところは、やはり価格上昇するということです。1円で出品しても最終的な価格が数万円で落札されるというケースはざらです。※なぜ1円なのかは後からご説明いたします。

自分で価格を決めなくても市場価値として、欲しい人たちによって値段が決まるのが最大のメリットです。

”フリマサイト”メルカリのメリット

フリマサイトというのは自分で価格を決められます。この価格が決まっていて「すぐ買える」というのもメリットの一つです。

競りの場合は落札日がありますから、すぐ”落札”にはなりません。そして価格も自分が欲しいと思ってもライバルによって買えないこともあります。

 

出品する時のサイトの選択

オークションサイトの特徴を考えて、どちらのサイトにどのようなものを出品していけば良いかというのが、高く売るために一重要になります。

ヤフオクで”競り”で高く売れるのは、「注目されているアイテム」や「希少性のあるもの」や「マニアック・趣味なもの」や「専門的なもの」です。

注目されているアイテムと言うのは、旬のものであったり話題になっている物です。時期を外してしまう前に売ることが重要です。

希少性のあるものは、生産の数が少ないものや、作家性のあるものが挙げられます。「これを逃したらもう買えない」というものは価格上昇に期待が持てます。

 

マニアックであったり趣味のもの、例えば鉄道や車などのミニチュアです。一般のファンや仕入れで探している業者も数多くいて、中古品で何か良いのが無いかをいつもチェックされています。カメラ・オーディオといったジャンルも同じように人気があります。

最後に専門的なものは、例えば家具や工具や美術品といった物は、スタート価格に調整は必要ですが、定額でなくても価格が上昇する可能性があるものです。

こういったものを”フリマ”で売ってしまうのは少し惜しい気もします。

落札価格をチェック

ヤフオクの落札価格を簡単に調べるツールとして”オークファン”というサイトがあります。過去に売れた価格の履歴を見ることが出来ます。これを見て、ヤフオク出品かメルカリなのかの判断の材料にもなります。ただし費用がかかり、月額性になっています。単発で出品するだけであればもったいないですね。そういう場合はヤフオクの履歴にも落札価格の履歴が検索に出てきますから、それでチェックするのも一つの方法です。※その価格はあくまで目安です。

 

メルカリを利用して売る場合は、「ヤフオクに出してもそこまで競らないようなものをフリマで売る」というのがベターでしょう。

こんなもの売れるかな・・・?というものでも意外と売れたりするのがメルカリの特徴です。出品には手数料がかからないので、売れ行きを気にしないアイテムを出すのもいいかもしれません。もしくはまとめ売りのような形式もありかと思います。

少し前に 話題になりましたが、「 トイレットペーパーの芯」や「 どんぐり」といったものを出品し、落札されていました。子供さんの夏休みの自由 研究などの材料に 使われることが多いようです。

このようにヤフオクより出品のアイテムが柔軟なので、競りでは難しそうなものをメルカリに割り振ると良いでしょう

 

サイト手数料

オークションサイトを利用するには登録をしてアカウントを取得しなければいけません。

ヤフオクの 場合

入札・落札する人は月額の費用や落札の手数料はかかりません。売る時にだけ手数料がかかります。

出品(売る)場合にかかる費用。

月額使用料フリマ出品の場合0円
オークション出品する場合プレミアム会員費498円(税込み)
出品システム利用料0円 

落札システム利用料

(フリマ出品の場合)

プレミアム会員落札価格の8.64%
プレミアム会員以外10.0%

落札システム利用料

(オークション出品の場合)

 8.64%

メルカリの場合

メルカリの場合は、年会費・月会費・会員登録の登録料金・アプリのダウンロード料金は無料です。※落札時のみ

会員登録の登録料金0円
アプリのダウンロード料金0円
年会費0円
月額利用料0円
落札時の手数料10.0%

出品して、 無事に落札された場合は落札手数料がかかります。

自分で出品したとしても、最低限の出費は避けることが出来ません。

その他手数料

ヤフオクのテクニックとして注目させるオプションがあります。 これを利用する場合はさらに別途費用が発生します。

ですが、これを利用することでさらに価格が高くなる可能性もあります。

 

出品時の価格設定

オークション出品(ヤフオク)にするのか、フリマ出品(メルカリ)にするのかを売るものによって選択して出品を進めます。

オークション出品価格

オークションの場合は出し値が最終価格ではありませんから1円からでも構いません。このような安値スタートをする意味とは、多くの人に注目してもらうためのテクニックの一つです。

タイトルに《1円スタート!!売り切り!!●●》とあると「ちょっと覗いてみようかな」と思う人も増えるからです。実際に落札日に1円で終わることはまずありません。※よほど変な間違いをしていない限りです。

ですので1円でも構いませんし、1000円スタートでも良いです。

しかし中には競りにくいアイテムというのもあるのは事実です。高い商品ではあるけれども、そこまで競り合わないアイテムを安値スタートすると、そのままで終わってしまうこともあります。例えば”香道具”のような万人受けしないアイテムで1円スタートはリスクがあります。こういうアイテムの場合は最初から高めの価格でスタートが無難です。

しかし落札されないこともあるので、オークションを2回~3回行い、それでも落札されない場合には価格の見直しも必要です。

フリマ出品の場合

フリマ出品の場合はそのまま落札となるので、事前に相場を調査して見合った価格で出品する必要があります。

そしてメルカリの場合は、大半が”送料込み”となっているので、その送料も合わせて計算しなければいけません。

仮に東京からの発送で、近場への料金と沖縄とでは金額に大きく差が出ます。

 

出品する 商品の注目を集めるには

出品する商品は多くの人に見てもらう必要があります。 ネット上で商品を紹介するわけですから、特に写真が重要になります。

欲しいと思ってもらえるような写真撮影ができれば、 ヤフオクではウォッチ (ブックマークのようなもの)の 数も増えます。

自分が出品した商品の中でウォッチの数が増えている場合、 例えまだ入札の数が少くてもかなり注目を浴びている証拠です。 こういうアイテムは価格が高くなりやすいです。

※余談ですが 、落札日、 もしくは落札寸前で価格が跳ね上がるケースは多いです。

落札者は少しでも安く買いたいので、 周りの様子を伺いながら 入札していきます。

 

綺麗に写真を撮る方法

綺麗な写真を撮りたいと思うなら、 光の当て方を上手にすると綺麗な写真が撮れます。(スマホのカメラでも十分綺麗に撮れます)

背景にもこだわって 写真を撮ると、 ワンランク上の 出来栄えになります。

写真の枚数はなるべく多い方がいいですが、ヤフオクは基本3枚です。

ヤフオクの場合、 html でより多くの画像をアップロードすることもできますが、 少し面倒でもあります。

そんな時にもっと手軽に、スマホのアプリを使って多くの写真を見せることもできます。

写真アプリの 「コラージュ」を使う 方法です。

このアプリを使えば一枚の写真の中で複数枚を載せることができます。

例えば4分割して4枚。 これと同じように もう2枚作れば、 計 12カットを乗せることができます。

↓これはコラージュを使い、4分割に編集しました。

色々な角度から見せたい場合には、このやり方も有効です。

カット数が必要ない場合は、写真1枚1枚を丁寧に取ることをお勧めします。

 出品する物の清掃は怠らないように

写真を撮るテクニックも大切ですが、被写体自体の清掃は重要です。

いくら価格が高くなるようなものであっても、埃が被っていたり黄ばみ汚れのような状態では入札が入りにくくなります。

入札があったとしても価格が安く終わってしまう可能性もあります。隅々まで掃除として出品することが高値に繋がっていきます。

 

動作するものの確認

電化製品やオーディオ・ゲーム機・カメラといった物は動作確認がしてあるか無しかでも落札価格に影響します。

「通電確認」と「動作確認」が出来て、問題なければそのことを商品説明には記載しましょう。

商品説明は正確に

出品する商品は過大評価した説明も良くありませんし、説明が少なさすぎるのもよくありません。

それほど新品に近い状態でないものを「美品」と記載してしまったり、傷や汚れがあるにも関わらず何も記載しないというのは、商品発送後にトラブルになる原因です。

落札者が「返品したい」と言い出すことが想定できます。

入札者は出品者が記載する情報を元に入札するわけですから、この商品説明は大切です。

出品者の評価

出品者の評価を見て入札に進まれるかたも多いかと思います。やはり評価の高い(マイナスが少ない)人の出品物には安心感が生まれます。

出品歴の少ない人は評価されるような出品の方法と取るように心がけましょう。

落札後の発送

落札が済んだからといってまだ気を抜けません。商品の梱包と発送をしなければいけません。

落札者が送付先の情報を速やかに送ってきた場合、出品者もすぐに対応しなければいけません。

送料を伝えて、支払いが済んだ場合には速やかに発送です。

こういった対応も評価につながるので、対応が遅かったり梱包が雑だったりすると、マイナス評価になる恐れもあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?オークション出品についての流れを、ざっと簡単にご説明いたしました。

このように出品をすれば一番高く売ることが出来ます。

販売業者もこのような流れで出品したりするわけですから、それと同じようにすれば高いのは当たり前です。

”時間”と”手間”を惜しみなくかけることが、商品を高く売るための極意と言えます。