金製品24KGPと刻印のあるものの価値や評価

貴金属というのは種類も豊富にあります。指輪ブレスレッドなどの裏側などに必ずどんな貴金属なのかを示すための「打刻」があります。ここではKGPとある打刻について分かりやすくご紹介していきます。




金製品の24KGPとは何なのか?

貴金属などに24KGP と 刻印 されているものがあります。

これはどういう意味なのでしょうか?

これは24金のメッキ(GP)といった意味です。

このGPというのはGold plated の略です。

24KGP の価値

家財整理をしていて、 金色の物が出てくると、「金だ!」と 喜んだ経験はないでしょうか。

しかし貴金属としての金の 表記は「18K」もしくは「24K」です。

18と24は純度を表していて、24の方が純度高い純金となります。

余談ですが、この 表記がないものを、 貴金属買取店や質屋さんに持ち込んだとしても買取はおこなってくれません。

“金”だと証明するものがないからで

ただし金属を鑑定できるショップにおいては、 地金を削って検査を行ってくれます。

ここで本当の金だと分かれば 刻印がなくても買い取りはしてくれます。

話を戻しまして24KGP ですが、これは中身は真鍮やアルミなどで作られたものにメッキ加工をしたものになります。

メッキ部分は金なのですが、 非常に薄いため、 残念ながら 金としての価値はありません。

 

売ることはできないのか?

24KGP の 刻印があるものとして多いのが、 (船の形をしたものなどの)置物・ (扇子などの)飾り物・金盃があります。

地金としての価値はありませんが、 商品として 売れる可能性はゼロではありません。

ただし元箱など、 付属になるものがしっかりついていないと売れにくいです。

そして買い取り業者に 依頼した場合は 値段がつくことは少なく、 せいぜい無料引き取りとなります。

ではどのようにしているのかということですが、 ご自身でメルカリやヤフオクと言ったサイトを利用して売ることをお勧めいたします。

高い値段では売れないかもしれませんが、ゴミにはなりません。

手間とお時間が少しかかりますが、 一度挑戦してみてはいかがでしょうか?