おすすめのバイクの買取業者探し【厳選4選】

バイクを乗り換えや売却したい時には買取業者に出したりするものですが、どんな買取業者を選べば良いのかについてご紹介していきたいと思います。大手の買取業者や町のバイクショップの買取。

スポンサーリンク

買取されたバイクの流れなどを知って、一番ご自分に合った買取業者を見つけましょう!

バイク

バイク買取業者

バイクの買取業者には販売を行わず、「買取専門」のところもあれば、自社でバイクの販売もやりながら買取を行っているところがあります。なので「バイク屋」が買取するばかりではありません。昔は新車と入れ替えで「下取り」を行い、下取りのバイクを整備して店舗で再販をするという形式もみられましたが、最近はそういったことばかりでもありません。車なんかでもそうですが、買取だけを行っているところは結構あるんです。それでは買い集められたバイクはどこに行くのでしょうか?

バイク買取後の流れ

買取専門業者が買い集めたバイクは「業者オークション」へ出品されていきます。バイクショップを経営しているところが仕入れのために買いに来る競りの市場です。希望のバイクを選んで競り落としていく形式です。

【参考】

国内4メーカーはもちろん、外車や旧車、希少車など幅広く出品されており、あらゆる排気量のオートバイが揃う、国内出品シェアNo.1の中古オートバイオークションです。

株式会社ビーディーエス

買取業者は買い集めたバイクをオークションに出品して販売をしていきます。ポイントとしては一般ユーザーに直接販売をするのではなく、業者向けということです。

大手買取業者と中小の買取業者の差は何?

買取業者には大手や中小の業者など様々あります。それでは業者の差とは何なのでしょうか?大手だから買取価格も優位なのか?それとも中小の方が勝るのでしょうか?このあたりも気になるところです。

  • 認知度
  • 査定対応の差
  • 対応エリア

強いて挙げるならこういったところです。

ラジオやテレビで宣伝している会社は圧倒的な認知度でブランド力を発揮します。知っている会社の方がどうしても安心した気分にもなりますからね。さらに資本力のあるところであれば、営業時間も長く行っていたりして、会社帰りの遅い時間にも査定に来てくれたりと、「ユーザーファースト」の対応も嬉しかったりします。さらに地域を選ばず査定に来てくれたりするのもありがたいですね。買取価格は高くても、そもそも対応エリア外となると話になりません。全国対応しているところでは、住まいの地域も関係なく査定を行ってくれるのが良い点です。

では中小は全くダメなのか?というとそういうわけではありません。あまり名前の聞かないところや、小さなローカルな買取業者だって良いところは多くあります。

  • 宣伝費をかけないから買取価格が高い
  • 大手バイク買取業者が買取しない車種でも取り扱ってくれる場合がある

中小の買取業者もやることは同じです。買い集めたバイクをオークション会場に出品します。出品は大手だから高く売れるわけではなく、あくまでも競りの形式なので平等に売値は決まります。大手と中小では何に差がつくかといえば会社の認知度です。広告費をいっぱいかけている会社の方がより知られています。しかしお金もすごくかかります。こういった広告費にあまりお金をかけない中小は、買取価格を高く出せることもあります。こういうところが狙い目です。

あとは大手の場合は売れ筋のバイクを中心に買取している場合があり、例えば「ハーレー」や「大型バイク」など人気の車種。排気量の小さいバイクや原付バイクは車種によっては買い控えるケースもあります。しかし中小の業者の場合は裾野も広く対応していることもあるので、売りたいバイクによっては大手ではない方が良い場合もあります。

地域のバイクショップに下取り査定

もし気に入った新しいバイクがあって、それを地域のバイクショップで購入しようと思っているのなら「下取り」を利用するのも良いです。もうバイクには乗らない。ただ売却をしたいというのなら買取専門業者でもよいですが、乗り換えなら下取りというのも選択肢の一つに入れるべきです。下取りがあることで、新しいバイクの値引きに有効です。下取りがあるか無いかでも値引き額は大幅に変わります。

買取価格が高いバイク

買取価格が高くなりやすいバイクには一定の法則があります。

  • 人気の車種
  • 希少性の高いバイク・限定車
  • オリジナル・ノーマル車
  • 人気のカスタム車

バイクにも流行り廃りがあります。その時の人気の車種は再販してもすぐに売れるので、買取業者としても欲しい車種です。「新車ではちょっと変えないけど、中古で無いかなぁ?」と探しているユーザーがいっぱいいるからです。

新古車など現行でも販売されている車種は意外と流通する数も多いのですが、絶版車であったり限定車というのは現存する数が決まっています。それでいて人気のある車種というのは必然的に高値になる傾向です。今でいうと2ストのバイクもその中に入ります。すでに生産は終了していて、今後生産されることはありません。欲しいと思うユーザーからすれば高くても欲しいと思うものです。

バイクにしても車にしても「オリジナル」と呼ばれる改造がされていないバイクも人気があります。純正パーツが取り寄せ出来ないような車種ほどその傾向が強いです。

ハーレーやカフェレーサースタイルのバイクの場合は、高品質なカスタムが施されている場合はプラスの評価になったりします。純正から仕上げていくのも費用や時間もかかりますから、それがすでに出来上がっている場合はユーザーからすれば嬉しいものです。そんな中古車があれば欲しくなるのも当然です。

おすすめできる大手バイク買取業者 厳選4選

選んだポイントは3つ

  • 無料出張買取
  • 24時間対応可能
  • 全国買取対応可能

査定を依頼するだけで出張費がかかるのはキツイですね。やはり無料で行っているところが良いです。しかし無料だからといって何社も依頼をすると「冷かし」にもなりかねないので、2~3社程度依頼をすれば相場も分かるので良いと思います。

時間を選ばず依頼を出来るというのは依頼者からすると便利な物です。ネット査定など方法は各社異なりますが、上手く活用をすると時間が有効に使うことができます。

査定を依頼をしたいと思っても査定に来てくれないというのも困るものです。その点で大手なら全国問わずに査定に来てくれるので助かります。

バイク王

「バイクを売るなら、ゴーバイク王♪」でおなじみ、株式会社バイク王&カンパニーが運営をしています。29都道府県に店舗があり、全国規模で買取査定を行っています。店舗数は63店舗。多いですね!

バイク王の特徴

  • ネットを使い各地の中古オークションの相場価格を反映させた買取価格。
  • 出張買取が可能で、バッテリ上がりなど、動かないバイクでも査定の対象になります。
  • 3万円以内の買取の場合は現金で支払い。3万円以上の場合は4日以内に銀行振り込みとなります。
  • 名義変更手続きも無料で代行
  • ローンが残ったバイクでも買取が可能です。

バイク査定ドットコム

バイク査定ドットコムは株式会社ワースワイルが運営しています。バイク買取以外にも販売・整備・修理、カスタムパーツの製造販売も行っている会社です。自社でかバイク買取を行い再販もするスタイルですね。自社で買取から再販まで一貫して行うことで、オークションからの仕入れを省けるので、高値買取も期待が出来ます。

バイク査定ドットコム の特徴

  • 現金買取
  • 販売もしているので乗り換え(下取り)も対応可能
  • カスタム車の買取も取り扱い

バイクボーイ

バイクボーイは株式会社ナガツマが運営をしています。こちらも全国展開で買取を行っています。

バイクボーイの特徴

  • 全国で買取
  • 時間帯を選ばず査定に来てくれる
  • 現金買取が可能
  • 書類が揃ってさえいればその場で現金買取
  • ローン中のバイクの買取可能
  • 中間マージンを徹底的にカット

バイクランド

バイクランドは株式会社アークコアが運営しています。基本的には買取を中心としていますが、東京の「環七鹿浜店」と「練馬店」では小売りを行っています。

バイクランドの特徴

  • 改造車、事故車、不動車、低年式車、原付等のようなバイクでも査定・買取をしている
  • その場で現金買取が可能
  • 廃車手続き・名義変更の手続きも無料で行っている
  • 買取に至らなくても見積もりは無料

買取が出来ないと査定されたバイク

車種や状態によっては買取に至らないケースもあります。例えば中古車価格の相場が低い車両は買取には難しくなることがあります。特に原付バイクのように中古での販売価格が低い車両です。状態が良い車両でも数万円単位するものが主流なので、仕入れ価格も低くなり、買取価格は値段がつかない場合も多いようです。

無料でバイクの回収

原付バイク

不用品として原付バイクの引取りを無料で回収してもらうことも可能です。条件を満たしていればナンバーの廃車代行まで全て行っているので、もし不動バイクや放置バイクを処理したいと思っているのなら、これは見逃すのは勿体ないです。

川崎・横浜を中心にバイクの無料回収を行っている会社があります。

海外リユースを目的として、不要となった原付バイクなど条件さえ合えば費用は無料で回収しています。スクラップとして捨てるのはもったいなくありませんか?乗らなくて不要となってしまった不動バイクも私たちに有効活用させてください。

不用品な原付バイクの処分回収ならコーモド
スポンサーリンク

前の記事

家財処分費の節約